スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ノイズのGなツブヤキ」(爆)

2007年05月04日 09:15

…と、いうブログ名に改名しようかしらん。(^^;


ライコス時代にも旦那に言われたんだよね。ライコス日記がGのことばかり書いてるってことで、ファン日記に改名したらみたいなイヤミ言われたのよさ。(ぁ


Gの「Mizerable」


オリジナルのほーは初めて聴いたときにいいとは思えなかった。けれど、昔からの彼のファンにとっては復帰後初めての曲だからということでファンにとってもGにとっても特別な歌らしくて。でも私には全然感情移入ができなくて、ちょっと凹んだものだった。
確かに彼の声で歌われるのならば、私にとっては彼の声であるならば、それがたとえ「ちーちーぱっぱっちーぱっぱっ」であったとしても好きになれるんだけど。(爆)
まあこれもある意味すごくバカにした話ではあるんだけどね。歌への才能やなんやらを認めてっていうわけじゃないんだもの。でも、それのどこが悪いって私は思う。声は才能でどうにかなるもんじゃないから、それを褒められたとしても本人にとっては嬉しくもなんともないんだろうし。けれど、思ったんだ。どうやら彼は自分の声は嫌いだったらしいんで(今はそうじゃないみたいだけど)、でもさ、自分が嫌いだとしても、それを好きだと思う人だっているんだよってことは忘れてほしくないよなあなんて思ったんだよね。だから、そういうことはアッチで私は公言したものだったし。まあ、彼が見てるかどうかはわかんなかったけれど。でも、メールではそういうことは書いて送ったと思う。覚えてくれてるかどうかはわからないけれど。つーか、それで思い出した。(^^;
全部消えちゃったみたいだね。その中には私の送ったメールも入ってたんだろうね。てか、ちゃんとバックアップしなさいよ。ったく。ヘンなところで抜けてるんだから。ちゃんとバックアップしてれば消えちゃうことなんてないと思うのに。(と、届くはずもないGへの罵倒をここに書いておくノイズちん)


それにしてもSEVENTH NIGHTを境にして彼の歌声は明らかに変わっていった。私が一番好きな声へと。だから、SEVENTH NIGHT以降の彼の歌はすべて好きなんだよね。若い頃の彼の声はそれはそれで好きなタイプではあつたけれど、それ以上に今のしつこくてまったりとした声は魂レベルで私が求める声だから。これ以上好きになれる声は今のところない。


どうやら認めざるを得ないかもしれない。Gのことで語り倒すということは、やっぱり何かから逃げたいと思ってるってことで。当分、ここもGブログと化すと思うよ。


【2009/5/19追記】グラディエイターバージョンの「Mizerable」を聴いたんだけど、今の歌い方と発売当時の歌い方では、やっぱり断然今のほうが私にとってはいい。だから、今の歌い方の「Mizerable」がどうしても手に入れたいと思ってしまった。それがグラディエーターバージョンを一般発売してほしいという理由。けれど、それは難しいだろうから、できれば過去に歌ったすべての楽曲を今の歌い方でまた出してくれれば、お金貯めてでも手に入れたいって思う。今の歌い方が一番好きだから。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。