思いの垂れ流し

2006年02月23日 11:05

たった一人、かー。確かに熱狂的に「好きだ」と言ってくれる人はいたし、書けば書いただけ反応して「好き好き」と言ってくれるファンみたいなのもいるけれど。
それを心から信じれない私ではあっても、嬉しくないわけがない。
たとえ、その褒め言葉が真実ではないにしろ、たとえ、いつかは私を傷つける目的でそういう褒め方をしているという嫌な考え方をしてしまっても、それは今までのトラブルから生まれてしまった心であって、しかたないことではある。
まあ、だからこそ、今の私は一定の距離を保って相手と付き合うことができるようになったわけだけどね。
本当に心許した相手とは、水面下でこっそりタメで会話すりゃいいわけだし。
今、私に毎日のように好き好きびーむ飛ばしているこの人が、最低でも3年通い続けてトラブルなく今のテンションで続けるかどうか、それが楽しみではある。


そういえば「ぶろぐ論」をまーくんも書いてたけれど(といっても相変わらず一言だけどさ)それ、私も賛同。(笑)
ま、私はあまりそゆことは書かないつもりだけどねえ。
私の書くものなんて財産だなんて思う人もいないし、私自身も私の書くものなんて財産なんかじゃない、たとえ誰が「財産だよ」と言ったとしても、他人が決めることが正論だとしても、それでも財産なんかじゃないと言うだろう。


そんなに私の書いたものなんか価値なんかありゃしないよ。ただの思いの垂れ流しなのにさ。しかも、使い古された言い回しに、誰かが書いた二番煎じ、新しい切り口なんかもまったくないし。
ただ、私は私の書くものが好き、誰が書いたものよりも自分の書いたもの一番。何度も読み返すほどね。って、そんなことは他の人たちもそうだと思うけどな。違うのかな?

書きたい文章

2006年02月22日 20:24

書きたい文章なんてそんなもん考えたことなかったなー。みんなすごいね。書きたい文章を考えるなんてさ。私なんて「なりたい自分」になるために書かざるを得ない状況だったってだけで、なんも考えずにただ無心に書いてただけなのにさ。というか、ただたんに「書くことが好き」だったら何も考えずに何か書くと思うんだけどねえ。書けないってことは書くことがそんなに好きじゃないってことなんだと思うけどな。違うのかな?

キライ

2006年02月16日 13:48

「正しい」という言葉に時として激しい拒絶を持ってしまう私は正しくないんだろうな。だから正しい事をいう人がキライだ。

ここは

2006年02月11日 12:57

2006年02月09日


なるほろ、とすれば私は幸せか。彼女みたいにすごいだのなんだの言われるわけじゃない。ただの凡人のツブヤキってことでそれほど注目されるわけでもなし。コメントもほとんどないということで。最近ちっとばかし多くなってきたけど。
私は誰に迎合するわけでもなく、好きに書く。誰かのために書いてるわけじゃない。自分の吐き捨て場所としてここに書いてるわけだし。


ううむ…また熱が上がってきたか?(だったらおとなしくねろっ)

つまらない

2006年02月11日 12:45

確か一度だけ書いたような覚えがある。誰だかの日記はつまらないと。だってさ、統計統計ばっかりでねえ。ただ、たまに自分の考えをちらっと書くことがあって、それはおもしろいんだよね。ごくたまにだからそれが不満だけど。そういう統計って大切なんだろうけど、そんなの無視して自分の考え突っ走れ~っていうの好きなんだけどなあ。あ、それって私のことか。(爆)

私もだけど

2006年02月07日 10:10

2006年02月07日


ブログの「閉鎖」を寂しがるのは分かるけれど、「移転」が寂しいという感覚が僕には分からないし、分からない故に「気持ち悪い」と感じたから。

いや、さすがに気持ち悪いとは思わなかったけれどね。(苦笑)


ところで思い出したんだけど、私が以前の職場にいた頃、ある人がある人の部署移動でものすごいショック受けてたことがあったんだ。まるで、その人がいなくなるくらいならこんな仕事辞めてやる~みたいな。実際辞められない事情がその人にはあったんで、それくらいの気持ちがあったということではあるんだけど。それも私にとっては「へーそんな気持ちになるんだー」と目からウロコ。
けど、後にその人と仲良くなって、私が仕事を辞めるときに、似たような感じでかなり落ち込んでいるのを目撃したことがある。毎日のように「もうすぐだね」なんて言われて。さすがの私も、この人を置いて辞めてしまうのに忍びないなんていう気持ちにまでなったもんだった。だけど、実際にはそれで縁が切れてしまったわけじゃなかったのにねえ。


毎日顔を合わせることって、たぶんこんな心理が培われることなのかなあなんて思ったものだったなあ。


そんな私は今でもブログサーヴィスが変わろうが何だろうが、多岐に渡るサーヴィス内で好みのブロギストさんを追っかけしてるということもあり、移転なんて気にならないなあ。同じコミュニティだけでつるむなんて私はやだやだ。

なんだかなー

2006年02月06日 08:40

私の日記を取り上げたあとにそんなことになるっていうのもまるで私が疫病神みたいでなんかいやだしでもしかたないかー確かにノイズちんはやくびょーがみだもんいじいじ。(--;

ごめんなさいごめんなさい

2006年02月04日 11:12

おんなのひとだと思ってました。ごめんなさい。はい、ちゃんとよく読めですよねっ! ひさびさにやっちまったぜいっ! やっぱノイズちんは思い込みばっかしてるよなあ。あのみょーじだとあのなまえしか浮かばなくて。あうあういいわけじゃ~。。・゚・(ノД`)・゚・。

他人の言葉

2006年02月04日 10:22

ひとつ消してはひとつ得る、か。そして、新しいそのひとつを得るために私たちはどれほどの罪を重ねるのか。常に十字架を背負って進まなければならない。健全な人とは相容れない。それが我ら。

存在の証

2006年02月04日 10:18

痛みが存在の証か。で? 痛めつけてくれ、と? こういう考えの人とじゃないと私は一緒にいられないってことか。それもまた一興。どこまでも一緒に落ちていこう。