妄想万歳

2016年09月18日 08:34

結婚して子供のいる自分は物語の主人公になれない、とかいうのを書いてる人がいた。そりゃあ、その人があげてるよーなアニメの物語じゃあ主人公はその子供たちなんだろうけれど、物語という括りでいうなら、どんな物語の主人公だって子供がいようが年寄りになろうが主人公でしょ。もっとも、タイトルだけにケンカ腰になってるってだけのわたしだから、その人の気持ちはわからないではない。

わたしだって、かつて自分が好んで読んでた物語の主人公にゃもうなれないって思ってるし。赤毛のアンとかポーの一族とか他、恋愛漫画・小説などといった類の物語たち。50代になっちまったおばちゃん、いやもうすでにおばあちゃんの域に突入した自分はそんな物語の主人公にはなれない、間違いなく。まあ、なりたいとも思わないけどね。

まだ少女の頃、そうだなあ、高校生くらいまでなら、物語のような生き方をしたいと強く思っていたものだけど、社会に出て、生きていくことの難しさ、自分の社会性の無さを痛感するようになっていくと、物語のような生き方なんてとんでもないと思うようになっていった。物語のような生き方をする人も現実にいるわけで、そういった人たちの波乱万丈な人生は、本当に大変なものなんだってわかるようになっていくんだわ。だとしたら、そういうのは現実ではまっぴら、けど、退屈な人生だけもつまんない、というそういうワガママな欲求を満たしてくれるのが、物語であると思うようになるわけで。つまり、物語のような主人公に疑似体験ができるのが、読んで楽しむ物語たちとなる。

妄想万歳。

結婚して子供がいる主人公の物語も巷にあふれてるよ。わたしが最近好んで読んでるハーレクインの物語はそういうのが多い。そういうので疑似体験して楽しむのもある意味物語の主人公になったようなもの。そんなふうに楽しく生きていくことが、今のわたしの生きがいかな。

生きてさえいれば

2016年08月16日 08:49

とある人の書いた記事を読んで、その「騒動」は見守ってたわけじゃないけど、似たような物語をゲクトで書いたこともあって、今見てるこの人の書いた記事(リンクはしない)を読んでたら、ああ、あの話でもあったよなあ、告白しちゃダメな相手に告白しようとしたキャラの話。まあ、わたしの書いたものは告白することはなかったけれど、結局は愛する相手のことを守るために命を落としたという話にしたわけで、ああいった愛する人を守るために命を落とすことって現実にもあるはず。

で、記事を読み進めてたら、今度は別の作品のことを思い出した。ちょうど今読み返しをしてるJETさんがアマンダ・ブラウニング原作で描いた「罠に落ちた秘書」という作品。たとえとしてはまったく重なるところはないけれど、この作品に出てくるキャラが愛していた人に冷たく拒絶されて生きていけないとなって自殺してしまうんだけど、そのせいで、自殺した男の親友が拒絶した女性に復讐をするという物語。というのは表向きのこと。真相は違っていて、これも冷たく拒絶した女性は、愛する人を守りたいがために拒絶したわけで、自殺さえしなければ、いずれは真相がわかって幸せになれるはずだったんだよね。つまり、自殺した人は心が弱すぎた。これが別の誰かであったなら、たとえば、自殺した人の親友の男であったなら、裏切られたことで絶望して自殺なんかせずに、裏切った女性に復讐するために生き続け、いずれ真相を知って和解するということもできたはず。だから、酷なことを言うと、一連の騒動で誰に非があるかとしたら、わたしは自殺した人に非があると思う。自殺したことで、自分も不幸にする上、さらに自殺した人の親族、友人も不幸にし、そして、愛していたはずの相手をも地獄に突き落とす。人は拒絶して誰かに顛末を話した相手に非があるというだろうけれど、それはあるけれど、彼だけじゃない、非があるのは。自殺してしまう人はたとえ相手が誰かに顛末を話さなかったとしても、いずれは自殺してしまったんじゃないかと思うよ。自殺しそうになった過去のある自分が言うんだから間違いない。だから、話してしまった人にも非はあるだろうけれど、自殺してしまった人のほうが一番非があると思う。

