スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息もできない夏(笑)

2012年08月28日 22:38

「酸素不足の金魚」!!そう、それだ、それだよ、ああ、すごいな。ちゃんと的確に表現ができる人ってすごい。なんて…「それくらいできんでどうする」なんて言われるかも。(笑)

今年の夏はほんと異常なくらい暑い夏だ。以前なら30度くらいでも「暑い暑い」と大騒ぎしていたはずなんだけど、35度以上がこう続くと、時たま30度くらいになると、ものごっつ涼しく思えてしまう。それくらい今年の夏の暑さは異常。で、私は炎天下、日中でも一番暑い時間に自転車に乗って出勤するわけだ。で、外に出るとなんだか息苦しいわけ。暑さのせいなんだよなあとなるんだけど、それを言葉でどう表現していいか思いつかなかった。そうなんだよ、南無さんの言う通りなんだよなあ、自分がほんとにアップアップしている魚みたいだよなあって。

それにしても、命日かあ…あの人の命日はいつなんだろうな。詳しい日付がわからないから勝手に「この日」って決めちゃってるんだけど。さて、その「あの人」って誰でしょー。ご想像にお任せします。(って、誰に言うとる誰にwww)
スポンサーサイト

嫌いとかそんな話

2012年08月27日 21:28

「いや、断定されても困るんですけど。私は嫌いな誰かであっても苦しめーとは思わないけどなあ。関係ない誰かのことでも心を痛めると同じで、嫌いな誰かのこともそんなふうには思えない。」っていうのは私がついったーで呟いたことなんだけど、あれはかいえんさんの発言を見ての発言だったんだよね。

『ふと思ったのだが、「戦争の悲惨さ」をいくら訴えたところで戦争抑止には繋がらないのではないか。なぜなら人間は自分の嫌いな奴がどんな悲惨な目にあっても一切痛痒を感じない生き物だからだ。』


まあ、書いてないだけで、全ての人間が、とは言ってないんじゃないかとも思う。たぶん「なぜなら」と「人間」の間に「ほとんどの」という語句があるんだろう、と。だから、かいえんさんをどうのこうの言うつもりはない。ただ、少なくも私は、嫌いな人間が悲惨な目に遭ったとしても心を痛めると思う。私も人並みに「こいつ嫌いだなあ」という人物はいる。でも、その人がとても悲惨な目に遭っているとかを想像してみても、どうしても「ざまあみろ」とかそんなふうには思えないんだよね。それはなんでかと考えてみて、私が誰かを嫌うっていうのは、その人が私より何らかの形で上に立っているからなんだろうと思う。もちろん、性格も生理的に受け付けないからっていうのもあるんだろうけど、それだけで「不幸になれ」なんて思わないんだよね。変な話、もっとももっと幸せになってもっともっと私に嫌われてほしい、なんて思ってしまうみたい。まあ、ある意味、私の「嫌い」は、どこかの誰かにとっては「本当の嫌い」とは違うのかもしれないなあとも思わないでもない。

読んでるよ?ほんとに?

2012年08月25日 17:33

わっさーさるべーじの続きをやっとこさやろうかという気になったのだけど、そんな中で自分のこの記事をリンクしてぶつくさ言ってた発言を見つけた。今だから言えることなんだけど、あのランキングはたった一人の人の反応を待っていたものだった。他の人が反応してくれないことはまったく気にしてなかったし、そりゃまあ誰かランキングに参加してくれればそれはそれで嬉しくもあったけれど、そもそも感想がほしくてやったことではなかったんだ。すべてはある人へのプレゼントのためにやったこと。その人がランキングしてくれたものを本にして、そしてそれをその人にプレゼントしようと思ったというのが真相。それが、結局、その人はランキングに参加してくれなかった。もちろん、直にその人にランキングに参加してよと言えばすむことではあるんだけど、そうじゃなくって、私はサプライズがしたかったわけ。だから、その人に声をかけるわけにはいかなかった。ただ、このことがもとで、その人は私の書いたものをほとんど読んでいないんだなあと思い知ったわけだ。以前、私の書いた物なんかまったく読んでないと仲良くしていたはずの人が私に捨て台詞を残していったんだけど、その人ももしかしたら日頃は私にいい顔をして「読んでるからね」と言っていたのかもしれないなあと、そんな疑心暗鬼に囚われてしまった。私の書いたどんなものも好きだと言ってくれたその人。本当はそうじゃなかったのかもしれない。まあ、それも自業自得なことなんだろうな。なんかもうどうでもいいや。

