スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「目を閉じておいでよ」

2005年12月31日 11:05

覚えてたんだ。私の好きな歌。なんかやられたって感じ。
スポンサーサイト

「頑張ってね」

2005年12月31日 11:00

今の私なら誰に何度でも言われたい。その言葉を。

なるほど

2005年12月30日 09:50

うん、それも一理ある。
他人にとっての「怒るところ」ではないけれど彼女にとっての「怒るところ」ってことは、言われてみればそうだな。


そっか、彼女は今過渡期なんだ。


私は今それを抜けたと思うので、だいぶコントロールできるようになったと自覚しているけれど。
以前のようには爆発して怒りを撒き散らすってことはなくなったように思うから。
確かに「なんだとごらぁ」みたいに脊髄反射で書くこともあるけれど、昔に比べたらそんなにひどい書き方はしてないと思うしね。
毒舌ではなく、ただのつぶやきと化しているわけだし。それに、嫌味もだいぶなくなったと思うし。


今の私は昔のように異常に友人をゲットしようという行動がおさまってきたみたいだし。
昔はね、こんな私を受け入れてくれる人を求めて求めて求めすぎていたんだと思う。
それはまあ、幼い頃にことごとく好きな人(男女に関わらず)に拒絶され続けた経験があるからなんだと思うけど。
私のどこがダメなのか、あるがままの私ではダメなのか、と、そんな思いからネットでの友達作りに執着してたのだと思う。
けれど、今は受け入れない人はどうでもいいや、受け入れてくれる人が一人いればそれだけで安定して書き続けられると自信がついた。まあ、時々、たくさんの人が集う人気者さんに軽い嫉妬心を感じたりするけれど、それはもう感情のある人間だから仕方ないよねえ。もっとも、激しく嫉妬して凶暴になるってことはなくなったけれど。

うあうあうあ

2005年12月29日 20:42

反応してしまった。おとなしくしてるんじゃなかったんかノイズちん。


つっこまれたくない人の中には好意的なつっこみさえもイヤだという人もいるよん。そんな人、今までに何人も見てきたし。


私はたいてい相手に直接つっこみいれる場合、がんばって、とか、ありがとう、とか、感謝の気持ちで「書いてくれてありがとう」とつっこむわけだけど(厳密にいうとつっこみとは言わないだろうけどね)、必ずいわれたもん、反応しないでって。


私は心配して声かけてるわけだけど、それさえもわずらわしいということなんだよね。
まあ、たまに私もそんな気持ちになることもあるんで、そういう人の気持ちもわからないではないけれど。

とすれば

2005年12月27日 22:18

私はかなり恵まれたぶろぎすとってわけね。(やっぱぶろがーってことば好きくないし)ひっそりと書かせてもらってるってことで。
まあ、攻撃目的じゃないもんねえ。
不快感ってものは誰でもが持つもので、私の不快感とか、それってどうよ的な吐き捨てを、積極的に紹介するではなく、そっと見守っててくれてるって感じで。
てか、それは私がそう感じてるだけで、昔相方が言うてたように「相手にされてないんだよ」ってことかもしれないし。まあ、いいけど。それでも。けど、ここでは基本的に好みの人のことしか書かないわけだから、やっぱ相手にされてないかもしれないとしたら悲しいけどねえ。まあ、思い込み大王ノイズちゃんだから、勝手にあたたかーく見守っててくれてると思い込むことにするっちゃ。(笑)

しょーしかもんだい

2005年12月27日 19:41

あ、相方と似たようなこと言うてるし。てか、相方なんてもっと差別的なこと言うてたよ。
子供産まなければ罰金とか。そういうの、産めない身体の人はしかたないじゃん、特別に免除したらって言うたら「特例はなし」だって。
産めない身体だとしても、それで特別に免除したとしたら、産みたくないのに産まないといけない人にとって納得はできないだろうってことかな。
自分の意志で産まないのも身体の事情で産めなくても全てを同じという見方をする、それが真の平等ってことになるのかなあって思ってみたり。
それから、たくさん子供を産んだ人はたくさん手当てをあげるっていうのもいいかもね。

あーあ

2005年12月26日 21:05

この人、気づいてないんだ。
さいじんのぎゃくたんちが増えたって単純に喜んでるけど。
違うのに。ぎゃくたんちふかも見れるようになっただけなのにさ。
だから、私が登録してたってのバレちゃったじゃないか。ったくも~。

ははあ…

2005年12月26日 20:52

なるほどなあ。やっぱり私の場合も傍観してれば楽しめたのに~ってやつだったのかな。で、手出ししたせいで、今は痛いもの書かなくなったってことで。だから誰もヲチなんてしないようになったのかもしれないな。

で?

