スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正真正銘な性悪な人間

2008年03月10日 22:19

suVeneのあれ 事実は事実として認識していくしかないという話


それは、「他者に優しく出来ないのも、善意ある行動が出来ないのも、コミュ能力が低いのも、自分が悪からなんだ」と原因を自分に求めてしまう、自己否定的なスパイラルに陥るタイプのことである。いや、ルサンチマン的な行動として、今までの引用のような言動をとる人も含まれる可能性があるが、そうではなく、もっと不可視な人に対する問題である。
だからといって、そういう人たちを「救いたい」というのは語弊があり、そもそも「救うこと」など他者には出来ないのではあるが、その手助け程度でもできればなぁ、と「自分の都合で」そう思う。



だよねえ。私なんかが「それ」だよねえ。いや、ちょっと違うか。つーか、だいぶ違うかも。私の場合は優しくできないわけじゃなく、優しいと見えて実は優しいわけじゃないということ、善意ある行動ができないじゃなく、善意ある行動のようでいて実は善意ある行動じゃないというやつなんだよなあ。私を昔からよくよく見てる人なんなかにはわかると思うけどね。私はそういう正真正銘な性悪な人間ってことだ。
だから、私から言わせればその「他者に優しく出来ないのも、善意ある行動が出来ないのも、コミュ能力が低いのも、自分が悪からなんだ」と自己否定的な人はまだまだ良い性質な人だよなあと。それこそ、きっかけさえあれば救われるんじゃないかな、そういう人はね。私はもうね、誰かに救われたいなんて思ってないから、もういいんだ。書くために取った道がこういう道だったというだけ。ただそれだけなんだ。


それにしても、救う手助けができればいいなあなんて言うスーさんは、本当に優しいね。みんなに好かれるのもよくわかるよ。こんな性悪に好かれても迷惑なだけだろうけれど。(W




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。