スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰にも私の書く行為は止められない

2008年03月23日 10:12

だるい - うな風呂


気持ちはわからないでもないけれど、正直、なに甘えてんだよとも思う。求めてそれが叶うことなんてそうそうないんだよ。どんなにいいもん書いてたって、今のこのネット世界には、ちょっと前のような優しい人たちがいるわけじゃないってことだ。
私は自分の書いたものが他人にとっていいと思われてるかどうかはわからない。自分ではいいもん書いてると思ってるけれど、それは自分だからそう思うだけで、客観的に見て万人受けするとは思ってないし、だから、多くの人の感想がもらえるなんてことはないと、それはわかってる。
君も自分で自分の文章がいいか悪いかは決めかねているかもしれないけれど、とりあえず、私一人は「いいもん書いてるよなあ」と思ってるよ。ただ、私も昔の私とは違って、どこにでも好き勝手にコメントを残せる人間じゃなくなったということだ。コメントつけられるなら、今でもヤフーの栗本トピに書き込んでるだろうから。


小説については、優先事項があるということに過ぎない。私には時間がないから、どうしても積んでる本を先に読んでしまう。だから、今の私はウェブ上の小説は自分の分以外は今はまったく読んでない。とにかく時間がないんだ、読んでる時間が。しかも、昔のように夜遅くまでネットができない身体になってしまったからねえ。もうね、小説だって、ごく限られた人しか読んでくれないもんだよ。私だって、自分の小説がどんなに読まれてないかわかりすぎるほどわかってるしね。感想だってね、なかなかもらえないもんなんだっていうのも理解したほうがいいよ。バンバンくる感想なんて、ほんと限られた人のところだけだから。しかも、私が見てきた感想の多いネットの小説も、どうしてたくさん感想が集まるのか、どうしても理解はできなかった。どうしてその人には多くて自分にはまったく感想がこないのか、本当にわからない。
だから、私は小説の感想、他の書き物へのコメント、そういうのがなくなっても絶望なんてしなくなった。絶望するヒマなんて自分にはないんだって、そう思うようになったから。


私は好きなように書く。誰も反応してくれなくてもね。この記事だって、トラバ送るわけじゃないし、君だって読んでるかどうかなんてわかんないし。でもそんなこと関係ない。とにかく書きたいから書いた。それだけだ。腹立てるのも、気持ちはわからないではないけれど、書く人っていうのは、そんなこと関係なく書いてしまうもんなんだと私は思うよ。現に私だって、誰も相手してくれない過去には君のように腹立ててたもんだったし。もう、そんな薄情な奴らなんかに見せるもんかって、そう思って非公開にしたり、閉鎖宣言してみたり。でも、結局はこうやってまた書いている。それは反応がほしいからでもなく、ただただただただ書きたい、ただそれだけ。


根本的には。
おれの孤独を癒すためにこそブログなりHPなりは存在するのだが、結局、癒すどころか増すばかりだ。向いてないんだろう。人づきあいに。
だから、放置するのが結局一番いいかな、と。ここ一、二ヶ月思っていた。
おれが遊ぶ分には、他人に見せる必要はない。



孤独を癒す?癒したいの?癒すために書いてたの?孤独が嫌なの?孤独ってそんなに駄目なもんなの?自分の一人遊びを誰かに見てもらいたいって思わないの?まあそうだろうな。そんなのはよっぽどのMだろうしな。そうだよ。私はMだよ。自分が自慰行為してるのを他人に見てもらいたい人間なんだよ。すごい快感なんだよ。見てもらってるのが。どんなにバカみたいなことしてても、どんなにくだらないことしてても、まったく誰も見てなくても、それでも私は一人でぶつぶつ何か呟いているところを全世界に公開している。ここだけじゃないよ?私には多くの場所がある。その中にはまったく誰も覗きにこない場所もある。非公開にしてもいないのに。検索でさえも誰もこない場所。でも、きっと、いつかは誰かが見る場所。でも、そんな時にでも、きっと誰もコメントはしないんだ。いいんだ。それで。見てもらえただけで。なぜって?楽しいからだよ。君は楽しくないの?癒すためだけなの?楽しいから書いてるんじゃなかったの?


私は楽しいから書いてるよ。書くことは楽しいよ。楽しくてしかたないよ。だから誰にも私の書く行為を止めることはできないね。止まる時は、私が死ぬとき。死ぬ時なんだよ。


「他人に見せる必要はない」か。それならもういいよ。見せてくれないんならもういいよ。見せてくれる人のところに行くよ。残念だよ。もう君の書く物が読めないなんて。まあ、私のこの言葉は君には届かないんだろうけれど。短い間だったけれど、私の読みたいと思った文章を読ませてくれて本当にありがとう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。