生きてさえいれば、いつか自分を受け入れてくれる誰かが現れるはず。もしかしたら現れないかもしれないけれど、生きていればそれでも可能性はゼロじゃない。だから本当は死ぬべきじゃないんだ。そうは言ってもこう言っているわたしであっても、死にたいという気持ちから逃れられない。今はまだ大丈夫だけど、一線を越えてしまう危うさはいつも抱えている。だから必死になって現実逃避としてのハーレクインのマンガがあるわけで、それらは今のわたしを確実に救ってくれてるんだよ。強くあるために。

ぐれあむぺんぎんはここで書いてます(笑)

2015年11月24日 11:09

とある人のブログ記事を見て思い出したことがある。昔、サイトで日記を書いていた時に、自分は器が大きくてよかったというようなことを書いた。それはつまり、自分はどんな創作物でも受け入れられるということ。その頃のわたしは同性愛物にはまっていた頃で、そんなふうにどんなものでもオーケーという表明が、そういったものに嫌悪感を持っている人を傷つけたことがあった。わたしは受け入れられない人のことを否定したつもりはないけれど、ただ、自分の書いたものをその人には読んでもらえないということに少なからず腹立たしくも思っていたこともあり、結果的には「創作する人がそんなことではいけないんじゃないか」と突きつけてしまったことで、わたしたちの友人関係は破綻した。今思うと、当時のわたしはほんと考えなしだったなあと思う。まあ、あの頃は、自分の書いた一般作品より、別名で書いていた同性愛物の創作物のほうがいいものを書いているという誇りがあったので、どうしてもその自信作を読んでもらえない、受け入れてもらえないことを理不尽に思ってしまったからしかたないことではあるんだけど。

だから、この記事を書くきっかけとなったとある人のブログ記事を読んでいて、その人も自分とは違う人のことを否定しているということを書いてはいないのだけれど、どうしてもその記事は、その人と違う考えの人のことを否定しているように思えてしまう。きっと、これが、当時のわたしの書いたものに対して「否定された」と友人が思ってしまった理由なんだろうなあ。そう思うと「書く」という行為は、どうしても誰かの逆鱗に触れてしまうことであり、どうしようもないことなんだなと思う。だから、どんなに「自分は自分と違う考えの人、違う嗜好の人を否定しているわけじゃない」と言ったとしても、書かれていることで「否定された」と相手が感じてしまったら、それはその人の読解力のせいだと非難することはできないよね。「否定された」と感じられない文章だって書く人もいるわけだから、結局は自分の文章能力の未熟さで、自分の思いが相手に伝わらなかったということなんだよ。

ああ、まさにわたしがそういう物書きとも言える。自分の言いたいこと、伝えたいことがどうしても相手に理解してもらえない。それで破綻した関係がいくつもあった過去をわたしは持っているから。本当はわたしなんてこんなふうに日記で自分の思いや考えを書くべきではないのかもしれない。書けば書くほど、わたしの思いは一人歩きをして悪い方へ向かってしまうのだから。でもまあ、今はもう誰かがわたしの書いた物で誤解をしたとしても、それを昔のようにわざわざ突きつけてくる人もいないから、好きに書いていけるというのもあるな。誰かは誤解してるかもしれないけど、それをわたしが知らない限りはその事実はわたしにとって事実ではなくなる。そう思うことで、わたしはこれからも好きに書いていける。そんなことを思ったこの場所も今年の夏で10周年。ここまで続くとは思ってなかったなあ。まあ、途中休止してた時もあったけど。それにしても「アレが落ちた日」を書いた時はまだ仕事についてなかったんだよね。でも、今の仕事についたのも2005年12月だったわけだから、今の仕事場も勤めて10年というわけだ。ほほー続いたなあ。そんなに続くとは思ってなかった、ここと同じで。(笑)

これからもこんなわたしですけど、なにとぞよろしくね。

自分のためだけに

2015年03月22日 08:09

『「ねぇ 少し読んでいってよ 私はブロガー」
楽しませたいんだ ただそれだけで いつだってキミの見せる笑顔の種を 僕はずっと探してる。
巡回中のmy heart 喜怒哀楽 守り続けたマイルールも一瞬で変えちゃう キミが大嫌いだ
なにげないキミのブコメで まだまだ頑張れちゃう程度に単純です
描く理想の僕と 少し違っていても キミがつけたスター 嬉しいから

特に書くこともないので最近お気に入りの曲に少しだけネット風アレンジして書いてみた。この気持ちすごく分かる。ブロガーは、好きな人の笑顔を見たいだけだったりするんですよ。』


