スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の魔力

2006年11月01日 10:14

そんなものはないと言われる人もいるかと思うんですけれど。もちろん私はそれを信じているヤツです。


前にこんなこと書いてました。


私は「言葉」というものを一種の魔力のようなものだと思ってます。


たった一言の言葉で、泣いたり感動したりする自分が愛しく思うことがあるんですが、自分の「言葉」で相手が同じように感動して泣いてくれるっていうのすごく嬉しいし、そうなった瞬間が私にとっての至福のひとときだと思うのです。だから、書く行為はやめられない。
けど、私が書く言葉たちは、私が「無」から作り出したものではないんですよね。
つまり、私が今まで見聞きしてきた言葉たちを私なりに変形して脚色して、私のカラーに染め上げた言葉として提供しているわけです。まあ、そこらへんのことは、以前からいろいろなところで書いてきているので、今更なんですが。



斬新なものなんてなかなか今の時代には出てこないんだろうなあ。まあまったく出てこないってことはないんだろうけれど、私はそういう天才とは違うってことは確かだよねえ。まあ、そういう人たちが圧倒的に多いんだろうから、それでクサクサするっていうのも惨めなもんだし。好きなように書いていけばそれなりに後の人が評価してくれるんだろう。って、それを自分の目で見られないのはさびしいけれども。なんていって、自分が後に評価されることを前提に言ってる時点でイタイ奴だよねえ。(笑)


コメント

  1. Lefty | URL | mQop/nM.

    「ただの言葉がなぜ 人の心さえも変える」ということで…

  2. ノイズ | URL | -

    「Words」ですね。


    変わるもんなんですよねえ、そのただの言葉っつーもんで。
    全然ただの言葉じゃないじゃんねえ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。