スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己嫌悪

2008年07月29日 16:51



コンビニでゲロ吐いてたの、小さい子が - S嬢 はてな


まあ、れいによってれいのごとく、書かれていることで思った、自分の場合はどうだろうって。私もまがりなりにも母親だ。今はもうすでに高校生にもなってしまった息子ではあるんだけど、小さい頃は突然吐いてしまったこともある。ただ、うちの場合は公共の場でそんなふうになったことがなかったんで、その時に私はどう行動したんだろうっていうのは推測の域を出ない。だから、私は私が経験した息子の吐いたことでしか語れないわけだけど。でまあ、その様子は過去に日記で書いたんで、くどくどとここでは書かないんだけど。


でもまあちょっと書くと。


ご飯時だったんだよね。息子寝てたんだよね。具合悪くして。ちょうど旦那が仕事から帰ってきて、二人でご飯食べようとした矢先だったんだよね。よくこれだけのものがこんな小さな身体にというほどじゃばじゃば出てきたなあと感心したのは覚えてる。盛大に布団の上でやってくれたことも。匂いが充満したことも。もちろん、後にご飯なんて食べれなくなって、旦那も私も二人とも夕飯抜きになったことも。そして、私もまた、誰も何もしてくれないから、私が片付けるしかなかったということも。ガシガシ後片付けしたことも。何に対して憤っていいか、このやり場のない気持ちをどうすればいいのかもてあましたことも。でも、私はS嬢さんよりも他の母親よりも本当に恵まれた母親なんだとは思っている。それなりにいろいろあった子育て期間ではあったけれど、私の息子は大したことなくここまで育ってくれた。視力は確かに悪いし、最近またしても肌のトラブルは出てきたし、あと、運動嫌いが災いしてメタボ一直線な感じになってきてはいるんで、そういった関連で不安はあるんだけど、それ以外ではそれほど心配していることはない。大病もしたことないし、中学になってからはほとんど病院に行ったこともなかったな。だから、ここ5年くらい病院に行ったこともない。


でまあ、そういった恵まれたことのせいにするのは乱暴ではあるんだけど、でもそのせいもあり、あと自分の気質もあり、いざという時に私は行動ができない。ジジさまが死んだとき、一番すぐに行動しなくちゃいけなかったのは私だったのに、結局パニックになって仕事中の旦那を呼び戻して、旦那がくるまで部屋の中に入れずにオロオロしてるだけだったし。この間も似たようなこと(人死にがでたわけじゃないけど)でオロオロしてるだけで、行動ができなかったことで激凹んだことがあった。神様は、あなたにできないことを用意することはないと聞いた事があるけれど、それは確かにそうなのかもしれないけれど、それでも、時々、私はどうしてこんなにもダメな人間なんだろうかと思うことがある。ただ、私はその「くすっと笑う」ようなそんな人間にだけはならないようにとは思ってはいるんだけど、でも、何もしないのなら笑おうが笑うまいが、当事者にとっては同じ目で見られてしまうんだろうなあと思ってしまうんで、できれば、そういう行動を迫られる場面には遭遇したくないと願ってしまう。そんな私は卑怯者なんだと、S嬢さんの記事で思い知ってしまった。でもしょうがない。私は本当に何もできない卑怯者だものな。というか、こういったものを書いてしまうこと自体が、どんだけ愚か者なんだよって感じなんだけど。
同じ書く行為でも、S嬢さんの書いたものは有意義なものだと思う。誰かの行動の背中押しができるという点で。ほんと彼女のような出来た母親にはかなわない。私はダメな母親だから。もっとも、ダメな母親だとわかってるんなら、ダメな母親やめればいいと、変われないのは変わりたくないからだって、たぶんガクトさんなら言うんだろうけれど。(苦笑)


私は背中押されるばかりで誰かの背中を押すようなものは書けない。という自己嫌悪。
スポンサーサイト

おめでとう!

