スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人じゃなくまず自分をどうにかすること

2006年12月31日 10:00

ネットの意見相互調整機能に個人は抵抗できるのか ARTIFACT ―人工事実―


少数に限らず、なかなか自分は「こう思う」っていうのは書きにくいと思うなあ。
たとえば、N氏関連のことで、例の事件(って言うのもなんだけど)以降は、やふとぴには彼女に肯定的な人は書き込みしにくくなってると思う。たまーに覗きに行くけれど、「これはひどい」タグみたいな書き込みのオンパレードだし。まあ、それ言ったら、あの事件以前は信者と言われてもしかたないような書き込みばかりのオンパレードで、私が腐女子発言をした時に「そんなの書くな」っぽいこと言われたりしたこともあるしねえ。確かに、立ち上げ人はあの作品につい語りましょうということで立ち上げたんでしょうけれど、タイトルが○○の本というものだったから、彼女の書いたものなら何でも話題にしてもいいと思うもの。で、絡みたい話題に絡んで、絡みたくない話題はスルーするってことできないことじゃないものね。
でも、今のあの場所は、たとえば前のような「よかったよねー」という書き込みしたとしたら、たぶん、アンチの人たちはこぞって「どこが?」「説明してみろ」とか言い出すような空気がムンムンしてるもんなあ。で、スルーしたら「無視かよ」みたいなこと言われたりして。まあ、書き込みしてみない限りはどうなるかはわからないけれど。でも、やっぱ、なかなか書き込めないと思うよ。ふつーの人としては。


でも、やっぱり自分が「いい」と思ったものについては、素直に「いい」と感想書きたいしね。それもあって、自分の場所には好きなように書く。んで、もし、それで何か言ってくるような人がいたら、気にしないっていうことしかできないと思う。他人に「やめて」とお願いはできても、それを守ってもらえるかどうかは他人は他人であって自分じゃないんだから、それはもう自分の気持ちをどうにかするしかないと今の私は思うもの。自分が何とかしなくちゃね。って、そういうこと。で、萎縮しないで何でも書いていくことが、一番大切なのかなあって。だから、本家では書けなくなったけれど、何とか好きなこと感じたこと嫌いなこといろんなことをココで書くようになっていったんだもの。


 逆の意見を書いた時に起きやすいサイバーカスケードやブログ炎上といった現象は、ブログのコメント欄で否定的な意見がたくさん書き込まれたぐらいでいちいち気にしなければいいと思っているが、一度それを経験した人は、次にそういったことが起きるかも知れないと思って、発言を自粛したり、萎縮したりしてまうかもしれない。
 現状、ブログの炎上は、システム的な対処(登録ユーザーのみコメントできるなど)が未発達なために起きやすくなっている面が強く、ブログサービス側のシステムの発展を望むのだが、あまり対処されてない感がある。



私も当時、N氏関連で炎上しかけたせいで自粛・萎縮したクチだけど、けれどやっぱ、他人任せじゃなく、私は自分の気持ちを強くすることが一番大事だと思うようになっていった。今は叩かれても大丈夫かなあと思ってる。現に何度かあれからも叩かれたことあるしねえ。で、スルーできるようになったし。ただ、本家はやっぱリアルに繋がってるってこともあって、あそこではきちんとした意見は述べれない。ほんと、ネットでは匿名っていうのが大事なんだなあと思う。

はてブのコメントに反応。(笑)


文中の「フツーの人としては」というところだけ、かなり疑問。



何が疑問なのかわからないけれど、勝手に説明してみるノイズちん。(笑)
つまりですね、ふつーの神経持ってる人ってこと。スルー力もなくて、言葉攻撃にも慣れてないごく一般的な読者ってことですわ。
どんなことを言われようが何も動じない感じないスルー力バツグンなんていう人は、そうね、私にとっては普通の人じゃないと思うんだよね。だってさー、そういう人はそんなに多くないじゃん。たぶん。(爆)これも私の勝手な思い込みかもしれないけれど。でも、たいていの人は打たれ強いわけじゃないと思うけど?
そいうことで、そういった打たれ弱い人たちを「ふつーの人」と書いたわけ。おけ?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。