2005年12月24日 09:37

2005.12.24 Saturday


反応することがいいことかわからないけれど。
コメントに書かれている一言を見て思った。


「で? キミは何を言ってもらいたいの?」と。


何が言いたいのか、わかるものを書けということなのだろうか?
何が言いたいのかわからないという気持ちは、確かに私も様々な日記を読んできて思ったこともあるけれど、それをわざわざ相手に伝えようとは思わない。


私だって、何が言いたいのかわからないような物書いてたりするからね。


でも、たった一人でも「ははん」とわかる人はいないわけじゃないのだから、一見何が言いたいのかわからない日記でも、誰かにとっては何が言いたいのかわかるものなんだよ。
それをわからない奴が、思わず相手に「何が言いたいの?」と聞くんだろうな。
[で?]の続きを読む

ええっ?

2005年12月23日 09:30

ちょっと待ってくれよー。
それやばいよー。
なんで不可にしてるのまでわかるようになっちゃったんだよー。
あああ、やばいやばいよっ!
しずかーにヲチしてるのまで(いやしずかじゃねーか)相手にわかってしまったら……てか、すでにバレちゃったじゃねーか。
あああああ、なんてことしてくれたんだっ!。・゚・(ノД`)・゚・。
[ええっ?]の続きを読む

お、おもしれー

2005年12月23日 08:12

やっぱいるんだねえ。書いてる人に惚れるっつの。(わたしゃやっぱぶろがーという言葉は好きくねーし)


でもネタでしょ、これって。(爆)
でもおもしろいから私もすとかしよっと。
あー楽しい。
これなら仕事もがんばれそうだし。
でも週末うらないさいてーだったけど。_| ̄|○

本当の

2005年12月22日 20:34

根性が悪いのはそんなじゃないよ。


一見優等生。
先生にも覚えがよく、いい子にしか見えない。
しかも正義感に溢れて、騒いでいるクラスメイトを「しずかにしてくださーい」と黙らせる。
とても子供とは思えない言動。


意地悪をするのは子供ならあたりまえ。
そうじゃない子供が危ないんだよね。
ストレスたまりまくりだと思うし。
実際、私はそのストレスが身体の変調として現れた。
すぐお腹を壊す子供だったのだけど、あれはストレスからくるものだったと今ならわかる。
まあ、おかげさんで虚弱体質と思われて、薄幸の何とやらとか思われてたこともあったみたいだし。(笑)


けれど、裏ではこっそりと苛めをしてたりする。だけど、学校で他の子がやってる苛めはよくないという正義感も持っていたりして、その矛盾して鬱屈した自分の心理が後の私を苦しめたものだったけど。


私だよ、私こそが本当の根性悪、というか、しょうからにょばだった。つーか、「しょうからにょば」意味わかる人いるんかな?(爆)

心理学

2005年12月22日 20:10

初めて書いた履歴書の得意科目に、私は「心理学」と書いたことがある。


それは卒業したばかりの短大で、一番試験の点数が良かったのが心理学だったから。
今でも得意かどうかは疑問ではあるけど。つーか、他人の気持ちなんかわかってないと言われるくらいだから、他人の心理がわかるなんてことはないんだろうけど、それでも、それは気のせいだと言われても、私は相手の気持ちが手にとるようにわかってしまうときがあるんだよね。


おかげさんで「なんでわかるの?」なんて言われる場合も少ないながらないわけでもない。


(4-5-28)

書き込み

2005年12月22日 19:38

私の書く文章も「?」となるのだろうか?
不快感を感じることもあるのだろうか?


