スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一途さがいいのよねえ

2007年04月21日 09:40

ヘボメガネ一進一退 - 恋愛の視点


恋愛に一直線に向かうことがごく自然な人たちが居ます。即ち、彼(女)らは恋愛の経験が豊富で、彼女や彼氏が居て当然のように思える人たちです。好きな人が出来たら、或いは気になる人が出来たら、その人は自らの心の動きに素直な反応を示せば良い。そういった人たちが恋愛に向かっている様は傍から見ても何ら問題は無いどころか、恋愛という素晴らしい物事へ一生懸命になっている人という好ましい捉えられ方を第三者からもされることでしょう。



えーと。私も好きな人、気になる人ができたら素直に好き好きビームを送ってしまう人なんですけれど、恋愛なんてしたことないですよ。まあ旦那とは恋愛してますけれど、これも私から恋愛に突っ込んでいったわけじゃなく、他人にビーム飛ばしてたら引っかかったというクチでして。(爆)
だから、私から好きになった人とは一度も恋愛したことないよなあ。でもまあ、一度でも恋愛経験があるってことで、まだ幸せなんだろうけどね。
たぶん、非モテとか言われる人たちも、誰か一人にターゲット絞って一生懸命アプローチしてたら、それを見た誰かが好感や好意を持ってくれることもあると思う。そのタイミングを逃さずに、向かってた人を諦め、自分を見ててくれた人とうまくいくってこともあると思う。私の場合がそういう感じで掴んだ幸せではある。私もまさにそういうシチュエーションで旦那という相手をゲットしたわけだし。
私の知り合いにも、たった一人の女にしか興味示さずに、彼女だけに言葉をかけ続けた人がいたけれど、その彼もちゃんと誰かが好意を抱いたってこともあったからなあ。一途に一生懸命誰かにアプローチしてれば、きっと他の誰かがちゃんと見ててくれるってことあると思うよ。そりゃみんながみんなそうなるっていう保証はもちろんないんだけどね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。