だから

2007年01月30日 10:10

断片部 - y0mu-trx - いいコース悪いコース


本当にその人と議論がしたい、あるいは、その人が振りまいているミームが自分にとって有害な気がするので考えを変えて欲しい、と思ったとき、話が噛み合わず「あーこの人こういうコースなんだ」と思ったら、自分のフォームが崩れてもそのコースに向けてバットを振るのが誠意というものなのかも知れない。



昔の私は「バットふらないでよ。スルーしてよ」と思ったものだったけれど、それは違うなと今は思ってる。だから「言いたことは言えばいい」となったわけで。ただし、言いたいこと言ったからって相手は自分とは違うんだからスルーされることもあるし噛み付かれるときもある。それを忘れずに言いたい事は言いましょうってことなんだろうなあって。
まあ、それでもスルーするときゃするのもしなくちゃねという思いもあったりするんで。これはもう臨機応変にやってくしかないよね。