スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壮絶な生き様

2012年12月25日 10:18

清水玲子さんのジャックとエレナの話はけっこう好きだった。考えたらロボットとはいえこの二人だとついBL話として見てしまいがちなんだけど、私は生粋の腐女子ではなく、やはり男の子と女の子の恋愛話が好きなんで、いくらエレナが女と見まごうほど美しく無性で女でも男でもないとはいえ、やっぱ男にしか見えないんで、どうしてもジャックにはルイスちゃんといい関係でいてほしかったなあと思ってしまうのであります。(笑)

と、前ふりはここまでで。(笑)

「竜の眠る星」の最終巻のラストで、こんな記述がある。

『もともと人間は100年以上生きられないんだ。もしたとえそれ以上生きられたとしてももう何も得るものはない。人間はもうその重みに耐えられなくなる。過去の重みをひきずってもう前へ歩けなくなる。人と別れることに。人を愛することに。人を裏切ることに。100年も生きるともうすっかり疲れ果ててしまう。でもおまえは生きていかなくてはいけないんだ。モニークのことを忘れても。セレツネワのことを忘れても生きていくんだ』


エレナは高性能万能ロボットであるがために死なない。星に隕石が落ちて生物が絶滅してしまい、猛毒ガスが充満した惑星の上でも生き続けることができる。そんなロボットであっても、人と同じく感情はあり、精神が崩壊してしまいそうなダメージを受けてしまうこともある。でも、人間であったら、それが原因で気が狂ってしまえたり、死に至ったりして逃げることもできるけど、ロボットであるエレナは死ねない。壊れてしまえば物理的な死は手にいれることはできるだろうけど、人間と同じく感情は当たり前に持ってるわけだから、人と同じように自ら死にたいとは思わないだろう。というか、人間がなぜロボットを作ったかという意味を知れば、生き続けるように仕向けられているわけだ。つまり、人間の「生き続けたい」という欲求のもと作られたロボットであるから、やはり生き続けなければならないわけで。だから、エレナはその生き続けるということのために、防衛策として、「忘れる」機能が備わっているわけだ。

人間にとって忘れられてしまうことこそ恐ろしいことはない。まあ、人間にとって…とは書いたけど、忘れられたいと思っている人だっているだろうから、私に限り、誰かに忘れられることは死に等しいと思ってたりする。だから、エレナを好きだったモニークがエレナに忘れ去られることは辛いことだろうと思う。もっとも、そう感じるまでもなくモニークは死んでしまうわけだけど。死んでしまったら、忘れられることもつらいとは思わないだろうけどね。

それにしても、たとえば私がエレナのように若く美しく超能力まで持った上に永遠に生き続けることができるとしたら、今の自分としては願ったり叶ったりだろうなあと思う。確かに、エレナの壮絶な生き様を見てると果たして永遠に生きることがいいことなのかどうかは疑問ではあるし、ジャックが言ったように永遠に生き続ける上で積み重なっていく記憶や過去が耐えられなくなるいつかが来てしまうことも本当だろう。だからこそ、もういいやって思えた時にちゃんと死ぬことができる永遠の命が「究極の永遠の命」なんじゃないかなあ。そういうのもあっていいんじゃないかと。もちろん、超ワガママな願いであることは承知の上で、だけど。

ま、そんなこと考えるだけで、実際には宝くじに当たる事よりも無理な願いであるんだけどね。ただ、考えるだけ、願うだけはタダってことで。( ̄▽ ̄)
スポンサーサイト

此処を選んだから

2012年12月15日 16:41

篠原正美さんのゴグとマゴグのお話のあとがきで書かれていた言葉「君は実は人間ではない。私たちは仲間だ。迎えに来たんだ」と問われて「あなたならなんて返事しますか?」というのを考えてみて、子供の頃、特に中学生や高校生の時だったら迷わず連れて行ってもらっただろうなあと当時の私は思った。これを初めて読んだのは初版が平成5年だったから、すでに結婚もして息子も生まれ、手術も終って、とりあえず何とか穏やかに過ごしていた頃だろうから。もっとも、今よりはすこーしばかりつらい日々を送っていただろうけど。特に仕事のことで悩みを抱えていた頃だったろうから。今の私はどうかな。まあ、まだ今は死に対して恐れを持ってるんで、もしかしたら連れてって欲しいと思っちゃったりするんだろうけど、さすがにね、この話が本当ならすでに生娘じゃない私は声すらかけてもらえないだろうけどさ。(笑)