2008年07月05日 07:24



カテゴリ複数指定できないのが困りもの。G関連も書いてるしなあ。(笑)



バースデイ - もちがやSM3’


そうかー、おねいまんさんも7月生まれなんだー。ガクトさんも7月、私も7月。好きだったあの彼女も7月、誰かさんも7月。(爆)
前に7月生まれの絵描きさんが、7月生まれは変人が多いのよって言ってたけれど、人とは違っていたいと思っている私としては、そう言われるのは不快じゃなかった。


おねいまんさん、お誕生日おめでとう。


昔の私なら、お祝いと称して詩作したり、グリーティングカード送ったり、MIDI作成したり、小説書いたり、なんかいろいろやったもんですけれど、今の私は「おめでとう」の言葉送るのもこんなふうに当日じゃなく遅れて送ってしまうほどのへたれぶり。これが本当の私。昔の私はきっと無理してた。頑張ればそれだけみんなに頭なでなでしてもらえると思ったからだったんだろうな、自分じゃ気づいてなかったけど。でも、ほんとの私はぐうたらでわがままで自分勝手で嫌味なやつ。まあ、頑張ってた昔でも、わかる人にはわかってたと思うんだけどね。


話はいつものごとくズレて昨日のことでも。(爆)


昨日はガクトさんのバースデーであったんですが、結局、何もしませんでした。ええ、お仕事は頑張ってきましたよ。他にもちょいと頑張ったことがあったんですが、それはいずれ日常日記のほうで書きます。つーか、いつになったら現在に追いつくんだか、なんですけど。
ただ、何か言葉くらいは送らねばと思ったので、マイスペースからメッセージ送ったり、コメントつけたりさせていただきました。メッセージでは謎なURLをいつものよーにお送りしたし。(笑)


で、ららさんの記事を読んで思ったんですが。


目的のためには手段は選ばん感じの生き方も、
きっとはたけば埃だらけで黒いに違いないところも、
プライド高いところも、みえっぱりなところも、
ゆーさんいないとダメそうなところも(?)、
全部ひっくるめて好きだけど、一番好きなのは
音楽やってるあなたなのでそこんとこよろしく!て思います。
はい。



「目的のためには手段を選ばん」とか「はたけば埃だらけで黒いに違いない」とか、やっぱ、私だけじゃないんだなあ、そう感じるのはって思った。けれど、私はそういった人がかなり好きではある。まあ、自分がその手のタイプの人間だからっていうのもあるんだろうけれどね。つーか、普通なら同属嫌悪ってなってもおかしくないんだろうとは思うんだけどねえ。あれか、どんだけ自分好きなんだよって?まあ、それが私というやつです。


ええ、あたくし、腹黒をダンディズムの一種と考え、ブラックジョークを好んで、妖しい雰囲気で人を惑わせ、他人の困惑をひそかに楽しむような趣味を持つゴシックレベルな腹黒人間と出たですもんねえ、昔。(笑)


あの腹黒度チェックで出た結果は、まるでガクトさんみたいだわ~と思ったもんでした。(爆)


でまあ、私もららさんと同じで、ガクトさんのそーゆーところが好きなのであります。人として、時には「どうよ」と思わせるところがあったとしても、それでも好き。で、ららさんは一番好きなのが「音楽やってるガクトさん」なわけですが、私は別にそういうわけじゃない。これもまあ何度も言ってきたことではあるんですが。音楽してるガクトさんから入っていったわけじゃなかったんで。
ただ、ガクトさんにのめりこんだきっかけは、確かに彼の歌からではあったわけです。欲しい言葉を歌で歌ってくれたから。とはいえ、それは音楽を認めてるというわけじゃない。確かに彼の描く世界観は好きではあるんですが、不遜ながら、私の世界観も負けちゃいないぞって思ってたりするんで。ただ、今の私は彼に対して堂々と「負けないよ!」とは言えない。創作がストップしてるわけですからね。けれど、今の私は、ガクトさん提供の音楽で、それをモチーフにして小説を書いてる。私に創作させる力を持ってるわけですから、彼の音楽を私も認めざるを得ませんわよ。うん。


で、楽曲、今作成中らしいけれど。かなり楽しみなんですけれど。待ってますよガクトさん♪


それにしても、また週刊誌騒がしてらっしゃるんですか?それは知りませんでした。まあ、正直、興味ないわけじゃないんですけど、わざわざ報道内容知るために奔走するのも、時間がないんでできませーん。


それにしても、まったく統一感のない内容となりましたな。まあ、本来の日記の書き方がそういう書き方ではあるんで、私にとっては至極あたりまえな書き方ではあるんですが。昔は日記といえばこんな書き方したもんでした。内容分けず思ったことの垂れ流し。まあ、好きに書いてくって宣言したわけですから、これでいいわけですけれどね。自分にとって一番読みたいものを書く、それが私にとっての「書く行為」ですから。これでいいのです。これがいいのです。これが一番なのです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。