スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの頃ネットやってなくてホントよかった

2007年01月11日 21:09

深く考えないで捨てるように書く - 他人の本音を読むことは結構しんどい


なんつーか、私って、息子が幼児の頃にネットなんてやってたら、まさにすごいことを書いてたかもしれないよねえ。あの頃は、手書きの日記とか、あと小説で発散という手もあったから、ソッチではすんごいことも書いてたし。おかげさんでその小説は賞ももらっちゃいましたけどね。日記は今の所は誰かに読まれてるわけじゃないんで、誰かを不快にさせることはないし、しかも、リアルタイムじゃなく、すでに過ぎてしまった過去のことということで、たとえ今誰かに読まれたとしても「大変だったんだねえ」ですむんでしょーけど。


それにしても、こういう記事を読むと、やっぱこうやってネットで何か書く場合、本音を書くなと言われてるよーな感じだよね。まあ、本音を書くなとまでは言ってないんだろうけれど、でも、不快にさせないようにもっと考えて書けって、妙な圧力っぽいとか押し付けみたいなもんを感じちゃうんですけど。
まあ、この人にはそれは苦手ってことであって、近寄らないようにしてるってことを言いたいだけなんでしょうしね。で、間違いなく、この人は私の書くようなものは×なんだろうなあ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。