スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猪突猛進やってくよ

2008年03月21日 00:13

ブログという名の螺旋階段を何処までも歩き続ける - 明日は明日の風が吹く


私はまだ8年だよなあ。この間サイト設立8周年を迎えて、9年目に突入したわけだけど。ただ、サイトとしては何年か前から本当に一年に一度、小説を更新するくらいで、日記もだいぶ前からブログへと移行してたし。ただ、今は日記はブログで書かずに、別サイトで分けて運営するようになったけれど。


過去のネタを今の私が料理する、同じ私が書くのだから基本は同じになると思うんだが、2年の間に私の中に生まれた変化が微妙に内容に影響しそうな気もする。



ここでもリンクしている日常日記のサイト(2009年現在ではリンクしていない)は、今年からは本当に日常的なことしか書いていないんで、私だけに意味のある日記となっている。去年までの過去ログは、日常的プラス誰かの日記を読んだり、何かを見聞きしたことについて思ったこと感じたことなども書いていたけれど、今ではそういったものはここノイズの場所か、他のブログで内容を分けて書いている。まあ内容で分けているといっても、何か明確なジャンル分けをしているわけじゃなくて、この話題はこの文体で、その話題はその文体でという、自分の中のルールにのっとって書いているんで、他人にとっては「どうしてそうなるのか?」となるだろうと思う。だから、「こういった分け方をしている」とは書かないけれど。
でまあ、引用したことにも関係するんだけど、私は現在、たくさんあるブログの中でも、その過去の日記をネタにして、今の自分が語るといったブログも毎日のように書いている。それは、私がウェブで日記を書く前にノートに書いていた日記をネタにして書いているんだけど。今現在は中学生の時の日記をネタに短く語ってはいる。


昔、本家のサイトで日記を書いていた頃、通常の日記以外に、ネットを始める前にノートにつけていた日記をページ作成して公開していた事があった。でまあ、その日記を公開してた頃、とある日記書きさんが「過去の日記をわざわざ公開する意味がわからない」というようなことをご自分の日記に書いてたことがあるんだよね。それは別に私に対して直接言ってきたものじゃないんだけど、まったくその人とは面識がなかったというわけでもなかった。そりゃ、直接交流があった人じゃないんだけど、その人は私が知り合っていた人とも交流していて、互いにその共通の知り合いのところにコメントを書いていた時期もあったわけ。だから、私もその人のことを知っていてその人の日記もこっそり読んでたし、相手だって、表明してなかっただけで、私の日記も読んでいたんじゃないかと思っている。そんな頃に、そんなふうに私のやってるようなことを日記で否定していたわけだから、私がそういうふうにくりりんしてしまってもしかたないと思うんだけどね。(笑)


でも、意味はないかもしれないとは私も思うけれど、それは、他人にとっては意味がないということで、自分にとってはやっぱり意味のあることなんだよね。私は何よりも自分の日記を読み返すのが好きだから。だから、過去に書いた自分の日記を読み返しては、今の自分が語るっていうの、ほんとやってて楽しい。楽しいから続く。続くとさらに楽しい。それが一番重要なことなんだと思う。意味がないことない。だって楽しいんだもの。その人だって、自分の書いてるものが毒舌だと言いながら書いていたわけで、他人から見れば「毒舌日記なんて書いて意味あるのか?」って言われてしまうことだってないわけじゃないと思う。けれど、その毒舌だって、楽しいから書いていたわけでしょ。たぶん。つまりはそれだって意味のあることだと思うんだよね。他人が意味ないって思ってたとしても。もし、楽しくないのに書き続けていたとしたら、それはどうしてか聞きたいなと思うよ。もしかしたら、楽しくなくても書き続ける何かの意味があるのかもしれないしね。


私は、もう誰が「意味ないことはやめろ」と言ったとしても、自分が楽しかったらこれからも続けていくつもり。誰が読んでなかろうが、誰が読んでいようが、我が道を突き進むだけ。猪突猛進ノイズちんとして。(W




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。