スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔はおもしろいと言われた女、そして今は?

2006年12月07日 21:36

空中キャンプ - ほんとうにおもしろい人とは


自分の話が受け入れられているかどうかを見きわめて、ふざけても大丈夫な相手を選んで、その人の前でだけ、おもしろいことをいう。それ以外の相手の前では、ふざけない。ちゃんとしたおとなであれば、そういうずるさを持っているのだ。そしてわたしは、ずるいおとながきらいではない。つまりおもしろい人とは、一緒におもしろがってくれる人と同じ土俵でしか、相撲を取らないように心がけている人なのではないか。



わーそういう人に私もなりたいー。それが私の目指す人間像だけど……今はどうかな。だいぶそうなれたかな。
でもさ、思ったんだけどさ、昔の私は確かに全開でおもしろおかしいことを書いてた。それは自分が楽しかったから。一番楽しませたいと思ってたのが自分自身だったから。だから、「ちょっとそれは…」と思うようなことを書いてても昔書いてたもののほうがおもしろかったよーな気がする。なんつかー、正義感丸出しだったり、粗悪的だったり、そういったびっくり箱みたいな何が出てくるかわからないような、そんな感じで。突っ込みどころは満載で、バカ丸出しで、でもいい子ちゃん的なものも書いたりして。バカって言ってくる人もいたけれど、頭いいって言ってくる人もいたり。まあ、だから、勘違いしちゃって突っ走っちゃってたところはあったけれどさ。


でもまあ、あれか。まだ誰にも相手にされないところまではきてないし。てか、相手にされなくなったって、私は書き続けるつもりだし。最悪誰もいなくなったとしても、まーくんだけはずっと傍にいてくれると思うし。それだけで私は満足しなくちゃね。うん。特別にリクエストの黒毛和牛、頑張って練習するよ。今度は女の歌でよかったー。(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。