スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それはいかんやろってことは

2006年12月01日 10:25

昨日の日記で書いたイヤミ発言。(爆)
まあくどぐととはここでは書かないけれど、5年前にも似たようなこと書いてたよ。ほんと進歩のない女だ。(--;


去る人もあればずっと寄り添ってくれる人もいたりして、私はなんて幸せ者なんだと泣きたくなるほど嬉しい気持ちでいっぱいです。


これと似たようなこと書いてたし。
それにしても自嘲しちゃうのがこの言葉。


最初はね、自分のしたことや言ったこと、日記や掲示板で書いたことで「傷つきました」だの「書き込みにくかった」だの言われたら、すごく申し訳なくて、書き込みをするのを止めたり、もういろいろ書いたりするのはやめようかと思ったり、掲示板を分けたりとしたもんです。(前にも書いたと思うけど)
でも、最近では、どんなに配慮して気を遣って書こうが、必ず誰かが傷ついてしまうことは避けようがないということに気付きました。
つまり、自分の考えは自分の考えとして正直に提示すればいい、無理に捻じ曲げることはしないほうがいい、それで離れてしまう人ならば、どんなに互いに思いやっていってもいずれは仲たがいしてしまうんだということです。


来るものは拒まず、去るものは追わず───


その精神で、静かに人の流れを見つめていきましょう。そう思えるようになりました。これは、いろいろネット上で経験した人間関係が私に教えてくれた教訓だと思っています。
やはり、いいことばかりでは人間成長しませんわ。悪いことがあるからこそ、知恵もつくし思いやりも生まれてくる───そう思って日々精進していきましょう、ね、皆さん。



こう書いてた通りになるまで5年かかりましたわ。しかもまだちょいイヤミカキコの片鱗が残ってたりするってことですわ。(--;




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。