スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かいらく

2006年01月31日 22:46

リアルの世界には快楽なんかないよ。苦痛だけだ。少なくとも私だけは。生きることは苦痛。だからネットの快楽を求める。その快楽とは何か。誰にも教えない。私だけの楽しみだから。
スポンサーサイト

最後までわからないよ

2006年01月31日 22:39

人生において一番素晴らしい時期は「わからない」だな。確かに私も子供の頃が、とか、あの頃が、とか答えるほうだけど、最近気がついた。死ぬ瞬間までそれはわからないって。だから、これからは「わからない」と答えるだろうなあ。

心の持ちよう

2006年01月31日 22:33

2004年04月24日


私の息子の名前はとある漫画家のとある漫画の主人公の名前。いつかその名前のようにどこか遠くに行ってしまうのか。別にそれでもいいけれど。(嘘)


働かなくても生きていける、か。そうなのかもしれないけれど、それもまた心の持ちようなんだろうな。私は働かない人間は生きてはいけないという考え。それもまた心の持ちよう。

らぷらぷ

2006年01月31日 22:21

らっぷはどーしてもわからん。


でも、人生最大の落ち込みの時、私はなーんにも聞きたくなかったし、なーんにも見たくなかったな。ヘンだな。いつもなら元気になるものを探しにふろふろしてるはずなんだけど。
ただ、探しに出たわけじゃないけれど、目に付いたもので励まされた。でもそれを否定された。相手は私に対して否定したわけじゃなかったんだろうけれど、でも、私は否定されたと思った。でもそんなことはどうでもいい。音楽なんて何の力にもならなかったな。

わかってる

2006年01月31日 11:33

ずっと無事に終わるわけはないと。でも願わずにはいられない。完ぺき主義者の私にとっては。どうか今日が無事に終わりますように。繰り返し呟かれるこの言葉が私に暗示を与えてくれるように。大丈夫、きっと大丈夫、絶対大丈夫。


朝からアレ見て泣いちゃったよ。マズイよ。思い出すとまた泣けてくる。仕事中にそれはヤバイよなあ。集中だ、集中。(><)


さて、いざ出陣。

キライだよ

2006年01月31日 11:18

そりゃーもー私も子供なんてキライだよ。そんな私でも一人子供いるし。子供はね、いつかは大人になるからね。でも、私みたいにいまだに大人になりきれてないヤツもいるからねえ。だから私も子供嫌いな人には嫌われるってこと。(自虐)

ボウゲン

2006年01月31日 00:23

あーはらたつ。やふとぴのあいつすげーうざいんすけど。きもいいわれてもしかたね。あーむかつく。

勘繰ってしまった

2006年01月30日 23:29

その話題、あのごーかんじけんを遠まわしに言ってるのかなあって。(^^;


なんつーか、いい印象持ってない人が読んだら「自慢してるよ」となるんだろうなあ。まああれか、私もかつてモテたことがあるなんて公言してるわけだから、彼女と同じようなもんか。(爆)
つーか、ナンパなんぞされたことないし。それなりに若い頃はお声はかかってたみたいだけど。誰一人自分からアタックしてきたやつなんぞおらんかったし。なんだよ、自分でコクれよ、なんで他の人から聞かなきゃなんないんだよ。まあ誰でもってわけにゃいかんけれど、少なくとも「この人ならいいかも」と思う相手ならソデにするこたあなかったのにさ。


つーことで、相方はうまーくやったよなあって。断れない状況に持っていってからのあたっくだったから。とはいえ計算ではなかったみたいだけど、さ。(笑)

やっぱり読みたいので

2006年01月30日 21:41

らいぶどあの記事、削除されてないみたいだから、何とかURLさかのぼって読んでいこうと思う。ほんとは古いのから読みたいんだけど、URLの関連性がよくわかんないんで。探すのたいへんっぽいけど、それでも読みたいと思うから。とりあえず、風呂入ってくる。つか、そのまま寝てしまう場合あり。(爆)どうも喉が痛いっぽいから風邪かもしんない。(--;


ここが始まり。

やべぇ

2006年01月30日 08:05

私がどれくらいひねくれてるかの証拠だね。(爆)


「この人が書くから読みにくい」


と読めてしまった。( ̄▽ ̄;)


考えてみたら、そんな意地悪な記事書く人じゃないと思うし、そんなのブクマするよーなKしゃんじゃないよねえ。ああ、やっぱりノイズちんは腐りきっとる。いかんいかんはんせーせねばねば。(--;