子供の頃は自分が普通の人間であることが嫌だった。物語の主人公のように生きたいと思ってて、普通に学校に行ったり、普通に生きていくのが本当に嫌で、誰かどこかに連れて行ってほしいと本気で思ってて、毎晩のように窓を開け放って、エドガーが迎えに来てくれるのを、マークがやってくるのを、宇宙船が舞い降りてくるのを待ち続けたものだったけれど。でも、結局は私は普通の人でしかなく、今はそれでもいいやと思うようになっていった。ただ、死ぬ時に痛みがなかったらいいなあというささやかな願いだけで、普通に生きていくこともアリかな、と。夢や物語で疑似体験することで非現実を楽しむ術を知ったからというのもあるんだけど。夢や物語は現実で体験するにはかなり大変な事だということに気づいたというのもあるからなあ。夢は夢のままがいいんだよ、と。

そんな感じで、私は物語を楽しむことを選んだ。まだまだ楽しませてくれる作家さんがいるんで、なかなか自分が書こうと思えないのが玉に傷ではあるけれどね。

自殺は逃げか?

2012年12月08日 21:42

昨夜の夢は悪夢とまではいかなくても、あまりいい夢じゃなかったなあ。何かの組織みたいなものに狙われて逃げている夢だったんだけど、かくまってくれそうな場所の女主人みたいな人が死にそうな目に遭ったりして、まあ、なんかのサスペンスドラマみたいな夢を見てた。もしかしたら、ここ数日読み返しているJETさんの描く金田一耕助シリーズのせいだったのかもしれない。何となく夢の雰囲気がそんな感じだったから。

その中で「女怪」という作品があるのだけど、これ、けっこう好きな作品。男の暴力のせいで人生を狂わされていく美人女の話で、やっと愛しい男とやり直せるという掴みかけた幸せを前にして、最後にどんでん返しな秘密を知ってしまい、自ら死んでいく。金田一はこの女に思いを寄せていたのだけど、彼女の最期を知った後、心配する等々力警部にこう手紙に書いている。

「御心配なさらないでください。僕は決して自殺などしないから。もうしばらく放浪してから帰ります。──ではいずれその節」


金田一はこの作品でも他の作品でもほとんど救いたいと思う人を救えない事が多い探偵だ。そのたびに彼は苦悩し、自分の不甲斐なさのせいで殺されていった人たちに対して、きっと申し訳ない気持ちでいっぱいだったろうと思う。それこそ死んでしまいたいと思うほどに。それでも彼は「自殺はしない」と心に決めていたのだと思う。

自殺は逃げだと書いている人がいた。その人の「馬鹿野郎」という言葉に、痛々しいほどの辛さを感じた。考えるなとは言わない。私だってその誘惑に駆られた過去を持つから。けれど、私は死ななかったし、その人も自ら死ぬことはないだろう。ただ、そう思っていたとしても、状況によっては不幸にもそうなってしまうことがないとは言えないことはその人だってわかってるだろうし、私も死なないと言ってはいても、あまりにも長く続く痛みに晒された場合、負けてしまうかもしれない。それでも、そう思っていたとしても、やっぱりその人も私も「自殺は逃げだ」と言い続けるだろう。誰に対しても。自分自身に対しても。

悪夢

2012年12月07日 22:48

昨日の夢には出てこなかったけど、一昨日の夢にガクトさん出てきたよ。なんか、PVに私も出演するからってリハーサルしてる夢。最近ではガクトさんが夢に出てきても、例のドラマの主人公が見るようなドキドキするような素敵な夢って感じじゃなくて、なんかリアルでねー、ドキドキとか切なさとは無縁なんだよね。昔は、ガクトさん出てくると目覚めてからも切なさ炸裂で、一日頑張れる~となったもんだったけどねえ。

