スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートスリーパー

2008年03月22日 11:01

安眠について - 拡散していけど、とりもなおさず - すもつくれん


世の中には「ショートスリーパー」と呼ばれる、睡眠時間が少なくても日常生活を暮せている人たちがいて、その人たちのような生活を送れるために、色々な安眠方法を紹介するという回だった



これを読んでこの間特ダネの小倉さんが言ってたことを思い出した。たまたまチラっと見ただけだったんで覚え違いがあるかもだけど、小倉さんも2時間だかそれくらいの短時間の睡眠で大丈夫な人だということで、非情に珍しいタイプらしいんだそうだ。リンク先でも紹介されている記事にはショートスリーパーがいかに効率のよい睡眠であるかが書かれていたのだけど、小倉さんの話の時にコメンテーターだったか、他のアナウンサーの人だったかが、果たしてそれが本当にいいことなのかどうか、実は身体には悪い影響が出るんじゃないだろうかということを言ってたんだよね。
小倉さんは、寝た瞬間の姿勢で眠ってるらしくて、寝てる間はまったく微動だにしないらしい。はたから見たら、まるで死体のような感じらしい。だから、かなりヘンな格好で肉体的に無理のある姿勢であったとしても、そのままで寝てしまうということ。普通の人の寝方だと、同じ姿勢で寝続けていれば、下になった身体の部分が痛くなってきて、それが不快で寝返りをうったりするわけでしょ。それがないということは、身体は「痛いんだよー」と悲鳴を上げていても、それでも寝返りをうたずに痛い格好で寝てるということだよね。それって身体にとってはよくないんじゃないかなあ、と。ショートスリーパーは脳にはいいんだろうけれど、身体にとっては負担のある寝方なんじゃないだろうか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。