興味もない人からそう思われたとしても、今ならどーでもいいやって思うけれど、すとかしてる人に思われたとしたら、さすがの私も凹むだろうなあ。


私は固い文章より砕けた文章、どちらかというとふざけた感じの文章を書くのが好きだし得意なんだよね。
もちろん、一見頭の良さそうな雰囲気の文章だって書けないこともないけれど、よくわかった人には「こいつ頭わりーし」と思われてるんだろうなあなんて思う。実際、相方には言われてるし。(--;


でも、私は本当は他人の場所に書き込みするのが大好きなんだよね。
自分の場所に書くよりも実は大好き。
けれど、昔みたいになかなか書き込めないのが、ちょっと寂しい。
だって、みんな厳しいんだもの。
私みたいにマナー違反バリバリな人にはちょっと、ね。敷居高いよなあって。


(4-5-18)

それは言いすぎかと

2005年12月22日 12:13

「あったかい家庭ってあるわけねぇだろ」って…「ないわけもないだろう?」と私なら言いたいが。


いろいろ言われるだろうなあとは思ったけどね。
ガマンがどうかとかって。
別に彼女が好きだから弁護するつもりじゃないけど、好きになったら結婚するのは悪いことじゃないし、あったかい家庭作りたいと思うのも悪くないし、好きじゃなくなったから別れるってわけでもないでしょ。


どっちも悪くないよなあと、私は思ったけどな。

ややっ

2005年12月21日 23:24

マジで全記事にコメントつけてるし。(笑)

あいってわからないや

2005年12月21日 13:51

私はいちおふじょしであると宣言もしてるし、そういうのに理解はあるつもり。
けれど、完全には理解できていない。
とはいえ、同性愛だろうが異性愛であろうが、私には「愛する」という気持ちがどういうものか理解ができないというのが本音かな。


私は相手が男だから好きになるとか、女であるから好きになるとか、そういう性別で相手を好きになるという感覚で誰かを好きになるわけじゃないみたいだから。
相手が男だろうが女だろうが、好きだと思ったら手を繋ぎたいし寄り添いたいと思ってしまうから。もしキスが好きだったら女であってもすると思うしね。ただ、私はキスは好きじゃないからしないけれど。
キスは好きじゃないれど、気持ちいいことするのは好きだから、相手が許してくれるなら、女とエッチすることもできないことじゃないと私は思ってる。もっとも、そんなこと許してくれそうな人なんてどこにもいないと思うけど。同性が好きな女が私の好みである確率はほとんどないと思うし。
つーか、私ってやつは、私になびかない人ばかり好きになる傾向あるからなあ。男にしても女にしてもね。


たぶん、性別ではなく、私は相手を人間として見てるんだよな。
だから、言われたことがある。
私に好きだと言われても、男女の好きではない、それは友達に対して言う好きっていうやつだって。
でも、それのどこがいけないの?
私は興味持てない人には友達だなんて言わないし思いもしないし。
友達以外には徹底して冷たくなるよ?


男でも女でも好きという気持ちは同じ。
イコール愛していると同義なんだけどな。


けれど、ずっとずっと思ってきたこと。
愛って何だろう?
愛するってどういう気持ちを言うんだろう?
私が言ってきた「愛してる」という言葉は本物なのだろうか?
私の愛は誰かを幸せにしてる?


愛、本当によくわからない感情だ。
だから興味がつきない。

すとか

2005年12月21日 10:12

ぶろぐすとかねー?
前からいるじゃん、ねっとすとかって。
私もその一人かも。(W

混沌さ

2005年12月21日 10:03

不快になる「そのもの」を書かないことで、不特定多数の誰かは「なんだろう」と不安を感じるわけだ。

嫌われる覚悟があれば書けばいい。
けれど、「そのもの」を書かないことも嫌われるものなんだよ。
「これ」が嫌って言えばいいのに。
なぜ書かないの?

誰かに好かれるために媚びはもう売らないと誓った私だから、その人の不快がもし私の書いてるものの中にあったとしても、そしてそれを知ったとしても、私はこれからも使い続けるだろう。


嫌われても罵られても「それがどうした」と開き直って生きていきたいから。


どんなものでも飲み込み認めるウェブの混沌さを愛してる私だから。
だから、その人の書いたその日記も認めるよ。
認めるけれど、そこまで書くならビシッと「○○がイヤ!」と書いてほしかったなあ。
もちろん、それが私も使ってるものだったら、ビシッと言い訳書くけどね。(爆)

h抜きでお願いしますよ

2005年12月21日 00:21

アク解に見たことないリンク先があった。
飛んでみたらパスワード制のブログだったし。(--;


