スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうおまえに残す言葉は何もないから

2007年05月13日 08:24

Gの「Metamorphoze」


最後にどの曲をもってこようかと考えた。でも、結局はこの歌だよなあと。同じ歌を上げるのはちょっとなあとは思ったけれど。それに、私にとって彼の歌での好きな歌は甲乙つけがたいから。


本家でも書いたけれど、私がGにのめりこんで、彼の歌や彼の発言やら彼のおもしろ映像だけにしか神経が向いてないときは、精神的に追い詰められているときだっていうのは確かだ。理由は書けない。書けないというか書きたくないんだよね。でも、ほんとに書きたくないと思ってたら、こんなふうに思わせ振りなことも書かないがいいんだろう。それはただ注目されたいだけだって、勘ぐる人は必ず出てくるから。誰かさんみたいに。でも実際にそうだと思うよ。私は心配してもらいたいんだ。こんなに苦しんでるのに、誰もそれに気づいてくれないのがイヤだって思ってるわけだ。すごいワガママだよね。そんなこと書かなければ誰がわかるもんか。私なら誰かが私みたいだったらそう思うもの。こんな女めんどくさい。痛い女だって。だけど、仕事のことですごく苦しんでたとき、私が某所で書いてるものを読んで、つらいだの苦しいだの書いてなくてもピンときてそれを言ってきた坊やもいたし。気づく人は書いてるもので気づくと思う。まあ、私みたいにわかりやすいことを書いてれば、誰だって気づくだろうけれどね。ほかの人はわからないように書いてるだろうと思うから。


いずれいつか書くだろう。いつだったかも書いたように。たぶん一ヵ月後くらいに。それか事態が好転したくらいに。ただ今は私のプライドが許さない、書くことを。でもまあ、Gへのメールには書いちゃったんだけどね。(^^;


ということで、私はもうブログは書かないことにしました。削除はしないと誓ったから削除はしないけれど、じゅげむも更新停止して一年が経とうとしているし、もう言及記事は書かないことに決めた。決めたというか、最近本当に書けない。誰かさんみたいに何かを読んでもなかなか言及して自分語りができなくなってきている。ただまあ脊髄反射的なものが書けないっていうだけであって、エッセイブログはこれからも細々と書いていこうとは思ってる。何人かにはあの私が私であることは伝えてあるし、伝えてない人も気づいてる人はいるかもしれないし。これからも私の書く物を読みたいと思ってくれる人はアッチの私を見ててください。今までのキャラの中で一番私らしい私かもしれないから。あのキャラは。リアルの私の書いてはいけないことまでもあの人の口を借りて書いていく。これからも。




ということで、今まで本当にありがとうございました。そして、一部の方、これからもどうぞよろしくなのです。


といいつつ、まだ未練がましくGの歌を上げる奴。(W


Gの「Road」


私たちの旅はいつまでも続く


Gの「Black Stone」


貴方の大切な仲間が死んで
復帰した貴方が作ったこの歌で
私も泣いた
私は無くした友の呪縛から解き放たれたから
この曲を聴いて号泣した夜を私は忘れない


私の手にも貴方の黒い石あるよ
ほらここに



ほんと余計なことばかり思い出すんだよな。(笑)


もうここは見ないと言っていた「彼女」にこういう意見だけは知っておいてほしいと思うからリンクを残しておく。


void GraphicWizardsLair( void ); -- たまに「作家なのにblogにこんな偏った主張を書くなんて」という真面目なツッコミがあるが。オレは偏っていない作家なんて存在意義が薄いと思う


当時送られてきた「彼女」のメールは、かなり嫌悪感抱かされた内容だったけれど、半ば言っていることは頷けることが書かれてあったし、私自身に対しての罵倒は多少は腹立たしいとは思っても、私も罵倒されてもまあしかたないかという気持ちも無きにしも非ずだったので、それについてはスルーはできる。もっともスルーできずに某所では当時かなり本音は書いたのだけれど。
ただ、こういった公の場所で「彼女」が送ってきたメール内容は晒せないということもあり、悶々とはしていたよ。
たったひとつ、どうしても「それは違う」ということを書いていたから、それを引用して批判したいと思ってたんだけどね。


「彼女」は物書きをかなり神聖視していた。違うとは言わせない。私の読解力がないからと言われるかもしれないけれど。でも、メール内容を晒せないから第三者にはそれを判断してはもらえないわけで。だから、思ったんだけど、メールでなんやかや言ってくる人っていうのは卑怯者だな、と。まだ公の掲示板だのコメント欄、トラバなどで長々と批判してくる人のほうがマシなんだって、そう思った。だって、第三者に判断してもらえないから、メールだと。


また話ズレた。


だから「彼女」が物書きはバカなことを書かないというのを本当に信じているとしたら、それは違うよ、物書きほどバカはいないんだよ、イタイ人間はいないんだよって、たとえ届かない声だとしても、ここに書き残しておきたい。そりゃすべての物書きがそうなんだと断言はしない。思慮深く賢くバカな物言いはしない物書きだっているだろう。けれど、人々に注目されている物書きのほとんどは「こんな人だとは思ってなかった」と言われるような人たちだと私は思っているし、私の知っている物書きはそんな人ばかりだから。それはたぶん私だけじゃなく、多くの人がそう思ってると思うんだけどね。


最後に。本当に私ってやつは無駄なことばかりしてるよなあ。届いたか届かないかわからないものを書くことばかりしているから。それが時々まったくとんでもない人に届いちゃったりすることもあったり。まあ、だからこそコミュニケーションはやめられないといった感じですか。そうはいっても私のコミュ能力はストレートじゃないんだけどね。ほんと難儀な性格だ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。