スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千住明の言葉

2007年02月13日 11:59

「作曲という仕事は、人の感情に忍び込む危険なものです。聴く人を悲しませたり、泣かせたりするばかりか、ときには残酷なものさえ提示してしまいます。音楽家は何をしているのかをよく考えなければなりません」


コメント

  1. ぺんぺん | URL | -

    はじめまして
    表現する側からすれば、なんらか人の感情に訴えたくてしょうがないのでしょう。優しい言葉ばかり吐いていればいいのに、人を傷つけたくて仕方がなることがあります。相手を悲しませたくなることがあります。日常的に言葉を綴るというのは非常に身勝手な行為なのかも知れない、、、なんてことを考えてしまいました。

  2. ノイズ | URL | -

    お返事遅くなってすみませんでした。
    やぷろぐのほうもコメントありがとうです。
    はてな時代のあなたのファンの一人でした。
    いずれ精神的余裕ができたら過去ログ読破しようと思ってたのですが、削除されちゃったんでショック受けましたよ。
    書き続けてほしいと言ってくださってありがとうございました。
    これからは本音は本家できっちり書いていこうと思います。
    これからもよろしくなのです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。