スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな理由

2006年11月13日 10:42

もっぱらさんの日記が好きな理由。たぶん、もっぱらさんにしてみれば不愉快なことなんでしょうけど(ある人の日記に雰囲気が似てるからってことで)、語りたい私に好きに語らせて。


こんな言葉を前に書いた。


「日記なのか詩なのか小説なのか、よくわからない日記があふれている」という言葉に代表される、独特な雰囲気の日記で、私はその何ともいえない香りの漂う空間に浸りたいがために毎日のように通い、そして、感じることがある時は、そのままとうとうと感想というか、日記に書かれた内容について感じることを聞いてもらっていたのです。


↑の言葉に出てくるその日記、私が勝手にこっちから切り捨ててしまった。その彼は読んだかどうかはわからない。たぶん読んだんじゃないかとは思う。私のサイトは一度もあそこから変わったことはないからね。
彼の本心はわからない。本当は私と切れたいと思ってたのかもしれないし、そうじゃなかったのかもしれないし。ただ、あの頃は相手に迷惑かけたり負担に思われるのを異常に怖がってた私だったんで、ちょっとでも否定されたように感じたらこっちから離れるようにしてた。けれど、しばらくヲチはしてたんだよね。誰に対しても。
話しかけていいのかわからない。話したいけれど嫌われるのはイヤだし。書き込んでやっぱり失敗したことも彼とのことがあったあとにあったし。


だから許してほしい。いつもそう思ってた。けれどそれは虫のいいはなしで。相手の気持ちなんか無視した行動で。
こっちから勝手に切り捨てて相手がどう出るか。それが私が試す行為に走り出した最初だったのかもしれないな。切り捨てても切り捨ててもそれでも「一緒にいたい」と言ってくれる人が本当に私を求めてくれている人なんだってそう思いこんで。


私が叫んでいるのを、声なき声で叫んでいるのを誰が感じ取ってくれるだろうかと。


ほんと馬鹿な女。そんな私に纏わりつく人も馬鹿だよねえ。でも馬鹿な人は好きだよ。誰かさんじゃないけれど、行儀のいいヤツは嫌いだ。(またしても猿真似って言われるかも?)


てか、もっぱらさんの日記が好きな理由、わかってくれるかなあ?
いつものよーに話ズレまくりだけどさ。(爆)


コメント

  1. 水月 | URL | q.cDd3Yg

    ということは、私も馬鹿だと言う事になりますね?(笑)

    もっぱらさんの日記が好きな理由、なんとなく解るような気がします。
    私も、ああいうタイプの日記、好きなんですよ^^

  2. もっぱら | URL | -

    何となく、わかったようなわからないようなですね
    しかし、僕は、読者様は大好きなので、読んでいただけるようなら、全然理由は気にならないですね

  3. ノイズ | URL | -

    自分に興味持ってくれる人には興味を持つっていうのは定説ですよね。(定説っでたっ!)
    でもまあ、私の場合は興味持つ相手がクセやアクが強かったりする人が多いみたいで、なかなか仲が長続きしません。って、また他人のせいにしてるよ、ノイズちゃん。(^^;
    まあ、ようするに私がもっと大人にならなくちゃいけませんわってことなんですけれど。
    今繋がりのある人たちと末永くお付き合いできるように頑張りたいと思ってまーす。
    お二人ともよろしくなのです♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。