スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感受性

2006年06月19日 21:30



03/12/07のツブヤキより


そっか…
貴方もそうなんだ。
わかってたことなんだけどね。


感受性強すぎると、他人の意識が、他人の感情が、そのまま入り込んでくるから。


マルデソノヒトニナッテシマッタカノヨウ


私もそうなのかもしれない。
貴方ほどじゃないけれど、私もそういう傾向はあるのかも。


誰かの書いた物を読むとき、私はそれがまるで自分の体験のように感じる。
幸せは幸せに、痛みは痛みに、涙は涙に、笑顔は笑顔に。


マルデシュタイセイノナイニンゲン


だから私は、己を己として感じられないのか…


ワタシハダレ?


ワタシハニンゲンジャナイ?


ロボットのようだと言われたことがある。
そうかもしれない。
この世界の私はきっとそうなのだ。


私に逢って、それでもそう思うのなら、きっと私は人間じゃないのだ。


カノジョハドウオモッタ?


心ごと抱きしめてくれたよ。


なら心配ない。


ワタシハニンゲンダ


愛する彼と同じ熱い人間。(笑)


安心した。



コメント

  1. 水月 | URL | q.cDd3Yg

    そういえば、私も昔から「感受性が強すぎる」と言われていました。

    だからでしょうか。
    私も同じなのです。
    他の人の感情が流れ込んできて、自分の感情なのかその人の感情なのか分らなくなる。どこまでが自分で、どこからがそうでないのか?
    私の場合は、特に負の感情に反応し易いようですが(苦笑)

    でも、間違いなく貴女も私も人間です。
    紛れもない、人間です。

  2. ノイズちん | URL | -

    私は負だけでなく、全ての感情に反応してしまいます。
    もうそれこそ息苦しいくらい。
    だから吐き出さずにはいられなくなる。

    以前、母親を憎んでいると吐き捨てるように書いていた人の日記を読んで、その怒り憎しみがどっと流れ込んできて正気を失ったことがあります。
    だから吐き出さなければと思って書いてしまっていました。
    書いてはいけなかったのに。

    けれど、吐き出さなければという思いはただの言い訳です。「私」として書くべきじゃなかった。
    別の私で別の場所で、その人が見ない場所で書くべきだった。
    だから、私はもう同じ場所で「全ての私」で書くわけにはいかなくなったのです。

    人間なんでしょうね。たぶんね。
    人間は感情があるから。感情に反応してしまい、感情に飲み込まれるのが人間なんでしょうしね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。