スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夢は諦めないで」

2012年11月19日 09:53

ついったーで、趣味が自分のブログの過去ログを読むことってツイートしてる人がいて(笑)、あら、私と同じ趣味だわねーと思った今朝です、おはようございます。(って、誰に言うてる誰にwww)

森光子の言葉「明日は明日の風が吹く。夢は諦めないで。必ずやり通せるから、信じて下さい」

森光子さんが亡くなって、彼女が残した言葉なんかを聞いちゃったもんだから、またしても悪あがきしてみようかなあと思ったけれど、そのためには書きたい物がないとなあと思ってたら、あらまあ不思議、過去日記の中に書きたくなるようなエピソードを見つけた。なので、今はまだ予約投稿のために読めない記事だけど、その日記の一部は小説化するために削除した。私ってけっこうそういったゲン担ぎをしてしまうところがあり、またしても夢を見始めている、来年こそはトップを、と。

話変わって、私の萌え話なんかをちょっと。(笑)

本の処分の為にまだまだ読み返しは続いてるのだけど、その中で読み返していたかのテニスマンガを描いていた人のとあるマンガ。そうだよなー、これ好きだったんだよなー。主人公の女の子は14歳。当時の私もそれくらいで、とにかく、今でいうところの「萌え~」となっていた。つまり、私もこんなふうになれたらなあと。14歳の女の子と27歳の義理の父親との恋愛物。今じゃそれくらいの年の差なんてヘでもないんだろうけど、当時はやはり衝撃的で。だってさ、自分が中学の時の理科の先生、奥さんが実は教え子だったと知った時は、ほんと妄想炸裂だったもの。(爆)先生たちのその恋愛ストーリーを脳内で作り上げてさー。私ってそういうヤツだったのさ。(笑)あと、その禁断の愛のマンガには続編があって、そのどっちでも描かれている内容は後の私の小説に多大なる影響を与えていた。やっぱ私って子供の頃に読んだものすべてを参考にして物語を構築していったんだなあ。

もうすぐ環境が変化する我が家だけど、何とかいろいろ書ければいいなと思う。そうなることを祈りたい。
スポンサーサイト

官能小説

2012年11月06日 11:08

今朝のテレビで今ハリポタ超えの爆発的な人気の官能小説があるんだってやってた。超お金持ちの青年と女子大生の純愛ものらしいんだけど、それだけで言うと、なんかハーレクインみたいだよなあと思った。ただ、それだけじゃなく、官能物でもあるから、ただの純愛恋愛小説ってわけじゃなく、主婦層にウケてるということもあって、マミーポルノと言われてるんだってね。なんかさー、私も似たようなもの書いてたんだけどね。投稿して一次だか通過した例の官能物小説を知ってる人がいたらわかるとは思うんだけど、同じようなSMプレイもある官能物。けっこうそういうのって需要あるんだよなあ、やっぱ。まあ、私も書いてて楽しかったし、私のも純愛物でもあったし、ああいったものって読みたいと思う人も多いんだろうな。ただ、私はその主婦みたいにはなれなかった。そんなに私のが良くなかったとは思わないし、私はそういうのの運はないほうじゃないかとも思ってるんで、多少の嫉妬はあるとしても、最近ではもうほとんど諦めの境地。なんでも持続させるってことは大切だとは私もわかってるんだけど、なかなかね、持続させるのは難しい。私もだから、これ以上小説を書き続けるのはつらいなあ。まあ、そんなだから大成できないんだろけどね。こんなことガクトさん聞いたらケリ入れられそうだにゃ。いや、それさえももうしてもらえなくて、見限られちゃうかも。はあ。

昔、作家になるために頑張ってた人たちとの間でトラブったことがある。書くのがつらいと言っていた彼らの気持ちがわからなかった私だったから、それはもう避けれなかったトラブルだったんだけど。今の私を彼らが見たとしたら、ほれ見たことかと思うだろうか。それともやっと自分たちの気持ちがわかるようになったかと言われるだろうか。それはわからない。ただ、私は実は今でもあの時の彼らの気持ちはわからない。私の書けない苦しさと当時の彼らの苦しみは違うように私は思ってるから。彼らは今どうしてるかな。作家になった人いるかな。懐かしいと思う資格はないかもしれないけれどね。さて、そろそろ出勤の用意。仕事頑張ってこよっと。

某学園探偵団のおはなし(爆)

2012年11月02日 23:04

残が嫌だ。フェミニストの意味はあんまりわからないのだけど、女性全てに優しいなんて、そーゆーの気に食わない。ただ、そういう全ての女性に等しく優しく気に掛ける男が、たった一人だけを特別に想うというのにはそそられる。女はそういうその人の「たった一人」を夢見るから。まあ、女がすべて私と同じように思うかとはさすがに私も思わないのだけどね。そりゃもう断言すんなと私自身が日頃から言うてますので、何言っとんじゃわれと言われるのがオチ。

それにしても、残を見てると、某常春の国の少年国王みたいだよなあと思ってしまうのは私だけ?www



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。