つーか、もっとちゃんと書かれたもの見れや。それだから質の低い読者って言われるんだよっ!>ノイズちんorz

おとなしくめだたない

2006年01月30日 00:31

そうだよ、ふつーじゃないよ、いちばんやばいじんしゅだよ。キレたら何するかわかんないよ。それは私。感情が爆発するとねー何するか私にもわかんないところが自分にはある。追いつめられるとねーとくにねーもーどにでもなれーってプッツンくるときがあるもの。まあ、そのおかげで腹も切ったしかめらも飲んだし。(爆)人間ほんっと追いつめられると思わぬことしちゃうんだよね。いいほうにころべばいいけど、わるいほうにころがったらたにんをころしちゃう場合もあるだろうし。その子供みたいに、さ。さて、うちの息子くんも「おとなしくてめだたないこ」ですが? さてどうなりますことやら。てか、自分の子くらい信じてやれよー。いいえ信じません。こいつ今までに何回ウソついたことか。さすが私の息子だわと思ったくらいだもんなあ。(笑)

こーしんこーしん

2006年01月30日 00:06

2006.01.29 Sunday


私は気持ち悪いとも思わないな。ご飯食べることも寝ることも別にしなくても気持ち悪いとは私は思わないもの。つまり、当たり前なことだから何も感じない。毎日のように何かを書いてる、それがなんというか自分にとって空気みたいな存在っていうのかな、ちょっとうまく言えないんだけど、そんななくてはならない存在、というか行為? だけど、依存してるってわけじゃないみたい。なんかそう思える。確かにストレス発散っていうのもあるんだけど、ただ楽しいってだけかな。楽しいから続けられる。楽しいから更新し続ける。楽しいからできる。この楽しさがあるからこそ毎日の仕事が頑張れる。これを頑張れば家に帰ればネットでなにか書ける。それが楽しい。待ち遠しい。そんな感じだね。
ネットし始めの頃は、掲示板でのやり取りが楽しかった。昼間書き込みすれば夜に誰かが書き込みしてくれて、次の日にそれに対してレスして、それの繰り返し。楽しかったなー。
今は、こうやってブログなんかで何かを書いているのが楽しい。
ここでは誰かが一人でも見てくれてるからっていうのもあるんだけど、見てない場所でも書き続けてるところもあるんで、誰が見てなくても、私自身が読んでればそれで満足みたいだよ、私はね。(笑)

ふーん

2006年01月28日 23:52

結局は旦那さんの自慢話か。(笑)
そんなことうちの相方だってやってるし。
つーか、あれですか、つり間違え事件読んだんですかね?
まあ、別に私が飲みこんでしまったことをおひとよしとか思ってはないとは思うけどさ。

人間らしく、か

2006年01月28日 21:47

生きれてると思うよ、私はね。
私が仕事をするのは豊かになりたいからってわけじゃない。
最低限の暮らしをしたいってそれだけ。
豊かになりたいのならもっとキチキチに働くしね。
けれど、相方の稼ぎだけじゃねえ、子供を育てるのにもなかなか。
まあでも、何をもって豊かとなるかはまた人によって違うだろうし。
私の今の暮らしも豊かであると言われてもしかたないと思うし。

涙がでてくる

2006年01月28日 10:09

彼女の日記を読んでいると涙が出てくる。とくに旦那さんのことを語る日記が。


そうか、私も仕事に出てからやたらと甘いものを食べたがるようになったのも、何も考えたくないと思ってるからなのかな。なんて、そんな勝手な解釈をしてしまうけれど。相方は単純に疲れているからだよと言うけれど。でもね「ごほうびごほうび」とつぶやきながらお菓子を食べる私の心理は、ただ疲れているからってだけじゃないと思うんだ。


さっき、仕事から帰ってきた相方が仕事に関する朗報を持ち帰ったけれど、嬉しいと思う反面、やっぱりね、そんなにいろいろなことがうまくいったら後の反動が怖いって思ってしまって、素直に喜べなかった。ただ、私も仕事を頑張らなくちゃって思えたことは確かだけど。


