スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なるほど

2005年12月30日 09:50

うん、それも一理ある。
他人にとっての「怒るところ」ではないけれど彼女にとっての「怒るところ」ってことは、言われてみればそうだな。


そっか、彼女は今過渡期なんだ。


私は今それを抜けたと思うので、だいぶコントロールできるようになったと自覚しているけれど。
以前のようには爆発して怒りを撒き散らすってことはなくなったように思うから。
確かに「なんだとごらぁ」みたいに脊髄反射で書くこともあるけれど、昔に比べたらそんなにひどい書き方はしてないと思うしね。
毒舌ではなく、ただのつぶやきと化しているわけだし。それに、嫌味もだいぶなくなったと思うし。


今の私は昔のように異常に友人をゲットしようという行動がおさまってきたみたいだし。
昔はね、こんな私を受け入れてくれる人を求めて求めて求めすぎていたんだと思う。
それはまあ、幼い頃にことごとく好きな人(男女に関わらず)に拒絶され続けた経験があるからなんだと思うけど。
私のどこがダメなのか、あるがままの私ではダメなのか、と、そんな思いからネットでの友達作りに執着してたのだと思う。
けれど、今は受け入れない人はどうでもいいや、受け入れてくれる人が一人いればそれだけで安定して書き続けられると自信がついた。まあ、時々、たくさんの人が集う人気者さんに軽い嫉妬心を感じたりするけれど、それはもう感情のある人間だから仕方ないよねえ。もっとも、激しく嫉妬して凶暴になるってことはなくなったけれど。
スポンサーサイト

混沌さ

2005年12月21日 10:03

不快になる「そのもの」を書かないことで、不特定多数の誰かは「なんだろう」と不安を感じるわけだ。

嫌われる覚悟があれば書けばいい。
けれど、「そのもの」を書かないことも嫌われるものなんだよ。
「これ」が嫌って言えばいいのに。
なぜ書かないの?

誰かに好かれるために媚びはもう売らないと誓った私だから、その人の不快がもし私の書いてるものの中にあったとしても、そしてそれを知ったとしても、私はこれからも使い続けるだろう。


嫌われても罵られても「それがどうした」と開き直って生きていきたいから。


どんなものでも飲み込み認めるウェブの混沌さを愛してる私だから。
だから、その人の書いたその日記も認めるよ。
認めるけれど、そこまで書くならビシッと「○○がイヤ!」と書いてほしかったなあ。
もちろん、それが私も使ってるものだったら、ビシッと言い訳書くけどね。(爆)

h抜きでお願いしますよ

2005年12月21日 00:21

アク解に見たことないリンク先があった。
飛んでみたらパスワード制のブログだったし。(--;


なんかちょっとだけ不安感じた。


それなら、h抜きでリンクはってくれればいいのにって思ったよ。
それで悪口書いてもらってもべつにかまわないのに。
ああやってアク解にURL残すくらいならね、読めるようにしてくれてもかまわないのにさ。
パスワード制ブログとかみくしぃの場合は、h抜きでやってくれればいいのになあって思う。
飛んで読めないっていうの、何が書かれているかやっぱ不安に思うもの。

いや

2005年12月20日 09:46

2005年12月19日


噛み付いてるとは思わなかったし。(笑)


確かにブログについて書かれているものって、私もやっぱ関心あって読むけど、それだけじゃなく、「ウダウダ」した日記も好きだしね。私自身が「うだうだ」した人間だから。

ほほほ

2005年12月16日 11:14

なるほどねー友人まで、ね。(笑)
でもさー、たとえば読まれたくない人に読まれないようにと会員制の場所で書いたとしてもね、何人かいる友人が、その読まれたくない人と知り合いだったっつーことは考えないのかな、なんて思ってみたり。


ま、私も人のことは言えんか。
まいみく限定の内容をチラリと書いてしまって叱られたわけだし。(笑)
だから、私に書かれたくない人は私には近づくなってことなんだよ。
私はそういう困ったちゃんなところがある。
たぶん、書いちゃいけないんだろうなあとわかっていても、それでも書いてしまうんだろうな。


それが私って人間なんだ。

だーかーらーー

2005年12月14日 20:30

夢は叶えるものじゃなくってー見るものなんだーって思えばいいんだよ。
そうすれば、その映画で絶望することもないのに。
叶えられないものは叶えられないんだから。
最初から夢は見るものだって思ってればいい。もし叶ったとしても、やりぃ、もうけもんって思えばいいんだから、さ。
相方もね、某女優さんのあのCM「夢は見るものじゃない、叶えるものだ」を見るたびに「夢は見るもので叶えるものじゃない」ってブツブツ言うてるよ?

