スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言いたいことが言えない

2007年04月23日 08:33

ノイズの前身のぐれあむぺんぎんは本家では言えないことを書くために作ったブログだった。でもあそこもずっと続いてたとしたら、結局は言いたいことも言えなくなったんだろうなあと思った。某所だって、限定にしていても言いたいことが言えないわけで。それはもうリアル友がいるからってことではあるんだけど。


書き続けていれば読まれることは確かだと思う。ただ、多くの人に読まれるってことは書き続けていたとしても無理な人は無理だろうね。多くに読まれるためには何かか必要になるんだろうけれど、それはほしくて手に入るものじゃないし。で、私にはそういう才能はないと今までいろんな場所で書いてきて思い知った。というか、私はたくさんの人に読んでもらいたいと思ってるのか、少数だけでいいから密に接してほしいと思っているのか、そこらへんのきちんとした気持ちが確立していないんだもんなあ。だから、安定したものを書き続けることができない。


やっぱり誰かに絡んで語るっていうのはよくないのかも。けれどモチベーションが保てないし。とすればやっぱ書かないほうがいいかもしれないとか。だんだんワケがわからなくなってきたよなあ。つーか、話飛ぶけれど、最近、よくライコス時代のあの雰囲気がひどく懐かしいと思うことがある。戻りたいよなあって。あの頃に戻りたいなあって、気がつくとそんなことを思ってたりする。でも、これも、楽しさの絶頂のときにライコスが崩壊したからなのかもしれない。ずっと続くことが果たしていいことかどうか疑問だよなあ。だから、ずっと書き続けることもいいことかどうかはわからないけれど。でも、それだからこそ、ずっと変わらず書き続けることは大事なのかもしれないと思ってみたり。


ライコス時代から続いている繋がりもあるけれど、ライコス時代に親しくしてた人でもう二度と逢えなくなった人もいる。彼女たちは今頃どうしてるだろう。ずっと関係が続いてくと思ってた人もいた。自然と離れていってしまった人とか。また帰ってくるよと言って帰ってくる前にライコスが消滅してしまって、連絡の取りようのない人もいた。彼女には本家のサイトを教えてなかったから、それもあってあのハンドルではてなID取ったわけだけど、もう忘れてるかもしれないよね。彼女の書く世界が好きだったなあ。とある歌手と同じ名前だった彼女。今はどこでどうしているやら。懐かしいなあ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。