スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手放してはダメ

2007年02月15日 09:35

b# - 「嫌い」の表明 その2


でも「嫌い」だと表明しなかった。いわゆる「無関心」に移行しちゃうから。


嫌いな人のために「あの人のこういうところイヤだなぁ」とか,そういう風に気持ちをやりたくない。心をつかいたくない。その,嫌いな人のために不快に感じること自体がイヤ。だったらその人は「いない」ことにしておく。



これ読んで思ったんだけど。嫌いという気持ちをとことん突き詰めて「どうしてこの人が嫌いなのか」と考えてみるのも創作者としては大切かなあという気持ちがないでもない。物語ではあらゆるタイプの人間を書く。いい人間だけじゃなく、思わず読者が「こんな激しくイヤなヤツを書く作者の人間性を疑う」と感想を持ってしまうのが、いい表現者だと私は信じてるので、やっぱ、どんなに他人に嫌われようが否定されようが、自分の感受性は守り通さなくちゃいかんよなあって。
脊髄反射を奨励。どうして自分はそれで感動するのかむかつくのか怒るのか泣くのか、そういった感情の揺れをとことんまで突き詰める。それは確かに楽しい作業じゃない。楽しいのが一番と謳い上げる自分にとっては正反対の姿勢。だけど、そのつらさを手放してしまったら、私は表現者ではいられなくなる。
スポンサーサイト

紹介すること

2007年02月15日 07:49

去年の本日、彼女のサイトでの例のトラブルが何とか解決し、まあ解決と呼べるものじゃないとは思うけれど、彼女がまたサイト運営ができるようになったということで、トラブル渦中は沈黙していた私が日記で語ったわけですが。たーしゃんはそこらへんはわきまえてくれてて、決して表立っては彼女のことをすごい人だとは言わなかったけれど、Mさんはダメでしたね。当時もビシっと言えなかった私でした。何とか、掲示板が復活したら声をかけてあげてと言うだけでした。その後に書き込みしてくれたかどうかは確かめてないからわからないけれど。
以前にも、素材を借りている私ではなく、作者本人に褒める言葉は言ってくれと他の人には言ってきたけれど、その私の気持ちは届くことはなかった。私の書き方がマズかったんだろうかと思ったものだった。
私は好きな人のことはみんなに知ってもらいたいから日記とかで紹介してきた。けれど、ほとんどの人が紹介した私の場所に感想を書く。そうじゃないのに。私のところに書いたってどうしようもないのに。どうして向こうに書いてくれないのか。もちろん、そういった人ばかりじゃなかった。私のところから来ましたという言葉とともに相手の場所に書きこんでくれた人もいた。けれど、そういう人は少なかったな。
あれから、お気に入りの人やお気に入りのサイトや、そういったものを誰かに知ってもらうために紹介することがなくなっていった。
私なんかが好きになったばかりに、相手に迷惑をかけてばかりで。私という存在を疎ましく思ったものだったな。
私から「好き好き大好き」という言葉を取ったら、ただの気難しいおばちゃんになっちまうのに。まあ、そのほうが落ち着いてていいふうに見られるかも?orz

エロはロマンだ

2007年02月14日 09:23

過去に何本かエロゲしたことあるけれど、そのうちの一本で泣いた、泣いた泣いたああ泣いたさ号泣したさ。(爆)
それだけじゃなく、エロアニでも泣けるのはいっぱいある。(例のこどもの何たらと同タイトルのヤツなんだけど、作ってる会社が倒産して途中で打ち切りになってしまった、ものすごく残念)エロって泣ける要素があるんだよね。話の作り方しだいでエロの要素があったほうがより泣ける話になることもある。私が書いた例の官能物がそれだけど。あれはエロがなかったらあそこまでいい話にはならなかった。主人公の心の葛藤を表現できなかったと思うし、そりゃ、エロなしで感動させてみろよって言われたらそれまでではあるんだけど。
でも、私はやっぱり物語にはエロは必要不可欠だよなあという気持ちがある。エロがないとヤだよって言い切るくらいに。エロはロマンだよ。

嫌いの話

2007年02月14日 07:57

suVeneのあれ 人を「嫌う」ということ(その1)