とあるサイトが閉鎖してた

2012年08月21日 22:38

15日が過ぎたので、少し心に余裕ができて、でも何かを書くという気にもなれず、ずるずると時は過ぎていった。わっさーさるべーじもちょっと投げて、ついったーもログインしてざっとタイムラインを眺めるくらいで、ほとんど発言せず、でまあ、さっき、何となく「あの人どうしてるかなあ」と、まさかフォロワー外れたんじゃないだろうかとドキドキしながら見てみたら、ちゃんとフォロワーリストに載ってた。でも、6月で発言が止まってる。てか、いつの6月だろうか。何年って出ないからなあ。でもまあその人サイトやってるし、そっちの掲示板とか確認すればいいか、なんて軽い気持ちで、プロフィールに記載されているURLをクリックしたら、サイトが閉鎖されていた。しばらく頭真っ白。閉鎖されてるなんて思いもしなかったから。なんでだろう。たとえ動きがなくても閉鎖されることはないだろうと思い込んでいたんだけど。放置しているのがイヤで閉鎖する人はいる。でも、それでいえば、私のサイトなんて何度も閉鎖しなきゃならないよなあ。

ネット上で知り合った人なんて、たとえリアルで会ったとしても、結局は泡沫の繋がりなんだなあと、そんな虚しさを感じてしまった。わかってたことなんだけどね。時々忘れてしまうんだよね。こちらが積極的に繋がりを持とうと努力しない限りは、そんなもんだ。だから、せめてたった一人だけでも、「この手」は離したくない。そういう人が今の私にはいる。ネットで知り合った関係だったとしても、ちゃんとした現実の繋がりとして、私は決して「この手」だけは離したくない。もちろん、それを相手もそう思ってくれたなら、なんだけどね。もう無理強いだけはしたくないから。大丈夫、「この手」はちゃんと自分の意思を伝えてくれるから。もし、私を離したいと思ったとしたら、ちゃんと。

余裕はないけどツブヤク

2012年08月12日 22:44

アクセス解析はつけてないんで、訪問者リストとはてブくらいしか足跡を知りようがないんだけど、ずーっと動きがなかったはてブの新着に動きがあってなんなんだーと思った。消毒さんの名前出したから、もしかして消毒されたのかってワクワク(爆)したんだけど、違ってた。誰がブクマしたかわかり過ぎるくらいにわかる記事ばかりブクマされてたし。つか、こんな気軽な感じでエッセイブログのほーも更新できりゃいいんだけどねえ。まあしょうがないか。今は精神的にエッセイ書く余裕はないもんなあ。あ、でも、エッセイブログもツブヤキカテはあった。それでもあっちのツブヤキはちょいと敷居が高いんだよねえ。うん。(笑)

消毒されたいwww

2012年08月10日 10:20

わっさーが終了するという話を聞いて、ただいま急ピッチでサルベージ作業しているところなんだけど、2008年に消毒さんの記事をリンクしてた。

「takoponsの「型」のこと - 消毒しましょ!」

この人にここまで言われるtakoponsさんに嫉妬した記憶がある。
私なんか、その「まともな日本語すら書けないバカ」なもんで、別HNでコメント(はてブでだけど)を消毒さんにつけた時にバカというか、アホ呼ばわりされたよなあ。www
ただ、今思うと、その時の消毒さんのコメント、ちょっと「しょうがねーなーこいつは」という優しさを感じないこともない。(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。