スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空気読めよ」という言葉

2006年03月06日 21:14

嫌われている証拠を見せて


なんか、これ読んで目からウロコ。


 例えばよく目にする『空気が読めない人は嫌われる』
 空気ってどんな空気でしょう?どこで、どんな事実について、何人の人が、そしてその割合はほんとうに大多数だったのか、お互いにその誰かを嫌っていることを確認しあった上で述べているのか?ただあなたがあなたの都合に悪い人や疎ましさを感じている人を嫌いなだけで、それをまるでみんなの気持ちを代弁しているように見せかけているに過ぎないのでは?それともどこかで談合でもしているのでしょうか?一度も招待されたことがないのですが。

白状するけれど、昨日上げた記事でいっこ消したのがある。それにはまさに私がある人に対して「空気読めない人」とレッテルをはったことを書いたんだけど、もしかして空気が読めないっていうのは、その人以外の人すべての人の心が同じでなけりゃ言えないってことなのかな。


たとえば、その人に私はイライラさせられてて、それをバシッと言えないからそれとなく他の人とは違う対応をした場合、察しのいい人ならば「あ、自分ってもしかしたら嫌われてる?」と気付くんだろうけど、気付かない人もいるわけで。だけど、それは私一人がその人に対してイライラしてるってだけであって、他の人はどうなのかはわからないんだよね。まあ、一人くらいは「あの人にイライラしてるのよー」と仲のいい人に打ち明けてて、その打ち明けられた人も「私もあの人好きじゃない」となってるかもしれないんだけどね。けれど、すべての人はそうじゃないわけで。
そんな時にその人を「空気の読めない人」とは言えないってことかー。なるほどなー。私もまだまだわかってないことが多いや。つーか、多すぎ?(^^;




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。