スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まああれだ

2013年04月09日 10:16

記事の完成度なんざ考えずにやれば書けることは書ける。(笑)
ということでれっつらかきこ。


『全部読めていないです。

言及の仕方も中途半端です。

ごみエントリーとよく言われます。。。』


これ読んで「そうだよなー」と思った。
わたしもサブアカそれぞれのアンテナにたくさんブログを登録している。それこそ、わたしも確かに全部読めてない。言及もしたいと思いつつできてないし、書いた記事がゴミだってどっかで言われてるだろうなあという自覚はある。でもなー、読めないにしても「ああ、このブログはおもしろそうだ」と思ったことも確かで、だからこそ登録していつか読もうと思ったことは間違いないわけで。これが、まだ無職だった頃だったとしたら、全然読めてたんだよな。仕事始めた頃でもまったく読めないわけじゃなかった。ただ、今はほんと仕事忙しくなってしまって…まあそれでも時間取ろうと思えばできないわけじゃないんだけど、なかなか昔ほどの情熱がなくてねー、とはいえ、こんな感じで精髄反射で書いちゃえる時もたまーに出てくるってことで、まあそのなんだ、まだまだ書けないわけじゃないんだなーと。ま、だからといって他人に有意義なもんはご披露できませんが。
スポンサーサイト

ということで…

2013年04月08日 11:00

時間なっしんぐだけど、リンクする。(笑)

えふけーさん(あらなれなれしいwww)がなんでわたしのグループダイアリ用のIDをお気に入りに入れてたのか知らないし、もしかしたらえふけーさんの書いた物に過去に言及したことあったかもしれない。ないかもしれない。それはわかんない。ただいま2006年を読み始めたわけだけど、キリのいいところでというわけにはいかなさそう。もう出勤が近いから、とっととこの記事書いてしまおうと思ってるし。

つか、えふけーさんの言及先のLさんの記事ももしかしたら過去取り上げて自分語りしたようなしなかったような。もうグダグダだな。(笑)しょうがないよね。最近では忙しくて自分の書いたもの読み返すヒマないし。だから、同じ記事取り上げて同じようなことまたグダグダ書くかも、だけど、それでもいいか。自分が書きたいと思ったから書くっつーことで。

でもまあ、別に何か目新しいこと書こうと思って書くわけじゃない。こんなもん読まされる誰かさんに申し訳ないと思いつつ、まあ、いっか、ここはわたしが好きに書く場所だから。

えふけーさん、根性なしだって。それ言ったらわたしもそうだよな。クリックされるようなタイトルなんて書いたこと…あったような気もするけど。でも、書いても別にクリックされなかったような気もしないでもない。ああ、そうだ。エロ関係の語句はクリックされる率は高かったような。あと、わたしじゃなく、恋愛話とは無関係そうな人が恋愛関係のタイトルつけてたりするとか…その人、自分のブログで一番のアクセスが恋愛関連の話で、不本意そうだった覚えが…さて、それは誰でしょー。(笑)

さて、タイムアウト。

最近仕事が忙しすぎて帰るのが遅いから、PC立ち上げることできないんだよね、風呂入ってご飯食べたらもう寝る時間、だもん。鷹の目さんほどじゃないけれど、わたしなりに忙しい毎日なのだ。お互い頑張ろうね。って、ここに書いても鷹の目さんには届かないか。今度メールしてみるかな。

価値観かあ

2013年04月06日 22:03

『昔、Microsoftのなんとかという人が、石碑や書籍・紙に書いたものは物理的に壊れない限り半永久的に残り、メールやデジタル文書は削除・消去できるために歴史的価値がまったくないといった書き物があったのを思い出した。


そんなことを考えながらblogを書いているのはいささか微妙な感じでもある。』


と、ただいま完読真っ最中のブログで書かれていた

そういや、過去日記ブログでは今までノートに書いていた日記をブログに転載して今のわたしが語るってことしてたし、ここノイズの場所では昔ヤフーの掲示板で書いたわたしのコメントの原文(当時は常時接続じゃなかったんで、接続切って紙に書きたいコメントを書いてから、それを掲示板に書き込みしてた)をチョイスして転載してから、そのメモ書きを破棄したよなあ。それって紙媒体のものをブログというかウェブに書いているという点で、そういうのを微妙に感じてたらなかなかできない行為だよね。ただ、わたしは別に紙媒体よりもウェブというわけじゃなく、むしろ、ウェブで書いてきたことによって、過去に何度も自分の書いたものを消されてしまっては痛い思いをしてきたわけで、どっちかってーとわたしはウェブよりも紙媒体重きを置くほうだ。とはいえ、ではなぜウェブに掲載してしまうんだろう。まあ、ウェブでっていうのは、なによりもキーボードで文字を書くのがわたしは性に合ってるわけで、こういう書き方が一番わたしにとっては自然体でものが書けるというだけに過ぎない。そりゃできれば紙に文字で書きつけられればそれに越したことはないんだけど、いかんせん、もうわたしはこういう書き方でしか思うように自分の考えを残すことができないんだよね。はあ…こんなふうに紙に書けたらいいんだけどなあ。

つか、さすがにもう寝る時間になってきた。まだまだ続きはあるんだけど…もう少し先を続けようか。でも、またこんなふうに何か書きたくなったら…まあ、その時はその時だ。


追記・第四者の目だって。さしずめわたしも第四者だなあ。

とりあえず2005年まで。続きはいつになるか未定。

某所にて

2013年04月06日 21:07

「ここまで見てくれた方は物好きですね。。」何だかわかんないこと書かれていてもついつい読んでしまうのってあるよね。まあ、まだ先は長いのだけど、この人の記事がずっとこのままであればすぐに完読できそうだよねえ。できれば寝る時間までに読み切りたい。(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。