スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだよくわからないんだけど

2005年12月03日 08:05

差別はダメ、区別は必要。
私が犯罪を犯さないのは、差別が怖いというのもあるかもしれない。


もっとも、私は群れるのが嫌いで他人に干渉されるのが嫌いなところがあるから、だからグループで行動することができないのだけど、それは最初からどこかに所属してなければ何か事が起きたとき(たとえば和を乱したとか)村八分にされないというのも理由の一つだと思う。


一人であれば、誰にも後ろ指指されないし、気楽でいいと思うんだけどねえ。


一般人と犯罪者を一緒に住まわせるっていうのは、それが本当に更生に繋がるのかどうかは私は疑わしいと思ってる。って、更生に繋がるから社会生活をさせているのかどうかは知らんけど。
なんつーか、私は臭い物には蓋をというのは嫌いではあるんだけど、でも、凶悪犯罪の場合は隔離されたほうがいいんではないかい?と思うてるのですわ。


それは差別ではなく、区別。


人はなかなかね、異質な存在と共に一緒にいられないものだと思う。互いに攻撃し合うのがオチで、どうしても理解はできないんだとね。
そうであれば、住み分けっていうのは必要になる。それは区別ってことで差別とは違う。何でもかんでも受け入れてしまうっていうのも、また危険なのかもしれない。受け入れられる人ばかりじゃないもの。ほとんどが受け入れられない者たちばかりだとしたら、犯罪者の社会復帰はこれからも難しいような気がする。


差別をしないための区別っていうのは必要なんじゃないかな。


てか、犯罪を撲滅したいというなら、犯罪を安易に起させないように「罪を犯したら未来はないと思え」という事を分からせることも大事だと思うけどな。ぶっちゃけ見せしめは効果的なんじゃないかなあって。
もちろん、どんなに見せしめを知らしめたって、人間追いつめられたら何を仕出かすかわからないんだけどねえ。だけど、多少でもストッパーになるとしたら、やらないって手はないと思うんだけどなあ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。