スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の自分に送る曲

2007年04月30日 08:46

Gの「君が追いかけた夢」


…の7シリーズ。(笑)
オリジナルも好きだけど、これもやっぱりこっちのほうがすごく好き。


今朝は、どりこむで書いてる日記を読み返してた。
ほんと、死のうとする気持ちがある人は生きていく根性はあると思う。
だから、私もそうだ。死にたい死にたいとあの頃は日記に書き続けてた。ある人を憎み過ぎて。殺してしまう前に自分のほうが…って。その憎しみは今でも持ち続けているけれど、それでも、状況は変わる。それだけで憎しみを持っていても殺さずに生きていくことはできるんだなあと、今はそう思ってる。
あの頃は、Gの歌も私の心の支えにはならなかった。旦那も息子もそうだった。友達でさえも。悲しいことだけど、そういう誰も私の支えにならないことってある。そんなときは、ただひたすら時が過ぎるのをじっと待ち続けるしかない。もちろん、私の時の場合は別の意味で何も考えずに動かなくちゃならない時期でもあったんだけど。そうだね。誰かさんも言ってたように、考え過ぎて動けないタイプな私だから、Gが言っているように「とにかく動き出せ」が私にとっては一番の進歩。けれど、その一歩は自分自身でその気にならないとダメなんだ。心の支えとはちょっと違うけれど、けれど、Gや友達や家族に誇れる自分になりたいというその想いから、震えながら泣きながら動いた。その行動は誰にとっても大したことじゃない。けれど、私にとってはものすごく勇気のいることだった。世界中の誰もがわからなくても、私だけの大変さであったとしても。


そして今がある。


泣きたいくらいつらいことがあったとしても
それでも歌ってくれる人がいる
私のために歌ってくれる人が
確かにその人は私だけのために歌っているわけじゃない
私が「私のために歌ってくれてるんだ」と
幻想からそう思い込んでるだけだ
けれど
その思い込みは人を動かす
悪いほうにじゃなく
生きようって
勇気を持って一歩を踏み出そうって
そう思えるのだから


支えるだけじゃなく
私は背中を押してくれる存在も必要
それがGなんだ
それがあなたなんだよ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。