スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

届いている?

2006年03月07日 00:23

森岡浩之「夢の樹が接げたなら」


この記事で書いた「孤独なメッセージ」で検索をかけて出てきたもののなかで目にとまった。


「Message In A Bottle(邦題「孤独のメッセージ」)でスティングは群衆の中における孤独な自分と、同じように孤独な千億もの群衆があてもなく世界の「誰か」に向かって、壜に詰めたメッセージを海に流しているという壮絶な心象風景を歌った。
 こうしてネット上に日記(ブログ?)を書いている身でこれを言うのも妙な気分だが、森岡の「個人的な理想郷」とポリスの「孤独なメッセージ」が同じく描いた情景 ―誰もがみんな人とのつながりを求めてメッセージを送っているのに、どこかコミュニケーション不全に陥った断絶した世界に孤立しているように感じている― が、インターネット世界においてウェブログ(ブログ)が隆盛を極めている今の状況と重なっているように思える。

ああ、スティング!
私は彼の歌を聴くとなぜか涙が出てくる。


孤独でいたい。けれど誰かと繋がっていたい。
お願いよ。冷たくしないで。手を差し伸べてるのに。どうしてあなたは拒絶するの?
どうして私のメッセージを受け取ってはくれないの?


でも聞いてくれるだけでもいい。
ただ聞いてくれるだけで。
冷たい言葉を聞くくらいなら、私が流した涙と言葉と心の痛みをただじっと見つめてくれるだけで。
それだけでいい。


私は歌い続けるから。
冷たい言葉はもういらない。
慰めの言葉も同じくいらない。
冷たい言葉をビンにつめて空に投げるわ。
それは宇宙まで届いて、永遠に漂っていくでしょう。ゴミとして。いつかどこかの太陽に落ちていく日まで。永遠に。
慰めの言葉はビンにつめて海に流すわ。
それはどこまでも大海を漂い、いつか誰かの淋しい心に届くでしょう。優しさとして。いつか誰かを本当に癒す日まで。永遠に。


私はそれまで永遠にただ歌い続けるだけだから。私の歌声は誰のもとに届くか、それは神のみぞ知る。


コメント

  1. 水月 | URL | q.cDd3Yg

    聞いています。
    見つめています。
    そして、届いています。

    私だけでなく、他の人の心にもきっと。

  2. ノイズ | URL | XWELPq6Y

    ありがとう。
    何だか不思議ですね。
    前の私なら、そう言われても信じられたかどうか疑問ですが、今の私には何だか信じられそうな気がします。

    こんな私でも手を差し伸べてくれる人がいる。
    そんな気がしています。
    特に今は。

    私の抱えている悩みは、誰にも解決はできないことではあっても、それでも手をこまねいて心配してくれている人がどこかにいると思えることは幸せなのかなあと思います。

    ありがとう、声をかけてくださって。

    そして、声はかけずとも、静かに見守っていてくださる誰かに感謝します。
    ありがとう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。