スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れたくないんだ

2008年03月02日 10:50

Twitter - kawapon 君を傷つけたそいつのことなんて忘れてしまえばいいんだよ...


君を傷つけたそいつのことなんて忘れてしまえばいいんだよ。君にとって大切な人は他にもたくさんいるでしょう。君を嫌な気持ちにさせるそいつのことで頭がいっぱいなんて馬鹿げているとおもってみたりはしないの?



↑の言葉は別に私に言われた言葉じゃないのだけど、この言葉とすごく似たような言葉を別の人から昔もらったことがあったことを思い出した。
確かにバカげたことなんだけど、好きだからこそ忘れることができないんだよね。頭がその人でいっぱいになってしまうってことは好きだからそうなってしまうわけで。それはもうどうしようもない。大切な人がたった一人だけだったなら、こういった葛藤は起きないと思うんだけどね。
私には確かに何人もの大切な人がいるけれど、その大切な人たちがすべて私を好きなわけじゃない。私が大切だと思っていても相手は私を大嫌いであることもある。そんな自分を嫌ってる人のことなんか忘れればいいなんてことは私だってわかってるんだよ。けれどそれができない。どうしてもできない。だってその人が好きだから。


でも、いつかその「好き」が別の気持ちに変わってしまうこともある。その人に対して何も感じなくなる時が。そこで初めて私はその人を忘れることができる。まあ完全に忘れるってわけじゃなく、確かにその人を好きだった時のことも覚えているのだけど、冷静にその人を見ることができるって時が。それはちょっと悲しいし寂しい。その人をものすごく好きだったのに、その痕跡は心に残っているけれど、もうあの熱い想いは感じられないのだから。それは悲しいよ、ほんとに。だから、本当は忘れたくないんだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。