スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしいことねえ

2007年01月16日 08:01

他人の書いたものに言及して何かを書いてネットで公開することを「無防備」で「恐ろしいこと」と言い、自分には真似できないことだと、そう言っていた人がいたけれど。自分にこれ以上関わるのなら、ココや本家をどこかに晒して攻撃するとも言ってたしね。その人は、作家になろうとしている人間が、自分に価値を認めて良いものだと思っている人間がすることじゃないとまで言い切っていた。


今まで、私がやってきた数々の愚かなことに対して、非難してきたり諌めたりする人は確かにいたし、その時は恥ずかしくなって反省したりもしたけれど、ネットでプロフィール明らかにして何かを書くことについて、そこまで忌み嫌い愚かなことだと公言する人に直接に出会ったのは初めてだった。もちろん、直接と言ってもリアルでではなく、ネット上で一対一で話したということなんだけど。


その人が送ってきたメールは矛盾だらけだった。この私でもそれがわかったくらいだから、今はてなでも話題の無断リンク禁止を声高に言い立てている人と同じ精神構造をしている人なんだろうと思う。だいたい、「他人の書いたものに言及してる作家なんていない」ということ自体、何たわけたこと言ってんだよって感じだったしねえ。


過激なことを書いてなくても、私みたいにあたりまえのことしか書いてないとしても、それでもそうやって「あんたなんかにリンクはられて言及なんかされたくないわよっ!」と怒るヤツもいるんだよね。だから、私は本家ではなくココで書くようにしたわけなんだけど。結局ココも、信じてた人がそんなヘンな思考の持ち主だったせいで、匿名の場所ではなくなってしまった。だから、私はココ以外にも完全に匿名の場所を持たなくてはならなくなったわけだ。


けれど、普通に自分の思ってることを普通に書いていく分には、誰の書いたものを取り上げて書いたとしても、実際のプロフを公開していてもそんなに怖いことじゃないと思う。でも、とんでもなく地雷を踏んでしまう場合がある。私に本性を隠して付き合い、最後に腹いせにぶちまけて去っていったようなそんな人の地雷を踏んでしまう、みたいな感じでね。ほんとしばらく他人を信用できなくなったもんだったよなあ。


動物をかわいがる人には悪い人はいないという神話は崩れた瞬間でもあったな。彼女に好意を抱いたのも、動物をかわいがっていたからだったんでもあるんだけどね。人間ってほんと複雑なんだなあと、身に染みた経験だった。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。