もし私が

2005年12月14日 19:24

サイトのビビエスで、自分語りをしてもいいですよ、どんどんしてくださいよーと書いたとしたら、どこかで誰かは傷付くだろうか?


とゆーよーなことを彼女の日記を読んで思った。



たいていの人は、自分のビビエスにそれほど見知った人じゃない人がいきなり日記のような書き込みをしたら不快に思うだろう。それが普通なんだろう。


けど、私は違う。


私が嫌なのは、私が使っている素材の褒め言葉であって、それ以外のことならたいていのことは不快には思わない。まあ、例外もあることはあるけどね。一度、とある言葉で過剰反応してしまったことがあるんだけど…過去のビビエスのログから探せば出てくると思うけど…見つけてきた。(笑)
私があるゲームが好きでってことをプロフに書いてたんだけど、他の人のサイトで知り合ったその人が初めて私のところに書き込みにきたときに「本当に○○おもしろかったですか?」と書いてきたんだよね。で、なぜかカチンときた。(^^;
相手はそんなつもりじゃなかったんだろうけど、「本当におもしろかった?だって?それって何ですか、おもしろいとは思わないってことですか??」とむかっときたわけで。(^^;
今思うと、なんでそんなふうにマイナスな気持ちになったんだろうなあと思うけど。
けど、そんな感じで自分だけにしかわからないむかつく言葉っていうのもあるしなあ、と。
けれど、どんな言葉でそうなるかはそのときになってみないとわからないから、これはダメとかあれはダメなんて言えないし、ね。


だから、私は何でもいいよ、とは言ってるけれど。


私が何でもかんでも「いいよいいよ」というそういう姿勢をとるということでも、それができない人からにすれば、きっと「私はダメなヤツなんだ」と傷付くこともあるだろう。そんなこと前にもけっこうあったし。
「ダメですか? 私はただ書くことが好きだけでプロになんてなるつもりはないんですけど。それじゃダメですか?」と言われたことがあるし。
あれは、私がブロを目指していると公言して、そのためにはあーだこーだしなくちゃダメだとか、そうじゃないと小説書いてる意味はないだのとか、そんなようなことを日記に書いたときに寄せられたコメントだったと思うけど。


ちょっと待った、あんたちゃんと読んだ?
私は、私に対して意味がないって書いたんだよ?
誰が、ブロになるつもりはない、ただ書いてるだけって人にまで押し付けたんだ?


とまあ、そういうことをもっと柔らかい文章で書いたんだけどね。


強気でいろいろ発言をしていると、それと違う自分を卑下してしまう人はいくらでもいる。かくゆう私だってそういう傾向はあるから、そんな人たちの気持ちもわからないではない。
けれど、やっぱり私はたとえ自分にはできなさそうなことでも、無理っぽそうなことでも、これはやりたい、あれはやりたくない、と強い意志を文章で示したいと思う。


相変わらず話ズレまくりだけど。(^^;


まあね、彼女に限らず、別に誰が思っててもいいんだ。他人のビビエスに日記みたいな書き込みする人は嫌われるとか、そういうことはしないでというのもね。で、自分の日記で「そういうことはされたくない」と言うのもOK。言わなきゃわからない人もいることだし。私みたいに。(爆)
私もよく爆裂してしまって、人さまのビビエスで空気読めない書き込みしたりするから、さ。
だから、コメントって難しいやって思う。自分ちでブツブツ呟いてるほーがよっぽどいいわー。

にぶちん

2005年12月14日 09:19

2005年12月14日


私はやめないよ、たぶんね。


リアルが忙しくなったから、前みたいにドップリじゃなくなったけれど、こうやって少ない時間を縫ってアクセスしてるし。
まあ、配慮などを考えつつなんて書いてらんないから、突っ込みどころ満載なものになりそうな予感はしてるけど。けど、昔みたいな突込みは来ないかもなあと思われ。


