スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私もわからない

2007年01月08日 11:06

深海魚のカタルシス - 「自分を好きだ」という状態がよく分からない(リンク切れ)


自分が社会生活で最も辛いのが、周囲の人間から「路傍の石」もしくは「腫れ物」としてしか扱われる事が無いことなのですが、それだって別に自分が悪いとは思ってないし、もちろん周囲の人が悪いのだとも思ってません。これはもうそういう現実があるだけだと受け止めております。辛くてド鬱になることはあっても、自己嫌悪にはなりませんし。



「辛くてド鬱」と「自己嫌悪」は私にとってイコールだから、それを切り離せる性格が私には理解ができない。まあ、逆に切り離せない人の気持ちも切り離せる人からは理解できないんだろうけれど。ただ、自己嫌悪に陥るか陥らないかで考えると、自己嫌悪に陥るっていうのは始末おえないと思う。自分だけでなく、周囲にもいい影響与えないから。


自分のいいところは自分が分かっている(つもり)なので、今のダメな自分も好きですけど、それって目標を持っていないとか努力してないから「自分を大切にしてない」ってことになるんでしょうか。



ダメなところも好きであるのは大切なことなんだけど、もし、それをなくしたいと思ってる人は、努力してなくさないといけないよね。つまり、これを書いた人は別になくしたいとは思ってないってことだと思うんだけど違うかな。努力してなくさないといけないと思ってる人が「自分を大切にしてない」って思うんじゃないかと私は思ってるから。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。