とある人のツイッターのお気に入りに私の昔のツイートが登録されてて、それがさーなんかねー、あらーこれって偶然なんだろーけど、なんだかプチシンクロだよなーという語句が出てきてた。それが「悪夢」今ガクトさんが出演しているドラマもこのタイトルだよね。まあ、だからといって、あのドラマのタイトルが、だからその語句になったとは、まったく関係はないんだろうけど。そもそも、あのドラマを作ったのはガクトさんじゃないし。ただ、夢というテーマで進められるあのドラマで、夢は現実を生きていくために楽しむものという私の考えと、主人公の考えは合致してて、私はどっちかってーと主人公寄りの考えの持ち主だからなあ。それは夜に見る夢しかり、そうじゃない夢にしかり。夢は叶えるためにあるというガクトさんではあるけれど、夢は叶えるもんじゃないよなあという考えである私としては、やっぱり夢は現実を生きていくための原動力でしかない。だからさー、夜に見る夢、もっとドキドキや切なさやトキメキを感じさせてよーって思うんだわさ。なかなか、ドラマの主人公みたく、夢を思い通りにはできないんだけど。

ということで、私のそのツイートは「(前略)どうか私の夢も悪夢ではなくガクトさんが出てきてくれることを祈って、私もそろそろ寝ます。」っていうのでした。約2年前のツイートです。(#^.^#)

届いてますよ(笑)

2012年12月05日 23:23

ガクトさんの新曲、まだゲットしてないんですけど、この間ヘイヘイヘイで歌っているのを聞きました。で、気がついた。今から10年前の今日だったなあーと。いや、別にガクトさんの歌は関係ないんですけどね。(笑)
さっき、他のブログを更新して、ガクトさんの歌を聞きながら更新したんだけど、あ、そういや、今日って…となったんですよ。私がいかに大馬鹿野郎だったかってーことを思い出す日ということで。毎年毎年、今日という日を苦い気持ちとともに。

「泣きながらわめきながら屍になりながらでもきっと此処に辿り着いて来い。僕らはしっかりと君を抱きとめてやるから他の奴など捨てておけ」


そう言って叱咤激励した人もいたなー。他の人のことを書いたつもりが、別の誰かを深く傷つけてしまって、人には決して触れてほしくないことがあるんだということを痛感した出来事。けれど、私はそれを気づけない人間だった。そんな私が何かを書くことは、実はとても恐ろしいことなんだと頭では理解したけれど、それでも私は書くことがやめられなかった。今はいろいろな事情で書かない日々を送ってはいるけれど、本来の私はやっぱり「書きたい人」なんだよなーと。そりゃそうだ。これだけ自己顕示欲の強い私が書きたくないはずがないもの。

あの時に書いた友人の言葉を肴に、私にはそんな言葉を投げかける相手はいないと言い切っていたけれど、今の私にはそう言える誰かが存在するようになった。それはあまりいいことじゃないかもしれないけれど、私も人の子であって神様なんかじゃないもの。ただ、あの時、あの人のあの言葉を引用しなければ…という後悔はずっと抱き続けている。もっとも、そうしなくてもいずれは訪れるはずだった私達の関係の末路。それが早いか遅いか、あるいは、うやむやのうちか、決定的かの違いというだけで、人と人の繋がりなんて、当人たちの思い通りにはいかないものなんだよなーと後に思い知ったものだった。結局はそれ以降も何人もの人たちと似たような別れを経験していくわけだから。

あの頃、本当にガクトさんには救われた。その歌に、そのキャラクターに、その声に。ガクトさんがいなかったら、私はもっとずっとひどい状態になっていたと思う。だから、私はガクトさんという存在に固執する。まあ、最近では少しづつ離れていってはいるけど、以前よりは依存してはいないというだけで、やっぱり今でもガクトさんは大好きだし、私にとっては彼の声は神声だしね。

元気です

2012年12月03日 21:59

巷を騒がせているトンネル事故。亡くなられた方、すべてがかわいそうなことではあるんだけど、どうしても私はトラック運転手の方に思い入れを感じてしまった。本当のところはわからないにしても、たぶん、他の方は何が起こったかわからないうちに亡くなられたんだろうと思う。けれど、トラック運転手の方はしばらくは生きていたんだよね。会社に「助けてくれ」と電話をかけてるんだから。だけど、死にぎわに、自分はやっぱり死んでいくんだなーと自覚しつつ、死んでいったのだと思うと…年齢も近い、うちの旦那様もトラック運転手、どうしてもうちの旦那様と重ねてしまって、もしかしたらうちの旦那様も…と思ってしまって…亡くなられた運転手の方にもし奥様がいたとしたら、やっぱりつらいよなー。もしかしたら私も…なんて考えちゃって。

そんなことを思った今日この頃。同居生活始まってます。元気です。(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。