スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラバをやめた理由

2008年02月17日 10:39

トラックバックによる通知は誰のため?


リンクをはってそのリンクを自身が踏むっていうやり方は、私もここの前身であるブログでやっていた。私はリンク先の読者より取り上げた相手に読んでもらえたらいいかなあという気持ちからやってたんで。でも、それよりもっと昔は、相手だけじゃなく、私の書いたもので興味持ってもらえたら、誰にでも読んでもらいたいという気持ちがあったけれど、今はそこまで強い気持ちはないかな。もっとも、昔は今のようにブログじゃないんで、トラバで相手の場所の読者に読んでもらうっていう概念はなく、相手の掲示板に書いた自分の発言を見て「おもしろいこと書く人だな」と思ってもらいたいという気持ちがあって、それで掲示板でも発言にはとにかく自分らしさを出したり、これ書けばウケるかもと思っていろいろ考えて書き込みはしていたな。で、ブログで何か書くようになってからは、他人とはちょっと違うスタイルでやっては、誰かの関心をかうというのを実践していたようだ。


今の私は、ほんと自分の書くものなんて他人にとってはどうでもいいんだなあと気がついちゃったんで、トラバ先の読者に読んでもらうためにトラバするなんて、そんな大それたことはできないと思っている。もちろん、そういう気持ちでトラバをしている人を非難しているつもりはなく、それだけ自信があるからそうしているんだろうし、自信があることはいいことだと思うしね。私みたいに自信がどうしても持てない人にはトラバっていうのはほんと精神衛生上よくないっていうのがわかっちゃったんで、トラバはもう一切しないことに決めた。ノイズが書くものは、何だろう、理解してもらえないだろうけれど、嫌悪感持たれてしまうと逆上してしまうみたいなんだよね、あと、否定されるとダメみたいだ。だから、積極的に読まれようとは今は思わないんで、一応リンクははるけれど、今はこちらから踏むということはしていない。だから、リンクして自分語りしていることも気がついてもらえない人も出てくるだろう。でもそれでいいや。もし読んでもらって、不快感感じて、批判や非難されたとしても、メールフォームやブクマで何かネガティヴなこと書いてくれればいい。それを禁止するつもりはないしね。私もスルーすることで逆上しないようにできるかなと今は思う。


トラバは確かに、相手だけじゃなく、その相手の読者にも読んでもらいたいという気持ちがあるからする行為。それに私も気がついた。やっぱ、私も、まだ見ぬ誰かに興味持ってもらいたいという気持ちがあったようだ。それはそれで悪いことじゃないけれど、今の私にはそれは不必要なことかもしれないと思っている。それではなぜブログで書き続けているのか。それはもうね、更新するのが楽だから。あと、このブログのデザインが自分にとって気持ちよく読み返せるから。これはね、テキストサイトではなかなかできないことだよなあと思って、それもあって、ここのブログは続けることにした。読者についても、読みたい人がいたら勝手に読んでくれればいいかなという気持ち。それにアクセス解析での管理が簡単だしね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。