こうやって少しづついい方に変わっていけばいいけどなあ。

おりばついすと

2006年01月28日 07:57

抑圧された環境や思いが文学へと昇華されるというなら抑圧されなくなった労働者たちは文学など手放してしまうんだろうな、と思った。
でも、まったく抑圧されない状況なんて生まれては来ないんだから、そういうプロレタリア文学が消滅することはないんだろう。だからその原作がまた映画化されるということは至極もっともなことで。
小林多喜二のあの小説で私は感想文を書き、それはなかなかの好評だった、当時の大人たちの間では。返す返すも原稿を紛失してしまったことは残念だ。って、また読んで書けばいいんだけどね。(笑)
そういう文学が好きというわけじゃない。ただ「抑圧された」というキーワードはどんなジャンルでもあてはまるんだと思う。満足な思いからは力は生まれない。抑圧されて虐げられるからこそ力は生まれる。そこでは弱者は消えていくだけで強い者だけが何とかしようと立ち上がるから。それが人間の持つ本当の強さだと私は思うよ。人間とはそうあるべきだって。

みんなそうだから

2006年01月27日 08:03

心が広い人なんてどこにもいないと思うよ、キミだけじゃないと思う。心が狭いから、心が広くなろうと努力するんだから、さ。広くなろうと努力すればいいんじゃない?


結局、私は誰かを不快にさせないものを書くことは無理なんだって気付いたから。だから、こうやって分けて書くことにしたんだもの。私が知らない存在には、私が何を書けば不快になるのかなんてわからないわけだからそういう人たちに対してまで配慮することは馬鹿馬鹿しいしね。
だけど、私が知っている人は、こういうことを書けば不快に思うかもしれないというものは何となくわかるものなので、ひとつの場所ですべてを見せないようにすることで、最低限の配慮はできると思う。もちろん、それで完全に配慮できるわけではないんだけど。いくら知ってる人とはいえ、思わぬ言葉で傷ついたと言ってきた人もいたし。そのたびに「想像力があればわかったはずだ」と非難されればね、そうか、私ってそんなに非常識な人間なんだなあと思ったものだったし。

それ私だ(苦笑)

2006年01月25日 22:03

2006年01月25日


まあね、自分自身が自分を信用してないんで、他人からも信用してもらおうとは思っちゃいないけどね。(自虐)
「がんばって」とか「がんばるよ」とかしか言えない私は、ちゃんとしたアドバイスをできないということで、私はダメ人間であると自分でレッテルはってしまってるから。
けれど、アドバイスっていうのは、誰に対してもそれがいい作用をもたらすかと言ったらそうじゃないこともあったりすると思う。
私は怖いよ、アドバイスすることはね。自分がどうにかなるならまだしも、相手が最悪な状態になってしまったらと思うと、自分のアドバイスが本当に相手にとっていいのかどうかって考えてしまうもの。
けれど、とても相手のことが心配で、何もいいアドバイスできなくても、それでも「がんばって」としか言えなくて……まさにあの彼女が「助けてください」と言ってるのに何もできずにオロオロしてるだけの私は……彼女に感謝される人間じゃないんだ。がんばってとしか言えない私は。


だから、私はもう何も言わない。相手がどんなに落ち込んでいても何も言えない。私が関わるとみんな不幸になるもの。私にはきっと悪魔がついてるに違いない。
それでも、私はあの彼女だけには、これからも「がんばって」と言うだろう。そして、私にしかできない(と思われる)彼女の創作物で言葉を紡ぐことが、私なりの彼女への癒しになるように願いたい。

アリガト

2006年01月25日 16:07

ホントはね、今日は休んじゃいけなかったのかと思うくらいの沈みようだったんだ。だけど、キミからのレンラクが今の沈んだキモチを浮上させた。アリガト。これからもよろしく。

なんだか悔しい

2006年01月25日 15:13

自分がここにいることで誰かがうれしいと思ってくれる、それだけでもう生きている意味はいらないとつぶやくキミを見ていると胸が苦しい。その言葉は私が言ったわけじゃないと思うから。気持ちではそういうのがあったとしても、私は「ありがとう」と伝えただけで「うれしい」なんて言ってないから。だから私の言葉じゃない。私じゃない。それが悲しい。心が痛む。私に救われたと言う人はいないわけじゃないけれど、救いたい人を救えなかったことは一生心に傷をつけたまま、何百人救ったとしても私の心は癒されることはない。なんて心って思うとおりにいかないんだろう。