嫌い関係の話は何度も書いてきてると思うんで、すべんさんが書いてることのほとんどが同感である私なんだけどね。


「自分の中の相手に対する負の感情を表層(言葉や行動)に出して認識する。そして(必要ならば)相手に理解させよう」



嫌いを相手に伝えたり理解させるっていうのはケースバイケースでしたほうがいいっていうのが私の考え。必ずしも伝えることがいいわけじゃない。ゆっけさんが「嫌いな人の投影図」でも書いているけれど、伝えて相手がスンナリと「はいそうですか。ではさようなら」と言って離れてくれるならいいんですけど、なんだとごらぁとなって嫌がらせされる場合もあるから。嫌がらせだけじゃない。私が過去にしてきたことは、別に相手にはっきりと「嫌い」と言われたわけじゃないんだけど、何となく距離を置かれてるのを感じ取り「もしかして嫌われてるのかも」と思いつつ、その心の声を無視して「だって私はあなたを好きなんだもん」と執拗に追っかけ続けた結果、相手が爆発してしまったというやつ。で、嫌いって宣言されても、それでも私の気持ちは好きだから、逆に「嫌いでも私を忘れないで」なんていう日記を書き続けた。相手が読んだとしたら、たぶん「これは嫌がらせか?」と思われてたと思う。はっきり言うことがいいとは限らない。私みたいにそれでも未練がましく相手を半ば非難するような日記を書き続けられたり、ストーカーまがいに嫌がらせされたりする場合があるから。
だから、あとはもう相手から離れて、ひたすら相手が自分のことをどうでもいいと思うようになってくれるのを待つしかないっていうこともアリだと思う。まあ、これはリアルでどうしても付き合わないといけないっていうのには当て嵌まらないとは思うけどね。


俺が言っているのは、その「嫌い」を誤魔化して表面上仲良さそうに取り繕っているような場合の話だ。



それは実感してる。ココでも過去にそういうのがあった。この場合も相手は私が嫌いだったんだけど、私のほうはとにかくその人が好きで、その人の日記をよく言及してた。ただ、その人はいい人だと見られたい人だったらしく、私に対しては本心は言いたくなかったみたいだね。それもあって、ウェブ上の場所を転々としていたんだけど、私は好きだから検索を駆使して探しまくるわけ。そういうの、けっこう得意なんだけど、その人の場合はキーワードがいつも同じなんですぐに見つかったものだった。たぶん、今でもその語句でヒットするに違いないと思う。でまあ、見つけて接触するたびに、嬉しそうにしてくれるわけよ。時々、誰かを嫌ってるようなことを日記で書いたりして、何となく私にあてはまってるような気がしたから「私のことかしら」とさりげなく聞いたこともある。でも、そのたびに違う人のことだと言われてたんで、それをいつしか信じ込んで、相手が私を嫌ってるなんて思ったことなかった。けれど、はっきりと絶縁状突きつけられたんで、もう探してその人の書いたものを見ることはしてない。今度関わったら、2ちゃんに晒し上げるとかそういう脅しまがいのこと言われたけれどね。


ほんと、私の「好き」って報われないことが多い。つーか、なんでか自分を嫌いになってしまう人ばっか好きになってしまうんだよなあ。orz

千住明の言葉

2007年02月13日 11:59

「作曲という仕事は、人の感情に忍び込む危険なものです。聴く人を悲しませたり、泣かせたりするばかりか、ときには残酷なものさえ提示してしまいます。音楽家は何をしているのかをよく考えなければなりません」

何度も書いている

2007年02月12日 10:01

その話は、前にも書いた。 - こんな世界のはしっこで・・・


私なんて前に書いたことを何度も書いてるよ。しかも、書き直して書けばまだマシだとは思うのに、ココではそのまんまコピペしてしまってるしね。まあコピペしてるだけってわけじゃなく、それについて今の私が語るってことはいちおーしてるんだけどね。本家のほうを読んでる人ばっかじゃないから、前に読んだって人もそんなに多くないと思うし。それに読んでたとしても忘れてる人がほとんどじゃないかな。それだけ長く書いてきてるから。私なんて毎年読み返してるんで大まかなことは覚えてるし。


