スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は世界で一番幸せなヤツ

2007年01月20日 23:00

nonoyumeのぽよぽよな日々 - 性犯罪について思うことなどのコメント欄


「御直披」という本の中に「自分は世界一不幸だと思い切り泣けばいい、思い切り悲しめばいい。幸せでないことを思い切り噛み締めればいい。そこから幸せというものも逆に見えてくるのではないでしょうか」という一節があります。



これ、性被害だけじゃない、他のことでも言えないかな。言わないかな。でも強引に言っちゃおう。(爆)
何かいろいろとつらいことが起きたとき、私は自分は世界で一番不幸なんだと嘆いたものだった。それがよかったんだろうね。きっとね。だから、私は世界で一番幸せなんだと実感できるようになったから。
コメント欄で他の人が「人の傷や不幸は、他人との比較でその重さが量られるものでしょうか?」と書いていたけれど、私もそう思う。比べてほしくなんかない。他人にとっては大したことないものであっても、自分にとってはとてもつらいことなんだから。他の人よりもつらさへのハードルが低すぎるんだよね。それはもう私が私である証明みたいなもんだから。けれど、それだけつらさや痛みのハードルが低いということは、それとは逆の感動や幸せへのハードルも低いってことだ。ほんのちょっとのことで感動し幸せを感じるってことで。


だから、私は世界で一番幸せな人間。自信を持って言える。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。