スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私にはこれしかない

2008年03月13日 10:33

「好きになった」メモ 平民新聞推薦の弁


「愛」「憎悪」「悲しみ」「喜び」「嫉妬」「倦怠」「希望」「不安」
こんな言葉じゃー ひとの感情は正確に伝えられなくて、それがわれわれ悔しくて
ギターを弾いたり絵を描いたり、写真を200枚撮ったりするのではないか 
花を飾ったり手首を切ったり、新メニューに挑戦したりするのではないだろうか



そうだよね。言葉じゃ伝わりにくいものでもある。感情ってもんは。だから、私の尊敬する吟遊詩人さんもギターで歌ってたわけだし、昔のネットの知り合いでママさんになった素晴らしい絵を描く人もちゃんと感情が絵で表現されてたし、ネット上で写真公開してる人で私の好きな写真を提供してる彼女も、その写真見るだけで彼女の気持ちがわかったような気になったりするわけで。


でも私には表現能力が「文章」しかないわけよ。


私は「愛」も「憎悪」も「悲しみ」も「喜び」も「嫉妬」も「倦怠」も「希望」も「不安」も言葉でしか表現できない。それしか私にはないから。多少作曲もしたし、多少絵も描いたし、多少写真も撮った。でも私はそれでは自分の感情が表現できなかった。だけど、文章では、少なくとも何人かの心を動かすことはできたし、たとえ自分の抱いた感情がそのまま伝わっていなかったとしても、何らかの感情を読み手に感じさせることができたから。だから、私は文章を書くことでしか感情を表現できないんだ。


だから私は書き続ける。文章を。それしか私には表現方法がないから。それだけだけから。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。