それよりも一番の問題は、前に書いたことと同じコトを書いた場合、後で両者を比べてみると、大抵最初に書いた方ができがいいように感じてしまうのことだったりする。



↑これはよくわかる。私も時々そう思う。その年その年で文章の書き方が変わってるんで、文章によっては自分でもダメ出しするのもあるけれど、これはよく書けてるよなあと自画自賛してしまうのもあるなあ。
それよりも、私の場合は日記よりも小説のほうが問題だなあと思っている。さすがに投稿初期の頃のは目も当てられない書き方だったんだけど、ネットを始めるちょっと前あたりに書いていた小説は自分の中では一番よく書けてるなあと思った。けれど、最近は小説の書き方がいまいちダメだなあと自分に突っ込み入れてたりする。なんつーか、勢いで書くとけっこういいものが書けたりしてた経験があって、つい勢いだけで書いてしまって焦った作品に仕上がってしまうようだ。これはいかん。適度に寝かせた感じで勢いも大切にして書かないとダメだよなあ、なんて考えてはいるんだけど、難しいや。でもま、今年の○○文芸も自分なりに書いていこうとは思う。


私の夢のために。

これが脊髄反射とゆーやつ(笑)

2007年02月11日 09:00

suVeneのあれ 嫌いな(ハテナの)ブロガーの ID を挙げようぜ!


だったら最後まで書けばいいのに。へたれだよなあ。(爆)


ところで思ったんだけど、私にとっては「嫌い」は別の意味での愛情表現かもって思う。私の場合の「嫌い」っていうのは、好きなのにそーゆーことするその人が嫌いっていうやつだもん。だから好きの延長みたいなもんだよね。私が「あなたは嫌い」っていうときは。そこには必ず「好きなのに嫌い」っていうあまのじゃく的な想いがあったりする。


好きの反対は無関心。相手に何も感じないのが好きの反対なんだろうなあ。
[これが脊髄反射とゆーやつ(笑)]の続きを読む

コメント

2007年02月10日 10:10

こうやって昔の日記を読み返してていつも思うんだけど、ブログに引っ越す前はサイトで書いていたわけで、その日記を読んだ人が当時は掲示板に感想を書いてくれてたわけだ。最近の分はブログにコメントが残ってて、誰がどういったコメントを寄せてくれたかは確認できるんだけど、掲示板時代は記事に付属してるわけじゃないんで、確かこんなことを書いてくれた人がいたなあというのは思い出せても詳しくは思い出せないし、それに対して私がなんてレスしたのかもちょっと思い出せないわけで。私の場合はログを残してるから、それを探し出せないわけじゃないんだけど、それを関連付けて読み返すってことなかなかできないよねえ。めんどくさいもん。となると、やっぱりブログのコメント欄って当時のコメントも一緒に読めていいよなあ。けれど、掲示板より確かに敷居は高いかも。自分が書いたものがずっと残るわけだしね。掲示板の場合だといずれはなくなっていくものだから。それもあって気楽に自分の意見が書けたりするし。

へー

2007年02月10日 09:09

一周年だったんだ。もっとやってたのかと思ってたし。うちなんて誰も「おめでとう」なんて言葉かけてくれないもんね。そうやってとうに一周年は過ぎてしまった。まあ、自分が忘れてるんで、ココで書かないだけなんだけど。書いたら「おめでとう」って言葉もらえたのかな。サイトでもこの間はそれでも三人声かけてくれた人いたけれど。そんなふうにいつまでも声をかけてくれる人はやっぱ特別な目で見ちゃうのは否めない。つーか、話変わるけど、楽天もトラバ承認になったのかな。よくわからないや。楽天ではブログ持ってないから、とりあえず取ってみるのも悪くないかも。今度の休みに楽天でブログ開設してみよう。

それでいいと思うよ

2007年02月10日 08:18

支えてもらうばっかりで。 - こんな世界のはしっこで・・・


ここではGという伏せ名で書いてはいるけれど、誰のことかわかるとは思う。(笑)
そのGって人気もあるしその発言を見れば本当に俺様で、よく知らない人からすれば「強く美しく言いたいことはハッキリと相手を不快にさせても言うような人間」というふうに見ている人もいるかと思う。そういう態度でいられるのも、一人で立っているからなんだというふうにも取れなくもない。けれど、実際の彼は一人では立てない人間だ。ついてこれるやつだけついてこいと他人を突き放してはいるけれど、実際についてこなかった場合に何でもないような顔をしているけれど心では深く傷付いている、と私は見ている。でも、それはきっと違わないと思う。それを匂わせるような発言も聞いたことあるしね。