↑はまなめっちの日記からの転載。たぶん半永久的に消えないわけじゃない、今までがそうだったから。ということで転載させてもらった。

好きな人の笑顔が見たいから、か。それはすべてのブロガーがというわけじゃない。それはきっとまなめっちもそう思ってることだろう。少なくともわたし自身は誰かの笑顔のために書いるわけじゃないから。何度も言うけど、わたしはわたしのために書いているから。それに、わたしは傷つけるために書いた過去もあったりするから、ほんとにわたしはろくでもないブロガーなんだろうな。

こんなこと書いてる場合じゃないんだけど

2014年10月25日 22:06

ほんとはね、本家ブログで連休のことを書こうと思ってたんだけど、いろいろとありまして今日は書く時間が取れませんでした…と言いつつこんなもん書いてる。ならば、こんなこと書かないでそっち書けよと自分でも思ったんだけど、まあ、連休の話題はわたしにとって大切な思い出であり、やっぱそれなりの覚悟(何言うてんだか)で書きたいわけよ。けど、こっちの話題はまあいわば脊髄反射。つーことで、なんか言い訳しつつえいっと書いちゃう。(笑)

とあるブログを読んでたら、「お前ら好きなエントリはちゃんとローカルに保存しておけよ!」とタイトルで叫んでた。ここまで書きゃリンクすりやいいんだけど、まあしない。記事に言及というよりは、書かれてることで、ああ、そうだよなあ。わたしもそう思うよ、けど、昔のわたしならいざしらず、今のわたしは他人の書いたものはローカル保存するほどの文章に出会えてないよなあ、と。ただ、過去に消えてしまって悔しい思いをした文章が、それが自分の書いたものであるということがいまだにトラウマとなってるよなあ、と。

これ何度も今までに書いてきたことなんだけど、2003年だったっけ、8月くらいから11月くらいまでの日記ログが完全に消失してしまったことが、今でもほんとーに残念でならなくて、どうにかして取り戻せたらなあ、今、もし選択シーがあったら、その時に戻してもらってログを何とか今の時間に持って帰れないものだろうかと考えてしまってるほど、それほど、あのログが消えてしまったことが悔しくて悔しくて。

今、子供の頃の日記からウェブで書き出す頃までの日記を編集している最中だけど、どうしてこの頃に日記書かなかったんだろう、とか、もっとそれについて詳しく書いときゃよかった、とか、そんなふうに思う頃のこともあったりして後悔したりすることもあるんだけど、それはまあ、実際には書かなかったわけだから悔しくても多少は納得はできるわけ。けど、ちゃんと詳しく書いたものがなくなってしまったというのはどうしても自分の中で納得ができないわけなんだよな。そういった執着はあんまりよろしくないとは思うんだけど、その消失したものが今でもけっうよく書けてたとわかってるものだったりすると、さらに余計に悔しくて悔しくて。それをもう一度読み返したいと切実に願ってしまうほどに。

わたしは自分の書いた物はウェブにもあげてるし、ローカルでも保存してるし、いろいろ保存はしてるわけだけど、それは昔もそうだった。ただ、その消失した時はほんとに運が悪くて、ローカルというかディスクに保存したあとにウェブ上のログを消したあと、ディスクがウィルスに感染してしまったために、どうしようもなく消えていくのを眺めているしかなかったという。ほんとに運が悪かったんだよなあ。今でもその頃の日記は読み返してみたいという気持ちはある。ちょうど、旦那さんがパン屋さんに勤めてた頃のことで、その頃書いてたものをむしょうに読み返したくなる時があるんだよね。あまりいい日々ではなかったその頃なんで、最初はいい思い出のない時期だから、神様が忘れてしまえと言ってんだとムリヤリ納得しようと思ったんだけどねえ。やっぱ無理だった。読み返したい、ほんとに。

わたし、ほんとに自分の書いた物が好き過ぎる。何度も何度も読み返してもまた読み返したくなる。

あの時の日記、ちゃんと存在してたのに…今はもうどこにも存在しない。

もちろん、この記事もこれ書いたあとに保存するよ、うん。(笑)

自殺は逃げか?

