スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マズローがマズイローに見えたし

2006年12月07日 14:40

奥様、鼻毛が出ておりますことよ - 欲求段階間の衝突


うわあ…これすごいなあ。例の転載問題のことで語られてることではあるんだけど、私にとってはたった一つだけ大いに頷いてるところがあった。あ、もちろん、それだけじゃなく、いちいち頷いてたわけだけど。(笑)


ある行動をする時、そこには何かしらの欲求の充足を目的としているものだと思います。
ブログに文章を書くと言う事は、私にとっては自己表現の手段だと思っています。
つまり、自己実現の欲求の充足の為にやっていると思っています。
その前段階までの欲求は普段生活している上でかなり充足していると感じているため、ブログにおいてそれを求めようという欲求が起こらないのかもしれません。
気分的にブログに文章を書こうと思えない時は、たいていは前段階までの欲求が満たされていない時だったりするような気がしています。



これ、小説の場合がそうだったな。そう、何度も言うてるけれど、私は現実で満たされないものを小説に昇華してた。行きたい宇宙に出るとか、好きな人と両想いになるとか、金持ちになる、何でもできる人間になる、とかとか。そういった最低限の欲求を満たすために書いてたわけで。だから、現実で満足してしまうと何も書けなくなることはわかりきったことだった。あと、痛いことや辛いことや悲しいこと、怒り、喜びも極度に感じると、それを小説で表現したくなるヤツで。だから、私から感受性を取ってしまったら、何も書かないただ日々を生きるだけの人となってただろうしね。時々、そういう生きるだけの人になったほうがいいのかもしれないよなあと思うこともあるけれど、こればっかりは「なくしてほしい」と思ってもなくせないものだしなあ。今は、何とかGみたいに「それを楽しむ」ってことができないだろうかと画策中。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。