思うに、行儀のいい人たちは続けられないのかなあって。


問題発言するような人がネットを続けられないと思っていたけれど、もしかしたらそうでもないかもって。
人の目を気にしすぎて肝要なことを書かないことは確かにつまらない。書いてるほうも読んでるほうも、ね。
だから、書けばいいと思うし、行儀のいい読者になんか言われたら、たとえば「責任持て」とか、私も言われたけれど、そういうの無視するええかげんな気持ちがあれば生き残れる。


ええかげん、というか、にぶちん?(笑)


にぶいことは欠点と取られがちだけど、生きていくためにはにぶいことも時として武器となる。
痛みににぶい、とか。
まあ、それもある意味危ないかもしれないけどね。痛みを死ぬまで気付かないっていうのでは困るし。
けれど、痛いことを痛いと感じずに死ねるなら、これはこれで私にとっては幸せなことだよなあって思う。
私の夢は、寝ながら夢を見つつ死んでいくのが望みだから、さ。


てか、話ズレたし。(爆)


なんじゃーかんじゃー言われたら、徹底的に無視。攻撃されたら逃げる。あるいは放置。知らん顔。そういう無責任も許される、そんな世界が私は好き、だな。(笑)


楽しく生きたい。
現実の世界が辛いから、楽しく。
楽しく生きるゆるい世界、求めて何が悪い、って感じだね。

彼氏が欲しかったかどうか

2005年12月08日 17:14

とある日記を読んでみて思ったこと。


私は当時、彼氏が欲しいと思ってたかどうか。


顔とか性格とかそういうことは抜きにして考えてみたんだけど、とりあえず「彼氏が欲しい」と思ってたら当時の私はできないということはなかったと思う。


何度も言うようだけど。私は自分の気持ちだけが唯一絶対で。


そんな私だから「彼氏」が欲しかったわけではなく、「その人」が欲しかったというだけだったんだよなあ。それ以外はどんな人だってダメだったってだけ。
どんなに素晴らしい人が「君が好きだ、付き合って」と言ったとしても「ノー」と答えてたと思う、たぶん。(爆)


だってさ、とりあえずそういうシチュエーションになったことなかったからねえ。もしかしたらアターックアターックされてたら流されるままにってことにでもなってたとも言えなくもないよ、うん。
後に言われたことだけど、私はとにかく「その人以外は問題外」みたいな態度をずーっと取り続けていたから、アタックしても絶対無理だろうなあって、そう言われたんだよね。


彼女とか彼氏とかが欲しいと言ってる人って、私から見れば理解不能なんだよね。


それは、私が常に誰かに恋をしていたからってこと。
私は相手を男としてとか女として恋をするわけじゃないから。
男だろうが女だろうが、好きだと思ったら一緒にいたいノイズちゃんだからねえ。
だから、彼氏、彼女が欲しい、ではなく、「その人が欲しい」というそういう考えなんだよね。


彼氏、彼女を欲しがってる人って、別に誰でもいいと思ってはいないと思うんだけど、そういう「その人が彼氏(彼女)になってくれないとイヤ」とはなったことないんだろうか?
私は「その人が彼氏(彼女)になってくれない」くらいなら彼氏だの彼女なんて欲しくないけどなあ。

ということで

2005年12月08日 01:11

2005-12-08 00:19:04


おめでと~。
あれ? めでたくない?(^^;


さあて、寝なくちゃ~。

私に勇気を与える言葉たち

2005年12月05日 10:09

この記事はブロとものみ閲覧できます

そうかな

2005年12月03日 10:22

悪口や嫌味って共感を得にくいものなのかな。そりゃあ読んで気持ちいいもんじゃないけど。
けれど、けっこう「そうだよねえ」って思う人もいると思うし、絶対にそういうのは共感しないって言う人なんていないと思うんだけど。


