スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の長く続けていくコツは

2008年02月14日 10:09

404 Blog Not Found読者という神は自らを助くbloggerを助く - blogを続ける3つのコツ


まずは未来の自分が読みたくなるような記事を書きましょう。



あーこれは確かにそうだなあと思う。私なんかも8年ウェブで日記を書き続けてきているけれど、過去日記を何度も読み返していて、その中でも、読み飛ばすものと、じっくり読み返すものとに分かれるからねえ。じっくり読み返すものには、それこそ自分がそういう気持ちになるようなものが書かれてるから。内容だけでなく、とりあえずまとまった量の文章が書かれてて、自分の気持ちが正直に細かに書かれていることが多いね。


blogで仲間通しのノウハウ交換をやっているうちに、見物人がわらわらとやってくるのです。



うん。まあこれも言えるよね。


だったら何の遠慮がありますか。徹底的に利用しましょう。自分が絡める話題であれば、遠慮せずに絡みましょう。異論があればどしどし述べましょう。そのアルファブロガーが何か悩んでいて、それに対して何かできることがあれば、「どうせそのアルファブロガーの記事の方がアクセス数が多いんだろ」とか言わずに助けてあげましょう。



私もこの人のブログに一度だけトラバ送ったことがあるけれど、やっぱりアクセスには繋がらなかった。確か、あの時だってほとんどアクセスはなかったように思う。なんつーか、他人はあまりトラバなんて見てないんだなと思ったもんだった。いや、この人が、じゃなく、この人のブログを見ている読者が、だったんだけどね。けれど、何度も何度も絡んでいけば、たぶん、それなりにアクセスは上がっていくんだろうなあ。


書いて捨てるのではなく、書いてまた拾う。blogを続けるのであれば、まずは自分から拾いましょう。そういう姿を見て、人もあなたの記事を拾うようになるのです。



私もそういった書き方はしていたな。誰かの書いたもので自分語りをする。そしたら、それを読んだ人がさらにそれについて書く。さらにさらにそれを読んだ私がまたしても記事を書く、といったようなループな書き方。けれど、最近では、そのループはもうどうでもいいかとも思っている。どちらかというと書いて捨てるほうに変わっていっている。それはもうしかたない。好きに書いていきたいだけだから。そういうやり方のほうが、私は長くブログを続けていけるって気づいてしまったのだから。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。