スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ書きたいだけ

2008年02月18日 10:26

404 Blog Not Found虚像もまた自分


全く「こんなふうに読んでほしい」という気持ちがないわけじゃない。だけど、書いていることで「こんな人なんだ」と思われてしまうのはしかたないことだという気持ちはある。「こんな人なんだ」というのが、自分にとってむかつくことだったとしても、それでもそれが許せないということはない。「読者は自分が読みたいように書かれたものを読む権利」を否定するつもりはないから。けれど、誰かが「こんな人なんだ」と判断したことを、私は内心で評価して、相手を黙って切り捨てたり、黙って絶賛したりするよ。目立っての表明はしないけどね。でも、勝手に私は心の中で誰かの私への判断を優劣つけて見ている。ただ、私の優劣のしかたはたぶん特殊。どれが優でどれが劣であるかはわからないんじゃないかな。それから、私の発言が周囲に影響を及ぼすってことはない。そんなこと今までずっとなかった。ごく一部の人には影響あったらしいけれど。それも今はまったくないと断言できる。影響受けたっていう人がいたなら挙手してもらいたものだ。(笑)


昔ある人に「あなたは奥が深いですね」と言われたけれど、それは違う。私なんかそんなもんじゃない。むしろ浅すぎると思っている。私のすべての場所(ブログやサイトやその他)を見れば、私のすべてを知ることができるよ。まあすべてを知っていれば、だけど。さすがに私のすべての場所を把握している人はいないから。たぶん。浅い人間だからねえ、すべての場所を気づかれているかもしれないよねえ。


だから、私は自分を晒している。そうしないと自分がわからないから。



そんなに自分を知りたいというのだろうか。鏡となる誰かを多くすることは、もしかしたら私は興味がないのかもしれない。私は自分を知りたいから自分を晒しているわけじゃない。ただたんに「書きたい」それだけなんだよね。そこに意味も何もない。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。