さて

2006年09月27日 21:01

もうちょっと前のことだけど、尊敬する人の書籍を購入した。


詩集だけどね。


以前だったら、その人がネットで公開しているその詩に返詩という形で感想をつけたものだったけれど、これはどうだろう。
返詩をしていいもんなんだろうか。


ここで詩を公開することになるとは思ってはなかったし、詩ブログで書けばいいとは思ったんだけどね。
でもまだわからない。
ここの使い道をまだどうするか考えてないから。


今回、またしても全ての記事を読み返してみて、やっぱ自分でもおもしろいこと書いてるよなーと思った。
まあ、みんながみんなおもしろいと思ってくれるとは思っちゃいないしね。
ただ、ノイズの本音をまだ聞きたいと思ってくれてる人が一人でもいるというなら、これからも頻繁ではないにしても書いていこうかなあと思った。
読み返してみたらさ、削除はしないだの、立ち続けるだの書いてたからなあ。
それ、実行しろよって思ったもん。