スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想的な声の持ち主

2007年04月30日 10:11

Gの「papa lapped a pap lopped」


オリジナルよりこの曲は7バージョンのほうを聴いたのが最初だった…と思ったけれど、もしかしたら違うかもしれない。


オリジナルのほうもいいんだけどね。BGM的にはオリジナルほーがノレるし。ただ、7シリーズのアレンジっていうのは、本人も言ってるように歌い方を変えた最初のアルバムだってこと。今までの作り上げた歌い方ではなく、より地の声で歌ったというもので。だから、曲によっては、かなりしつこい歌い方になってる。けれど、そういうしつこい声が、こう私のどこかを刺激するというか、欲情させるというか(笑)、ほんと声は私にとって影響力がある。今まで生きてきて、確かに何人か声優さんとか外国の俳優さんとかで、あの人とかあの人とか(笑)声で惚れた人はいるけれど、私にとっての完璧な男の声がGの声なんだよねえ。この人以上の声はいないってくらいに。こういう声を死ぬまで聴き続けていたいって思うくらいに。で、Gがアーティストでほんっとよかったと思う。恋人でも伴侶でも家族でもない人が理想の声の持ち主だったとしても、こんなふうに好きなだけ聴いていられるものねえ。そりゃあ現実にそばにいてくれて、いつも耳元で聴かせてもらえたら、もうそれだけで至福なんだろうけれど。どこかにはGの声に似てる人はきっといるんだろうけれどねえ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。