スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっそりがいいのになあ

2008年03月27日 16:28

開設が相次ぐ「腐女子向けポータル」をのぞいてみた - 明日は明日の風が吹く


アングラでひっそりと、その代わり熱狂的に盛り上がるという楽しみ方は消えるのかな。それとも本当の腐女子はここに現れないんだろうか?



とりあえず私もそういう趣味もないわけじゃないし、そういったジャンルの小説も書いてましたけれど。でもあまり認めたくないなあ。もっとも、認めたくないけれど、そういったことで楽しくやっていきたいという人までも否定はしたくないので、まああれです、スルーです。同じ腐女子でも種類の違うものだと割り切って。
だから、私のような「男と男の恋愛でしか表現できない悲哀とか切なさ」というものを求めているのが本物なんだとは言いません。物語に救いを求めているわけではないということも理解されたいとも思ってないし。
それにまあ、私の場合は「男と男」だけじゃないですからね。「女と女」あるいは「近親間」「種族間」でも萌える節操なしなんで、私なんかは純粋な腐女子とも違うかもしれない。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。