スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私だけの楽園

2008年01月28日 10:18

記憶の中にある楽園、これから作っていく楽園 ひとりごと-ウェブリブログ


多くの書き込みがあったという時代を私は経験していない。確かにネットデビューしてヤフーの掲示板に書き込みした頃は、毎回じゃないにしろ、誰かがレスをしてくれ、それが楽しくて毎回書き込みした時期はあった。チャットという経験もほとんどしたことがなかったので、そういった掲示板のやり取りだけが私のネットでの唯一の楽しみだったな。それはサイトを始めてからしばらくは続いた。


サイトでは掲示板があったわけだけど、そこへの書き込みもヤフーの掲示板で知り合った人ばかりの書き込みだった。大手のサイトとは違い、ごく数人が書き込みをしてくれただけで、人気のサイトの書き込みのような多くの人の書き込みはなかった。でも楽しかった。みんなけっこう長文を書いてくれて、私もそれに長文で返した。長文ウザイなんて考えたこともなかった。メールにしても一人か二人と濃密なメールを交換してただけで、多くの人からメールがきてたわけじゃなかったし。


だから、何かを書くことをブログに移行してからは、昔のような書き込みやメールがパッタリとなくなったことは、ちょっと戸惑いを感じた。もっとコメントが増えるはずだとは思ってはなかったけど、そんなふうに誰かからの反応がほとんどなくなるとは思ってもみなかったから。
ただ、ジュゲムで書いていたものにはけっこうの反応があって、それも戸惑ったことの一つだったかな。他のブログは反応がなくて、どうしてジュゲムだけは反応があるのかがよくわからなかった。ない頭を絞って考えて、書いているものがちょっと「イタイ」のかもしれないとか思ってみたこともあるけれど、でも、他のブログでもイタイことは満載してたと思うし。まあでも、ジュゲムではとにかく誰かの書いたものを読んでの自分語りをしては、相手側にトラバしまくったものだったから、そのおかげで集客に繋がったのかなとは思っている。他のブログではあまりトラバは送らないようにしてたし。ここでもそうだったしね。


正直、コメントやレスがあるとすごく嬉しい。でも、たくさんの人からほしいとは思っていない。私はワガママで、「この人からほしい」という人からもらえるのが今はいい。それでも昔はそんな考えじゃなかった。新しい人からのコメントだって嬉しいと思ってた。いろんな人と友達になりたいって。けれど、ネットで誰かと交流するようになって8年が過ぎ、多少考えは変わっていき、今では新しい人が書き込みにくると疑惑の目で見てしまう。過去にいろいろな人とトラブルを引き起こしてきた私なので、そういった過去の知り合いの誰かが、様子見で近づいてきたんじゃないかって。その目的が、私とよりを戻したいのか、仲良くなって本音を聞きだしてどこかに晒すつもりなのか、それはわからないけれど、好意的だろうがその逆だろうがどっちにしても私は新しい繋がりはすべてを切り捨てるスタンスで今はやっている。こっちが見つけてきてしばらくヲチして、その人を自分なりに把握してから、それから繋がりを持つというやり方でしか今はできない状態かな。まあ、こういった自分だから、コメントとかつけようという気にはなれないだろうし、仲良くしてみようという気にもなれないんじゃないかなあとは思っているんで、今では寂しいとは思わない。



自分自身で作り上げてきた、これが私なりの楽園。書くためにすべてを犠牲にした。それが楽園を手に入れるための等価交換だった。ただそれだけのことだ。記憶の中の楽園と、自分で手に入れてしまった楽園。そのどちらも私にとっては大切な楽園だ。記憶の中の楽園にはもう二度と戻れないけれど、今は手にした新しい楽園がある。好きに書いていくために、そのためだけに存在する楽園。それを人は「寂しい楽園だ」と評するかもしれない。でも、私はやっと私だけの楽園を手にしたんだと思っている。


-----------------


共感したのでれっつらリンク/2008-01-24 - xoasisblog




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。