そういうことに気が付いたとき、私は、誰も一人で立てる人はいないんだなあと、そう思ったんだ。


けれど、それが悪いってわけじゃない。ただし、それに甘えてはダメなんだ。一人で立てないのは事実ではあるけれど、一人で立とうとするその精神が大事なんじゃないかって。
Gはそれをわかってて、だから、一人で立つよう強くイメージをして「其処に立っている」んだと私は思った。そして、それを陰で支えてくれるのがファミリーであり、その延長線にいるファンたちなんだって。だから彼はファミリーをとても大事にしている。自分をこうやって立たせてくれる人たちだから、いつも感謝の気持ちを持ってる。彼に出逢った人たちはみんな言う「とても律儀で真面目な人」だってね。とても俺様発言をするようなそんな人じゃないみたいだよ。


それよりも、なにより、未熟な自分という奴をなんとかしていくのが先決のように思えていて、せめて、自分が支えてもらう部分を減らしていこうとはしているつもりだ。


自分が弱いこと、未熟なことに、変に引け目を感じている部分があるのかもしれないけど、一方でどこかでそれを盾に、誰かに甘えていたりしないだろうか…。


そういう意味でも、一人でも立って歩いていけるようになりたいと思っている。



それでいいと思う。まさにGもそんな気持ちでやってきて、今の彼がいるんだと思うから。だから、あなたは間違っちゃいない。それでいいと私は思う。

呪ってやるから(笑)

2007年02月09日 10:01

「俺」のセックスなんて不完全なWeb6.0ターンよく読んでたブログのこととか。 - livedoor Blog(ブログ)


キミも消えたら呪ってやるからね。私の呪いは強烈だよ♪(W


【2009/5/15追記、あらいつのまにか消えちゃってたし】

負けずに強く・・・・

2007年02月09日 09:54

セックスより完全なもの - 傍にいて(リンク切れ、過去ログから探すのめんどいので引用だけさせてもらう)


 誰かが傍にいて支えてくれるというのはとても心強いし幸せだと思うけれども一人で立てるようになりたいと一条は思う。



一人で立つことの意味は私はちと違う。一人で立ってる人なんてこの世には一人もいないよって。自分は一人で立っているように見えても、必ず誰かの何かの支えがあるはずだから。私はそれに気付いたとき、それでもいいじゃないか、一人で立てるならって思った。
私は支えてくれるのが人じゃない場合もある。ただの幻想とか物とか、そういう無機質なものや形のないものでも支えにすることができる女だ。それを誇りに思ってるし、だからこそ、私は自分がこの世でもっとも強い女だと思っている。私以上に強い人間は誰もいないよって。


ああああ、ほんとーにスルメ歌だ。(爆)


話がぶっとぶのもご愛嬌。今この瞬間を支えている歌に感謝。傍にいなくても、たとえこの思い込みが本当にただの思いこみだったとしても、私に立てる力をくれる存在だから。それが傍にいなくても立っていられる理由。その人が其処に存在しているという事実だけで、私もがんばれる。


セックスより完全なもの - 何ができるかできないか、ではなくて(リンク切れ、過去ログから探すのめんどいので引用だけさせてもらう)


 多分できることは色々あって問題はできるかできないかじゃなくってするかしないか。自分が何をするのか。しないのか。何のために誰のために何をするのか。答えは自分の中にあるのだ。



そう。いつでも鍵は自分の中にあるんだよ。それを活かすも殺すも自分次第。

元気をくれる言葉

2007年02月09日 09:15

まなめはうす ことば


「何かを表現したって誰にも届かない」という諦観は、
「何かを表現すれば、それを必要とする誰かにきっと届くはず」
という希望に変わろうとしている。from ウェブ進化論



