スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しい言葉をくれる人

2015年12月27日 00:15

貴方が見せてくれたソレで偶然にも見つけた彼の歌。囁くように呟かれた「その言葉」がまたしてもわたしを泣かせたよ。



どうして彼にはわかるのだろう。離れていたはずなのに、どうしてわたしの心の中がわかるのだろう。もちろん、本当に彼がわかったわけじゃない。それはただの幻想だ。それでも、彼は今一番わたしが欲しいと思う言葉をいつも提示してくれる。だから惹きつけられる。それが他のアーティストとの違い。本当に彼は特別な存在だ。

でもごめんね。まだこの歌は手に入れてなかったの。お金貯めてちゃんと手に入れるから。待っててね。(^_^;)
スポンサーサイト

おめでとうございますー

2015年07月04日 14:33

本日はガクトさん42回目の誕生日です。10歳違いが9日までは9歳違いになりますね。ふふふ♡←おいっ(笑)

熱は冷めてもそれでも

2014年07月06日 08:08

うーん…やっぱりガクトさんのブログはこれからは読めないのかな。まあ、もともとが読んでいいのかどうかあやふやな状態でのガクトブログのスタートだったから、いずれはこうなることは何となくわかってはいたことなんだけど…そうなると、今までリンクして引用とも言えない記事を書いてきた身としては、自分の記事がガクトさんがどういったことを書いて書いたことなのかの確認ができないことになるんで、困ったなー、文中で引用した文章があるのならまだしも、ただリンクしただけだと、いったい何を読んでこんなの書いたんだろうってなってしまって…ゆーさんの記事は魚拓とったわけだけど、その時も魚拓取ってればよかったなーと後悔先に立たず状態。コニコニのほーのはわたしは読めないわけだしねえ。できればまた読めるようになってほしいと思ってます。お願い、ガクトさん。と、ここで呟いてみてもどうしようもないんだけど…ついったーで「おめでとー」呟いても何の反応もなしだしなあ。まあ、反応なんて期待してはないんだけど。ついったーももうやってないみたいだしね。なんかちょっと淋しい。うん。

おめでとうございます

2014年07月04日 11:01

今日はお誕生日ですよねえ。

まだサイトリニューアル中みたいなんで、ブログがどうなるのかわかりませんけど、それでも以前のように誰でもが読めるようにしてほしいよなあ。まあ、最近のブログは全部ではなく、ここからは有料でっていう感じにはなってたけど、一部は読めたわけだし。
もっとも、書かれていることで何か書きたいとなることもあったけど、なかなか時間が取れなくて書くのを断念した時もあったから、いっそのこともう読めないほうがいいのかもしれない、なんて思ってみたり。
今回の例の報道についても、ちょっと書きたいことあるんだけど、短時間では書けないということもあり、なかなか書き出せてない。まあ、引用というか、ゆーさんのブログに書かれていることをもとにして書くってことになるんだけど、これも、前のようにいつまでも読めるブログじゃなくて、期間限定になってしまってるから、引用しようにも元の記事が読めなくなってしまったら困るなーということで、いちおー魚拓は取っておいた。
だってさ、とりあえずは期間限定でも、誰でもが読めるものを一定期間公開してた記事なわけだし、引用して書いてもいいと思うんだ。ただ、内容を捻じ曲げて引用されたと言われたくないから、いちお魚拓取っておくってことなんだけどね。

なんか、めでたい日にあんまりめでたくなさそうなもの書いてしまいました。ごめんなさい。
てか、できたら、サイトブログも更新したいんだけどなあ。あっちは創作関連のことで。
今夜も書ける時間は取れそうにないけど、それでも書けたらいいなあって思う。
そろそろ出勤準備に入ります。
ではでは。

あいたたた…

2014年04月23日 23:14

「GACKTが惚れる、最高の女性は●●●!」に書かれていることを読んで、思わず「あいたたた」となった。(笑)

『親へのメッセージも多く込められていて…ボクが演じる志岐貴は伝えるのが下手で、実は彼自身もすごく子供。でも徐々に周りとコミュニケーションを取っていって上手になっていく姿は志岐貴自身も成長していることを表している。
親子関係にも言えることで親が子供に対して、ちゃんと子供の視線にあわせて心の距離を近づけることで、親自身も「大人」として時間をかけて成長できる。そんなメッセージが伝わればいいなと思います。』


なんかもうね、あまりにもわたしにとってタイムリーなコメントで…やっぱこの人はすごいやと思った。まだ記事は途中までしか読んでない。とにかく今ほんとに時間なくなってきてるから。そのうち何とか時間作って記事を読んでなんか書きたい。

ガクトさん、やっぱりあなたは魂の友だよ。(と、勝手に思ってるわたしですwww)
ありがとう。そして、今度こそ、おやすみなさい。(#^.^#)

察してくださいまし

2014年02月12日 22:35

……うーん、今いろいろ書いてたけど削除した。察して。ただ、なんか悔しいんで、なんか書いたってことだけ残しとく。くそー。

あなたの出てくる夢を見ながら

2014年02月08日 21:53

ねえ、ガクトさん。

どちらかというと、Love Letterをもらう側ではなくて、あなた側の心境でその歌詞を見てしまった。
今のわたしは、あなたに依存することはなくて、いい意味でのあなたからの卒業をしているから。
わたしはすでにこれからどう最期を迎えようかと思っているわけで、だからどうしてもその歌詞は、わたしの心境を綴っているようにしか見えない。

『明日を迎えるアナタへ
今もまだ私が苦しめてませんか?
立ち止まってませんか?

