スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷ついて醜くなることの勧め

2008年02月26日 10:51

404 Blog Not Found記憶とは、傷である。


私にとって、スタイルというのもまた傷である。人によって、どこが傷で真っ白になり、どこが無傷で、どの傷を誇り、どの傷を恥じるか、それがスタイル。


いずれにせよ、人生が記憶であり、記憶が傷である以上、人生とは傷なのだ。


この記事があなたにつけた傷が、あなたをより豊かにしますように。



ここで言う「傷」って、ネガティヴな意味はまったくないよね。けれど、傷ってつかないようにするじゃないですか。けれど、考えてみたら傷って同じところを何度も傷つけるとそこの肌は堅くなっていくでしょう。だから耐性ができていくってことにも繋がるんですが、でもその傷跡ってすごく醜いんですよね。私も子供の頃にひじを何度も怪我して傷を作ったんですが、そこだけ肌が醜くなってたんです。心もそれと同じで、何度も何度も傷つくと醜くなっていくような気がします。中には、天使のように綺麗なままでいる人もいるんでしょうけれど、そういう人は、生まれてこのかた一度も傷ついたことがない人なんでしょうね。でも、醜いからってそれがダメなんだってわけでもないですし、天使のように綺麗だったとしても、深みはないだろうと私は思いますしね。
傷ついて醜くなった人ほど、人間が深いんじゃないかなあ。だから、傷つきまくって醜くなっても、それを卑下することもないんだろうと思います。そう思うと、傷つくこともそんなに悪いことじゃない気がします。って、そう思えるまでいければいいですよね。まあ、私はとりあえず思えるようになりました。
どうすればそこまでいけるのか、それはもう自分で気づくしかほんと道はないんだと思います。よく、自分で気づけと言われると、その方法を教えろと言う人もいますけれど、気づく方法なんてほんと千差万別だと思うし、自分自身だって、何か方法を見つけたわけじゃないですからねえ。ある時ヒョイッと気がついてたって感じですし。これはもうね、運としか言いようがないと私は思います。私に言えることはそれだけですね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。