そうか

2006年01月25日 14:59

だからあなたは自分の心が大事だからああいう物言いをしたのだな。


正しい態度ではないことであるというのもきっとよくわかってはいたんだろうけれど、「それ」を言われた相手の心が傷ついたことは気がついたのだろうか。薄々は気付いているのだろうと思う。あれから二度とあの人はあなたの場所に書き込みに行っていないのだから。あんなに「あなたが好きです」と言っていたあの人が。それはもうしかたない。二人は意識の次元も住む世界も違うのだから。それはもうしかたないことなんだよ。

いやそれがねいるのよ

2006年01月24日 07:40

2006-01-23


かれぇだいっきらいなひとが。(爆)


私も最初聞いたときは「ええーなんでぇ?」と思ったんだけど、必ずおなかを壊すそうなんで、そらもーしかたないわなーって思ったけれど。
でも、そんなかれぇぎらいの人とノイズちんはつきーおてますじぇ。ぢつはね、最近かれぇが苦手になってきたノイズちんなのら。うわはは。(殴)

あらら

2006年01月23日 23:59

これ読んだんだけど。


まあ、人それぞれなんだからさ。たぶん、私自身は、有名云々とか書く仕事をなんてことを考えないで書くほうが、けっこういいもの書けたりするんじゃないかなあと思う。
だってさ、読者を気にして書いてる本家の書き物は、なんか自由気ままに書けないんだもん。
で、ここでの私はほんと好き勝手に書いてるよねえ、しかも半端な記事数じゃないし。短い文章とはいえ。だってさ、いろいろ殴り書きたいんだもん。
けっこう本家よりもこっちのほーが読みやすいって言ってくれる人もいるしね。


だから、私の書く動機は「ただ書きたい」それだけなんじゃないかと思う。あとストレス発散。仕事の辛さを癒す手段。そんなとこかな。

昔に戻ったみたいだ

2006年01月23日 11:22

最近の彼のブログは昔の彼に戻ったみたいで何だか嬉しい。たとえそれに何だか私を非難されているような記述を見つけたとしても。

感動できないよ

2006年01月22日 11:20

キミがどんなにコミュニケーションだなんだとそれが大切だと言ったとしても、だったらキミも相手を受け入れたり、相手が放った言葉の意味を真剣に考えるべきだ。私が送ったメッセージにレスも返さずに捨て置く人が、書く事で他者とのコミュニケーションを、なんて言うなんて片腹痛いわ。


あうう、今日はちゃんと無事に一日が終わるだろうかっていう気分になってきたぞ。(--;

おとおとおと

2006年01月22日 00:19

ちょっとむかついたので一言ほえてから寝るっ。(爆)


「音鳴らさないで」と言うのなら、私は言いたい。


「音鳴らさないようにぴーしー設定しとけよ」と。


でかい画像なら言われてもしょーがないなーとは思うけど、音関係でとやかくは言えねーべ?
だって、基本的に音はミュートだって人もいるんだよ?
会社で見てるんなら音はいらんっしょ?
最初から音を消しておけばすむことなのに、何言ってんだよこんにゃろーって感じぃ。(W


今日のノイズちんはネガティヴモードばりばりっすからあ。てか、もう昨日になっちゃったか。


はぅ…眠れるかしらん。(--;

それはヤバイです(笑)

2006年01月21日 09:23

いや笑い事じゃなく。(爆)


そうか、ぢさつすれば有名になるのか、なーんて短絡的で愚かなこと思ったりするヤツもでてくるからさ。(^^;←ここにもひとり。(爆)


ただ、一般人じゃ無理っしょ。一般人のぢさつなんて巷にあふれてる。悲しいことに。
彼が印象強く残り読まれ続けるのはプロだったから。ただそれだけ。

ふくすー

2006年01月21日 08:38

本当の願いはひとつのブログですべてを見せるってことなんだけどね。


めいんにげんきゅーはさぶではよくあることだと思うけど? まあ、それは私だけかもね。私ならワケわかんないのはスルー。読むのがタイヘンだなんて思ったこともない。

しぶとさ、ねえ

2006年01月20日 09:42

そのしぶとさで壊れた関係がありまくりの私にとってはその言葉きっついよ。てか、そんなにヤなら見なきゃいいのにね、ばかやろノイズちん。(--;

なるほどね

2006年01月20日 09:39

ああ、なるほどね。そういうことか。その日は彼の、ねえ…。もうどうでもいい人のことなんかすっかり忘れてた。といっても、どうでもよくない人の記念日さえも忘れちゃうときがあるからなあ、このはくじょうもんノイズちんは。(爆)けど、今年は彼女のばあすでー忘れなかったしー。( ̄^ ̄)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。