2012年12月08日 21:42

昨夜の夢は悪夢とまではいかなくても、あまりいい夢じゃなかったなあ。何かの組織みたいなものに狙われて逃げている夢だったんだけど、かくまってくれそうな場所の女主人みたいな人が死にそうな目に遭ったりして、まあ、なんかのサスペンスドラマみたいな夢を見てた。もしかしたら、ここ数日読み返しているJETさんの描く金田一耕助シリーズのせいだったのかもしれない。何となく夢の雰囲気がそんな感じだったから。

その中で「女怪」という作品があるのだけど、これ、けっこう好きな作品。男の暴力のせいで人生を狂わされていく美人女の話で、やっと愛しい男とやり直せるという掴みかけた幸せを前にして、最後にどんでん返しな秘密を知ってしまい、自ら死んでいく。金田一はこの女に思いを寄せていたのだけど、彼女の最期を知った後、心配する等々力警部にこう手紙に書いている。

「御心配なさらないでください。僕は決して自殺などしないから。もうしばらく放浪してから帰ります。──ではいずれその節」


金田一はこの作品でも他の作品でもほとんど救いたいと思う人を救えない事が多い探偵だ。そのたびに彼は苦悩し、自分の不甲斐なさのせいで殺されていった人たちに対して、きっと申し訳ない気持ちでいっぱいだったろうと思う。それこそ死んでしまいたいと思うほどに。それでも彼は「自殺はしない」と心に決めていたのだと思う。

自殺は逃げだと書いている人がいた。その人の「馬鹿野郎」という言葉に、痛々しいほどの辛さを感じた。考えるなとは言わない。私だってその誘惑に駆られた過去を持つから。けれど、私は死ななかったし、その人も自ら死ぬことはないだろう。ただ、そう思っていたとしても、状況によっては不幸にもそうなってしまうことがないとは言えないことはその人だってわかってるだろうし、私も死なないと言ってはいても、あまりにも長く続く痛みに晒された場合、負けてしまうかもしれない。それでも、そう思っていたとしても、やっぱりその人も私も「自殺は逃げだ」と言い続けるだろう。誰に対しても。自分自身に対しても。

脊髄反射と今後の方針について(追記あり)

2007年11月10日 22:31

書かれた記事ではなく、あるブログのコメント欄である人が書いていた言葉だけに反応。


はてダでとうとう触れてしまったはしごたんの関連している例の揉め事のことなんだけど。それについて、はしごたんの悲鳴に対しての相手の態度が不快だったというようなことが書かれてあったのだけど。このコメントをした人に対しては思うところはない。ただ、はしごたんと揉めた人っていうのは今回の人が初めてじゃないし、それは少なからず私と交流を持った人たちは覚えていること。私もはしごたんとはちょっとした揉め事あったしね。らだむんさんとかもあったでしょ。あと他にも何人か。


で、私の場合は、今回の相手側の人と似たような態度を取ったとも言えるわけで。つまりは、私がブクマで調子こいてセルクマしたことではしごたんは私を叩いてきたでしょ。それを受けて私はむかついたんでここのブログをやめてしまおうとしたわけ。けれど結局はまた復活した。一つ違うとしたら、私は自分に「絶対ブログは削除しない」と誓ってたものだから、今回の人のように完全に削除してしまうということはしなかった。だけど、はしごたんに攻撃されて、私の場合はそれに激昂して反射的に「やめてやるーむきー(`´メ)」となったということで、かなりみっともなかったとは思うし、確実に私から離れてしまった人はいたんじゃないかと推測してる。それはもうこんな私だからしょうがないなあと諦めてるんだけど。


実は本当にここは更新やめようかと思っている。書くことないしね。他にも似たような場所が複数あるから。はてダとか本家ブログとか。あと、ついったーも始めた。そうそう。過去の日記で語るブログもエッセイブログにリンクするとか、メールメもらった人には教えるとか言ってたけど、前言撤回。ちょっと思うところあって、今現在は私のついったーでリンクしてます。つーか、IDは本家と切り離したIDなんで、見つけたとしてもできればヲチだけにしてもらいたいなあ、なんてワガママを言ってみる。(W


それにしても、本当いうと、このノイズの今使ってるテンプレってすごくお気に入りなんだよね。他のブログでは雰囲気が合わないのでこのテンプレは使ってないんだけど、私にとっては一番読みやすいテンプレなんだ。とくに文字が。まあ、でもとりあえずはここは放置という形でいこうと思ってます。

