スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線引きしないことを選んだ

2007年01月03日 11:00

オオカミの遠吠え通信 「秘密基地」を考える。


私も昔は限定日記を書いていた。ごく数人にだけメールで日記を配信という、ちょっと特殊なやつ。メルマガだと誰が登録したかわからないので、誰が読んでいるか把握したくてそういうことにしたんだけど。
今だって限定された人しか読めない某所の日記があるけれど。けれど、その某所は確か誰にもプロフィールURLを教えなかったはず。二、三人は私を見つけて友達リストに入れてくれと言ってきたり、自分は某所で書いてるんだけどあなたも書かないかと言われて「実は私も書いてる」と教えた人もいるんだけど、基本的に、誰かに限定してURLを教えるということは今はしていない。新しく増え続けるブログにしても、誰にも教えるつもりはない。ただ、たまにヒントをココにでも残して、それに気付いた人だけがその場所に辿り着くってことはあるとは思うけれど。そういうお遊びに付き合う気のある人だけがそこに読みにきてくれればいいかなあと今は思っている。それに、限定にしているわけじゃないんで、検索他で辿り着いてきた人が読者としてついてくれてるみたいだしね。


秘密基地。このノイズの場所も間違いなく秘密基地ではあるんだけど。今では別に秘密基地というものでもないかもね。知ってる人は知ってるわけだし。(笑)
ただ、ココの場所も最初に何人かには本家繋がりの人に教えた場所でもあるんで、そういう意味での秘密基地ではあるんだけど。
でも、これからは、誰にも教えていない場所、公に開かれててパスワードはしていないにも関わらず、検索でさえもたどりつけない「その場所」だけが私の秘密基地かもしれないなあって。ほんと、その場所は検索かけてみても表示されなかったものねえ。アク解見てみても、見事に一人もきていない状態が一年半続いてるわけだし。これはすごいことだわと思った。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。