本日の元気の源、まめさんありがっとー♪

そのアクセスは

2007年02月08日 23:01

そのアクセスはプライベートモードからなんで、私がどんなコメントをつけたかはわからないと思う。まあコメントというよりはあなたの書いたものを引用したというだけのことだけどね。あなたの答えてくれたことを何度も読んで考えたいから。そのためのブクマ。私のはてブはいろいろと公開しちゃマズイものがあるんで(お気に入りに知られちゃいけない人も入れてるし)それもあって公開はするつもりないです。その代わりに、ココでコメント代わりに記事書くことにしたから。たとえ一行だけでも。せっかくお気に入りに入れてくれた10人の人には申し訳ないと思うけれど。
あれって公開しない限り削除できないんだよね。相手には表示されないから、私のはてブをお気に入りに入れたこともいつしか忘れてしまうんだろうけれど、私のほうはいつまでも登録者数が表示され続けるんで、その数字を見るたびに心がチクチクするけれど、それはもうしかたないことだ。それを覚悟でプライベートにしたんだから。


そして、あなたがいつまでもそこで書き続けてくれることを切に願ってます。大好きなあなたへ。いつまでも心は繋がってるよ。(*^_^*)

好き好き大好き

2007年02月08日 22:40

↑のタグは私です。(笑)
といっても、彼女がココを読んでるかどうかは不明だけど。(^^;


Ladder to the Moon - suVeneのあれ りんごの実とムラ - 伝えたいこと聞きたいこと(suVeneさんへの返信)


この記事を読んで、驚くほど似てるよなあと思ったんだけど、もちろん、同じ人間じゃないんで、細かいところでは違う。


とと、またしても自分語りをおっぱじめるところだった。(W


とにかく、いいと思うよ。そのまま書きたいことを書いていけば。私も書きたいことを書いていくし。って、別に関係ないか。彼女は彼女。私は私だ。それでいい。それで。


【2008/11/14追記、言及したことを本当に嬉しいとその時は思ってくれたんだろう、恐らく。それが読まれたくないと思うに至った心理というものを純粋に知りたいと思うよ。とはいえ、ご本人さんも私に読まれたくないという気持ちは自分でもどうして読まれたくないのかわからないかもしれないのだが】

【2018/4/16追記、内容の一部分を削除した。】

いつも読んでます

2007年02月08日 11:17

304 Not Modified みんなが元気になる記事を書いてみたい


まめさんが好きに書くだけでいいんだって私も思う。私は元気もらってるし。それに私一人だけじゃない。ああ、今日もまめさんいろいろ書いてるなあって。そうみんな思って読んでるんじゃないかな。

やっぱ

2007年02月02日 08:16

ここはどこ? - 更新を無期限で停止します(当該記事は削除されたらしいので、ブクマのほうをれっつらりんく)


 これから努力すれば元に戻せるかもしれません。しかし、それはJASRACやオリコン訴訟の問題について取り上げることをやめなければ無理な話で、いまだにコメントが来ることもあるので、それは難しい。しかし、それを続ければ楽しい更新は保障されなくなるし、それ以上に、バトン更新とかが個人的にやりづらくなり、その結果今までよく話していた友人たちとのコミュニケーションが楽しみづらくなるんじゃないか、そう思いました。



同じブログ内でカラーの違うものを書いていくとこういうことになるんだよね。
何処吹く風と決め込んで書いていける人はいいんだけど、私でさえも同じ場所でまったく毛色の違うものを書いてはいけないんだから、やっぱり場所は分けて書くべきだよねえ。楽しく更新できるところ、深く考察のできるところ、議論ができるところ、吐き散らかせるところってな具合に。

ああ…

2007年02月01日 09:53

断片部 - y0mu-trx - 意地悪で卑怯でアホだが


↑読んで、いつものごとくあさってのほうこうな感想を書くけれど。(爆)
なんつーか、互いに罵倒合戦し合ってるほうが相手と真剣に向き合っているという感じがするかなあって。それは私がそう思うってことなんだけど。スルーしてしまうのもありだし、どっちがいいも悪いも決められないことではあるんだけど。つまり、どういった関わり方が自分は好みかっていうだけであって。どうやら私は罵倒し合うほうが相手に好感を持ってしまうような気がした。本当は理想としては泰然自若と立ち続けることなんだけどね。でも、そういうのが好きな人には好かれるだろうけれど、徹底的に嫌われる場合もある。冷たいだの何だのと言われて。えっらそーにとか言われることもあるだろうし。誰とは言わんけれど、言ってるようなもんか。(W

これからもひとつよろしくおねがいしますです

2007年02月01日 08:14

この記事はブロとものみ閲覧できます



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。