[脊髄反射と今後の方針について(追記あり)]の続きを読む

なんかちょっと

2007年04月26日 22:24

むかついてるのかも。(W


だって、あれだけ友達がほしいだのなんだのプロフに書いてるくせに、ウェブ拍手に反応してくれないじゃん。まあ匿名での拍手だから反応しようがないんだろうけど。まあコメ欄見ても、なんだか敷居の高そうな感じだし、ブログの内容なんかも絡みようがない感じだしなあ。見てる分にはいいんだけど、私なんかではちょっと手に負えそうにない感じ。それにしてもミーハー丸出しでちょっと情けないんだけど、プロフの画像が私的には萌えなんだよねえ。それにしても、うちにトラバ飛ばしてきたのも、どうやら「面白いこと書いてる」ということで送ってきたらしいんだけど、そもそもトラバの意味がよくわかってないのかもしれないし。今年の1月に書いた私の記事に去年の11月に書いた自分の記事をトラバしてきたんだよ?検索して出てきた私の記事をざっと見ておもしろかったからということでトラバしてきたということらしいし。いや別にいいんだけどね。そういうので見つけたその人のブログ、興味あることも書いてはいたんで、とりあえず読破態勢に入ってはいるんだけどさ。たぶん、もう私のブログのことなんて忘れてるかもね。そっちは自分のブログに私んちの言及リンクしてないわけだし。どこにトラバ送ったのかも記憶にないかもしれない。わかんないけど。まああのブログもほとんど放置してるようなもんだから別にいいんだけど。でもなんかやっぱりむかっとしてる。何となくミニえっけんさんにでもなって「あんたねー、そんなトラバのしかたちょっとないんじゃないの?」と言いたくなったりして。まあ、読破したらあとは静かに見守るだけにしよっと。つーか、えっけんさんから「俺はそんなこと言わないうんこー!」とか言われそうだし。(W

言いたいことが言えない

2007年04月23日 08:33

ノイズの前身のぐれあむぺんぎんは本家では言えないことを書くために作ったブログだった。でもあそこもずっと続いてたとしたら、結局は言いたいことも言えなくなったんだろうなあと思った。某所だって、限定にしていても言いたいことが言えないわけで。それはもうリアル友がいるからってことではあるんだけど。


書き続けていれば読まれることは確かだと思う。ただ、多くの人に読まれるってことは書き続けていたとしても無理な人は無理だろうね。多くに読まれるためには何かか必要になるんだろうけれど、それはほしくて手に入るものじゃないし。で、私にはそういう才能はないと今までいろんな場所で書いてきて思い知った。というか、私はたくさんの人に読んでもらいたいと思ってるのか、少数だけでいいから密に接してほしいと思っているのか、そこらへんのきちんとした気持ちが確立していないんだもんなあ。だから、安定したものを書き続けることができない。


やっぱり誰かに絡んで語るっていうのはよくないのかも。けれどモチベーションが保てないし。とすればやっぱ書かないほうがいいかもしれないとか。だんだんワケがわからなくなってきたよなあ。つーか、話飛ぶけれど、最近、よくライコス時代のあの雰囲気がひどく懐かしいと思うことがある。戻りたいよなあって。あの頃に戻りたいなあって、気がつくとそんなことを思ってたりする。でも、これも、楽しさの絶頂のときにライコスが崩壊したからなのかもしれない。ずっと続くことが果たしていいことかどうか疑問だよなあ。だから、ずっと書き続けることもいいことかどうかはわからないけれど。でも、それだからこそ、ずっと変わらず書き続けることは大事なのかもしれないと思ってみたり。


ライコス時代から続いている繋がりもあるけれど、ライコス時代に親しくしてた人でもう二度と逢えなくなった人もいる。彼女たちは今頃どうしてるだろう。ずっと関係が続いてくと思ってた人もいた。自然と離れていってしまった人とか。また帰ってくるよと言って帰ってくる前にライコスが消滅してしまって、連絡の取りようのない人もいた。彼女には本家のサイトを教えてなかったから、それもあってあのハンドルではてなID取ったわけだけど、もう忘れてるかもしれないよね。彼女の書く世界が好きだったなあ。とある歌手と同じ名前だった彼女。今はどこでどうしているやら。懐かしいなあ。

ひっかかり

2007年04月07日 09:22

今朝のひっかかった言葉。


「観察対象に敬意を払わない人間は悪し様に罵る」


この言葉の矛盾に。