スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の目指すもの

2006年10月01日 07:04

明日は明日の風が吹く - 月へのはしご - すべてのことはもう書かれているのか-自分が、自分語りしかできない理由


 私も「人間」が大好きで、その人達の考えを知りたくてしょうがない。だからブログを見てる。サイトを見てる。そして私の考えを伝えたいとも思う。伝わらなくても書いておきたいと思う。彼我の差であったり、共通点であったり、そんな事が分かっていくのも楽しい。だから、書いてきたし、これからも書いていきたいと思う。とことん自分語りでも、そういう人がいて、そういう考えを持っているんだという事が、何処かで伝われば良いなと思いつつ。


こういう考えの人が好きだ。それなのに、どうして私はこの人のように続けていくことができないんだろう。
やっぱり文体なんだろうな。
文体で止められなくなる感情っていうのがあると思うんだけど、そういうのって、人は理解できないのだろうか。
落ち着ける文体、感情的になってしまう文体、気持ちは一つであるのに、表現が違うだけで、その表現が書いている私を変貌させる。
自分では止められないっていうの、それがわかる人が果たしているんだろうか。
いないわけはない。
私はそういう人を知っている。
だからいないわけじゃない。


つつかれてもつつかれてもそれでも自分らしさを失わずに書いていく。


それが今の私の目指すもの。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。