なんかちょっとだけ不安感じた。


それなら、h抜きでリンクはってくれればいいのにって思ったよ。
それで悪口書いてもらってもべつにかまわないのに。
ああやってアク解にURL残すくらいならね、読めるようにしてくれてもかまわないのにさ。
パスワード制ブログとかみくしぃの場合は、h抜きでやってくれればいいのになあって思う。
飛んで読めないっていうの、何が書かれているかやっぱ不安に思うもの。

わくわく

2005年12月20日 22:39

贈れてるかな。私も見てくれてる人たちに「わくわく」を。
や、「どきどき」かもしれないけれど。(笑)

いや

2005年12月20日 09:46

2005年12月19日


噛み付いてるとは思わなかったし。(笑)


確かにブログについて書かれているものって、私もやっぱ関心あって読むけど、それだけじゃなく、「ウダウダ」した日記も好きだしね。私自身が「うだうだ」した人間だから。

またか

2005年12月19日 12:04

気になるブログタイトルをクリックすると、やっぱり精神疾患抱えた人だった。

しんくろ

2005年12月19日 10:37

そういう日記を書くから、だよ。


だからキミは傷付けられる。
だからキミは依存される。
だからキミは攻撃的になる。


私もそうだった。
私もそんなふうに日記を書いていた。
だから依存されたし、私も相手に依存したし、傷付けられたし、傷付けたし、攻撃されたし、攻撃したし。


キミが「書けばいいのに」と言う。
それは私も過去に声高に言ったことだ。
そして、言えない誰かは傷ついた。
それを私にぶつけてきた。
「書けるあなただから言えることなんだ」と。
でも、確かに私も言うしかない。キミのように。


「書けばいい」と。


私は書いてるよ。
もうたがが外れたように書きつづけてるよ。
キミが読んでなくても書いてるよ。
もっとも、最初から読んでないわけじゃなく、あのトラバは読んでくれたはずだし。
けれど、それ以降は私の日記など読んでないと思うけれどね。

うあ…

2005年12月19日 08:59

このひと、私の日記読んでる?(爆)


息子もこんな大人になる可能性大だよなあ。なんてったって母親がこんなだから。(--;


それでも私たちは生きていかなきゃならないんだ。
働けるスキルがなくても。
ま、あれだ。
そうやってまともに働けない者が犯罪に走ったり、生きることに絶望して自殺したり、粛々と脱落者は粛清されていくってことですかねえ?
生きていくスキルがなければ生きる価値はないわけで。それが自然なんじゃないかなあなんて思ったり。


不謹慎ではあるけれどね。


でもま、私もスキルがあるかないかよくわからんし。
ともすれば無気力になりそうになるし。
それと必死に戦う毎日ではあるわけだけど。
ほんっと生きるってしんどい。
夢でも見なくちゃやってけないよ。

あの人だったなら

2005年12月18日 23:04

私があの人だったなら、声を届けてあげるのに。
でも、私はあの人じゃない。
彼女の求めるあの人じゃない。


それがとても悲しい。
とてもとても悲しい。

初めてだ

2005年12月18日 10:32

2005-12-17


初めて面白いと思った。(笑)
てか、ありがとうをなんか言いたいな、なんて思ったり。
まあ、私に対して書いてくれたもんじゃないとは思うけど。
でも、あまりにタイムリーで、さ。(^^;

「な」だよ「な」

2005年12月16日 11:38

「の」じゃないもーん。ノイズちゃんちはね。(笑)
「~なツブヤキ」(爆)

ほほほ

2005年12月16日 11:14

なるほどねー友人まで、ね。(笑)
でもさー、たとえば読まれたくない人に読まれないようにと会員制の場所で書いたとしてもね、何人かいる友人が、その読まれたくない人と知り合いだったっつーことは考えないのかな、なんて思ってみたり。


ま、私も人のことは言えんか。
まいみく限定の内容をチラリと書いてしまって叱られたわけだし。(笑)
だから、私に書かれたくない人は私には近づくなってことなんだよ。
私はそういう困ったちゃんなところがある。
たぶん、書いちゃいけないんだろうなあとわかっていても、それでも書いてしまうんだろうな。


それが私って人間なんだ。

2005年12月16日 11:05

そんなに簡単に春なんかくるもんか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。