理論的に書かれてるかどうかはわからないけれど、いかにも自分のほーが悪くないのだという書き方の悪口というか相手を非難する日記もあったりするけどね。それって私の書く日記らしいんだけど。(笑)
ただ、私が饒舌に書く「それってどうよ」的な日記って、書かれた方は黙り込んでしまうことが多い。いわゆる私の日記って「声の大きな人」の書く日記らしいから。けれど、たぶん私が今までそんなふうに日記で取り上げて「それってどうよ」と書いた相手は、私とは違って思っていることをうまく言葉で表現ができない人だったのね。って言うてる私もほんとは自分の思ってることをうまく表現ができてないと思ってる。だってさ、ちゃんと言いたいことが相手に伝わってないんだもん。(--;
きちんと反論してくる人がいたら、私は「すんませんでした」となってただろうなあ。ああ、情けない。(^^;


自分のしたことに対しての言い訳をこれでもかと訴え主張する、それが私だった。誰も何も言ってこないのをいいことに。
今はもうどうでもいいやって感じ。

それでも

2005年12月02日 09:19

共感するよと私は言い続けるだろう。
もちろん、その人には告げずに。ここで言い続ける。
それくらいのことは許されてもいいと思うんだけど。


思うは自由だ。
それを否定はさせないよ。
踏み込むな、とか、踏み込ませないとか、共感するなと言うならば、一切自分の体験、思いを誰にでも読まれる場所に書かないでほしいと私なら思う。


ノイズちゃんが書いているここでのツブヤキは、以前は相手の場所にコメントしたりメール飛ばしたりしたものだった。
けれど、そうすると相手は思わぬ反応をしてきた。
それは、相手も私が思わぬ反応をしてきたからの反応であって、どっちもどっちなんだよね。
だとしたら、歩み寄れない相手に対してどうしても言いたいことは、こんなふうに吐き捨てるしかないわけだ。


だから、これからはもう私は本音は相手に聞かせない、それを受け入れることのできない人に対しては。ここで吐き捨てるだけだ。

ふむう

2005年12月01日 11:59

2005-11-26 23:59:13


私のこれも個人的メッセージ、になると思うんだけどなあ。でもメールはやだ。(わがままノイズちゃん)

嫌なのはね

2005年12月01日 08:46

少なくとも私が初心者に対してむかつくのは、その姿勢。もちろん、全ての初心者に対してそう言うわけではなく、一部の初心者のことなんだけど。
私だって初心者の時はわからないことだらけで、今だって相方にも叱られるんだけどね。でも、その叱られるっていうのも、私が覚えようとしてるように見えないからだっていうことだし。


まあ、いいわけではあるんだけど、私だって「これは絶対に知りたい」ということは何が何でも調べ上げるよ。それでもどうしてもわからないときに、ここまで調べたけれど、ここがどうもちょっとわからなくてっていうふうに聞くこともあったりする。まあ、たいがいが、調べ方がヘタでたどり着けなかったことがほとんどなんだけどね。でも、たとえば私がそういう人に聞かれる立場だったとしたら、そういう人にむかつくことはない。


まあ、このむかつくってことにも個人差があると思うんで、私はむかつかなくても他の人は「そんなのまだまだだ」と言うかもしれないけれどねえ。


それにしても、毎日更新することがギブになっているって…それちと乱暴な括りかと。いいものばかりじゃないと思うし、現に私だって自分の書いたものがギブであるとは思ってないし。てか、たいていの人はギブだなんて思わないんじゃないかな。思うってことはかなりの自信家だよねえ。
ただ、いいものばかりじゃなく、粗悪なものの存在も比較検討ができるという点ではネット世界にギブしてるのかもしれない。少なくとも私はいいものばかりなんてクソくらえと思ってるしね。


でもやっぱり「それをできないと言ったり助けてもらおうとするばかりである人を軽蔑する」と断定はしてほしくないなあ。これだけを見るとその背景は無視して「できない」「助けて」という初心者はダメって言うてるようで、その考えにもむかっとするんだけどね。まあ「ばかりである」という言葉に注目すれば「ばかり」じゃなかったらマシだと思ってもらえるのかもしれないけれど。


毎日更新を強制されたくない。
毎日更新しているのはギブするためでなく自分が楽しいからしてるだけ。
それだけじゃダメなのかなあ?


2005-11-30 (水)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。