スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に小説更新してみて思ったこと

2013年05月24日 11:20

昨日は久しぶりに小説の続きを書いてみたのだけど、18禁小説のアカウントにログインしてみて、そっちの小説にお気に入りだった作品を登録更新してみた。そしたら、コメントがきていて、その人はわたしの更新不備を指摘してくれてたんだけど、ちょっと感動しちゃったね。まあそれだけ完全な形として読みたいって思ってくれたんだろうけど。他にも何人も読んでくれた形跡はあったけど、たった一人だけが声をかけてくれた。こんな、才能のないわたしの書いたものでも楽しみにしてくれてるんだなーと、やっぱ小説書くのもいいもんだよなーと思った。てか、今の時間ないしー。そろそろ出勤準備入らないとー。

ただ、思ったんだけど、全年齢指定の小説はやっぱ感想なんてもらえない。年齢制限のものだと閲覧は多いし、感想もけっこうもらえるとしたら、どうしてもソッチ系統の小説を書けばかまってもらえるんだろーなーと思ってしまって、それもなんだか悔しい気がする。つまり、ブログの内容も色っぽいもん書きゃ人は構ってくれるのかなーって。まあ、実際、恋愛話は食いつきいいもんなー。いや、まあ、このキャラでの恋愛話は相変わらず誰も相手はしてくんないんだけど。(笑)

結局、他の人の場合はどうあれ、わたしの場合はこっちから誰かに突っ込んでいかなきゃ振り向かせることはできないわけで。わたしが淡々と何か書いていたって、誰も「ずっと読んでましたー」なんてことは今までそんなおいしい話はなかったもんなー。こっちがリンクなりなんなりして言及するようになって、それでやっと興味持ってくれて、それからの関係って感じで。で、こっちが興味持たなくなりゃ、相手も興味なくしてもう二度とわたしの書いたものなんか読んでもくれない。とまあ、ちょいとグチでした。まああれだ。それはそれでいいよね。何書いたって誰の反応もなきゃ、好きにいろいろ書けるってことだもんね。

やば。もうやめなきゃ。遅れちゃう。じゃ、元気だったら夜にまた。ここか別の場所で。(笑)
スポンサーサイト

バイク用のエアバック

2013年05月12日 10:38

ずいぶん前の記事なんだけど職場の上司の息子さんがバイク事故したという記事を読んで、今朝のガッチリで見たバイク用のエアバックがあったら、記事に書かれていた怪我をされた人も障害が残るってこともなかっただろうになあ。まあ、ほんとにその後、障害が残ったかどうかはわからないのですけど。

黄金頭さんもバイク乗るらしいんですけど、わたしも昔はバイク(原付ですが)乗ってました。わたしは普通免許は持ってなくて原付免許なんですが、もう乗らないとはいえ更新だけはしてます。まあ、身分証明書代わりなんですけどね。わたしも事故してからしばらくは乗ってましたが、以前の仕事を辞めてからはまったく乗らなくなりました。わたしには事故を起こしてしまう可能性大だってことがわかったから。それがたとえ車だったとしても、わたしは事故からは無縁とはならないんだろうなあ。やっぱ運転能力ってまったくナッシングな人もいると思う。絶対乗っちゃダメって人が。そういう人はどんなに車が必要だからといっても、乗らないほうがいいんだと思うな。事故って自分だけじゃなく相手がいる場合はホント取り返しのつかないことになるもん。

その花は…

2013年05月01日 22:53

グループ日記に書いた「反則」っていうのはただの言葉のあやで。彼がその花を掲載したのはただの偶然。その花がわたしと彼女の想い出の花であることは彼は知らないし。だから、わたしが勝手にくりりんしてるだけなんだけど。それでも、今でもその花を見ると胸に微かなうずきが…昔はもっと痛いものだったけれど、今はだいぶやわらいだ。それに、こんな気持ちでいるのもわたしだけであって、彼女は思い出すのも嫌だと嫌悪しているだろうしね。それにしても。その彼女を思い出すと、その頃に仲良くしてくれてた人を思い出す。私を通じて彼女が仲良くなった人ではなくて、別の接点から仲良くなった女性。文学や音楽に精通した人形作りを趣味としていた人。あの頃お付き合いのあった詩人さんを通じて仲良くなった人なんだけど。もうどれくらいその人と接触してないんだろう。まだ10年は経ってないと思うけど、仕事しだしてからはまったく連絡取ってないから、8年以上になるね、話を交わさなくなってから。わたしとの約束はもう果たされることはないんだろうな。別にいいけど。彼の人形作ってくれるって言ってたけどさ。その彼のことも今はそんなに執着ないし。

いろんな人がわたしの前を通り過ぎて行ったなあ。そのほとんどが今ではもう過去の人。現在でも付き合いのある人は鷹の目さんくらいのもんか。エッセイブログで知り合った人はまだ新しい付き合いだから、そっちで知り合った人は通り過ぎて行った人にはカウントしないんだけど。あそこであのキャラで書くようになる以前に付き合っていた人たちはもういない。どこかに存在していることは確かだけど、もう見つけようがない。わたしはあそこに…ネット始めて最初の拠点であるあのサイトにずっといるから、相手が接触したいと思えばいつでも前の関係に戻れるんだけど、今はもう誰も接触してこようとする人はいないよね。まああたりまえなんだけど。こんなわたしじゃそりゃ無理もない。とりあえずは書きかけの物語を完結させること。それだけを考えなきゃならないんだけどねえ。あああ、もう5月になってしまった。なんとなく焦ってきた。でも焦ったって、気力が出ないんだからしょうがないよね。楽しく書けなきゃ読んでもらう誰かにも楽しんでもらえないわけだし。最強最悪全巻を読んで、書く方向性が決まったと思ったんだけど…またしてもあやふやになってきてるし…わたし自身に強い何かがないと書けないみたいだなあと気づいちゃったもんだから…困ったよなあ。これ以上、今の幸せを壊したくないんだもん。静かにダラダラと生きていきたい。そう思うとね、小説って書けないもんなんだなあと。だから書けないんだろうなあって思うから。

でも今年もまたあそこに投稿しちゃうんだろうなあ。書きたいテーマ出てきちゃったし。でもそれもまた痛い話なんだよなあ。問題提起な小説はもう書きたくないんだけど。どうしても、あそこに投稿ってなるとそういったテーマのもの書かなきゃって強迫観念みたいなものがあって…ほんと困ったもんだ。はあ…。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。