優しいアナタの不器用な嘘が
ずっと心の支えでした
もっとアナタと一緒にいたかった

悲しくて今が見えなくても
アナタはもう振り向かないで
大好きなアナタだけはどうか
笑ってくれますか?』


とか、

『今を生きるアナタへ
アナタとの出逢いは私のすべて
ただ幸せすぎて・・・

でも私はアナタの刻んでゆく人生の
欠片でしかないのです』


とか…わたしがかつて別れた人達に投げかけたい言葉そのもの。けれど、決してその人たちには届かない言葉。たとえ物理的に届いたとしても、決してもう友としては聞き入れてはもらえない言葉。

それは自業自得。
わたしがいかに愚かだったかの証。
どんなにわたしが心から懺悔したとしても決して信じてはもらえない。

『もう一度また生まれ変わって
アナタのこと見かけたトキは
大切なアナタの傍で笑う素敵な人
いますように』


その素敵な人が自分ではないという表現の仕方はどうしてかな、と思った。
普通、そこは自分であってほしいとなるんじゃないかと思ったんだけど、それがガクトさんなりの思いやりなのかな、と。
でもまあ、わたしもそれと同じ気持ちだったから。
もし、わたしが想像したことがガクトさんと同じなら、と、思ったよ。だったらいいなって。



それにしても…もう直に(といっても手紙とかだけど)気持ちを伝える元気がないな。
こんなとこに書いたって、あなたが読んでくれるとも思えないから。
昔は、もしかしたら読んでくれてるのかなと幻想を持ったこともあるけど、今はそれほど本人に届かなくてもいいかーと思うようになったから。
期待すれば欲求が増す。
欲求が出れば醜い何かが溢れだす。
そういうものから解放されたいと今は思うから。

だからもう何も期待しない。
平穏に最期を迎えたいから。
ガクトさん、あなたの優しい夢だけ見られたらそれでいいから。
あなたの出てくる夢を見ながら死んでいきたい。
そして、その夢がずっと現実のものと思いながら死の中を生き続けたいから。


……もっともこれって認知症になる最短距離でもあるから、そうなる前にとっとと死にたいんだけどね!(苦笑)

体温上げようよ

2013年11月29日 22:51

平熱が35度を切るって…それは良くないと思うんだけどな。うちの旦那さんも以前は平熱が35度くらいで、やっぱり、よく体調を崩してた。体温が高い方が免疫力はあるっていうからなあ。体温が低い人は病気になりやすいわけだ。だから、健康になりたければ体温を上げるようにしたほうがいいんじゃないかと。うちの旦那さんも体温上がったおかげで、だいぶ健康になったと思うし。それにしても、普通に生活してればきっと健康でいられるんだろうけど、彼の性格ではそれも無理か。自分を極限まで追いつめるタイプだもんなあ。こっちは心配でしかたないんだけど、まあ、彼にしては「ほっといてくれ」なんだろうけどね。余計なお世話って。でもなあ、彼を大切に思う人ならば、やっぱ心配しちゃうと思うんだけどな。自分の信念貫くのもいいけど、心配してる人のことも考えてほしいんだけどなあ。なーんてこと思っちゃいました。

それにしても、点滴受けてる時の天井の写真、なんかちょっと既視感が。去年だったか一昨年だったかにわたしもあんなふうに天井を見つめてた。急激な熱のせいでパニック起こして運ばれて、点滴受けたんだよねえ。ああ、そういや、仕事場の同僚が、風邪で休んでたんだけど、この間脱水症状で病院に運び込まれて今日退院したそうな。やっぱ高熱が出たんだろうな、脱水症状ってことは。

ガクトさんももう少し自分の身体を労わってほしい、です。

ほー

2013年10月05日 17:23

ガクトさんのファンクラブの名称が変わるらしいねえ。何も聞かされてなければ、なんでわざわざ名前変える必要があるんだろうって思うんだけど、ちゃんとガクトさん、ブログで理由書いてた。なるほど。まあ、わたしの正直な感想としては、それでも名前変える必要ないようにも思うんだけど、これはあれだよね、ガクトさんの気持ちの問題でもあるんだろうね。こだわりというかなんというか、そういうの。それはそれで気持ちはわかるから、いいんじゃないかと思う。それにしても、ほんと、アーティストというか芸能人って大変だー。

時間がないので

2013年07月10日 21:57

今日はそれでも何とかmixi日記書いたんで、さすがに他を書く時間が取れない。ただ、さっきガクトさんのブログを見て、昨日の日付で更新されてて、ただの偶然だとしてもちょっと嬉しかったんで、その気持ちだけここに書いておこうと思った。何度も言うけど、時間ないので内容はざざっと見ただけ。それについては今日は書かない、てか書けない。ああー時間がー。(苦笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。