スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複数運営でバランス取ってる

2006年10月11日 07:59

人気ブログ病のリハビリ:気楽に更新できる精神環境作り


へー、名前を変えてって…徳保さんも同じようなことしてたんだ。(笑)
けれど、それはこの人のサイトが人気が高いからってことなんだろうけれどね。
そういうことで言えば、私の本家は人気とか有名とか関係ないし。
炎上しかけたときは確かにそれなりにたくさんの人が物見遊山できたみたいだったけれど、それは人気があったからじゃない。ただイタイ人間を見に来てたってだけだったみたいだしね。
だから、別の名前で書くっていうのは、私にとってはこの人とは同じ理由でってわけじゃない。むしろ逆。


やっぱり読んでもらいたいという気持ちが強いんだろうと思う。


読まれるためにはどうすればいいのかを考えた結果のブログとかサイトも作ったし、またそれとは逆にどうすれば読まれないための場所が作れるかとか、読まれないわけじゃないけれど、コメントされないためにはどういう場所を作ればいいかとか。
ただまあ、この人たちのようなあるふぁとか言われる立場にはなかなかなれない。なってもいいことはないとはたぶん言われるんだろうけれど、物書きとしては、いろいろと経験してみたいという好奇心だけはあったりするからなあ。ただ、そのためには努力だけではどうにもならないところもあるだろうし。今はそういう努力以外の何が大切なことなのかを考えてる時間がないってことで、それ以外での楽しみ方で満足してる。


つーか、やっぱり「密かに名前を変えて別ブログを運営している」とか書かれていると、つい「教えてほしー」と思ってしまうよなあ。誰かが誰かに、そういうことは書かないほうがいいっていうこと言ってたけれどね。けれど、まあそういうもんだとしても、私もだけれど、つい書いちゃうんだよねえ。


それにしても、じっぽさんが書いてたストレスって、徳保さんのストレスとは違うような気がするんだけど。徳保さんは読まれないことのストレスじゃなくて読まれることのストレスなんじゃないの? で、読まれないために別の場所で書くってことしてたんでしょ。ただ、多く読まれることも読まれないこともどちらもストレスになるという点では同じってことなのかもね。
私がまーったく読まれない場所持っててもストレス感じないのも、ココみたいにある程度は読んでくれてる人がいる場所も持ってるからなのかもしれないな。とすれば、複数ブログ・サイトを運営することでバランスが取れるってことにもなるわけだ。けれど、これも複数運営できる人じゃないとダメだけれどねえ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。